兵庫編(4):姫路城~有馬温泉(05.3)

 本日はまず姫路城へ。信号機故障のために新快速が遅れて難儀しました。これで二度目ですが、華麗なその立ち姿にはあらためて感服つかまつります。ところで、防御に優れているのは白い城と黒い城か? 何となく黒い城の方が逞しく見えますが、実は白い城。白漆喰で塗り固めているので火に強いのですね。島津家に対する家康の警戒と恐怖を肌で感じます。そして未踏の湯、有馬温泉へ。三宮に戻り阪急で六甲駅まで行き、バスに乗って六甲ケーブル山麓駅へ。ケーブルカーに乗り山上駅へ。この駅はアール・デコ調のなかなか洒落た物件です。そしてすぐそばにある天覧台からの眺めは絶景ですね、神戸の町が一望できます。日本三大夜景の一つはここから見るのでしょう。左手には大阪、そして紀伊半島、右手には淡路島、ううむ地図のとおりだ…
c0051620_162079.jpg

 しばし堪能・悶絶してさあロープウェーに乗、乗、乗、なんと運転休止中! 仕方なく20分ほど待ってシャトルバスでロープウェー六甲山頂駅へ。眼下に有馬温泉を睥睨しながら、10分ほどで有馬温泉に到着しました。なかなかいいところですね。山間に開けた温泉場で、情緒のある坂道や古い建物も味わい深いし、ほどほどに活気もあります。さて金の湯か銀の湯に入ろうかなと、ふと時計を見るとタイム・アップ。野暮用の為、大阪に向かわなければ。やれやれ。後ろ髪を引かれながら、神戸電鉄に乗り三宮へ戻りました。関西では、エレベーターは右側に並ぶのですね。どのあたりに境界線があるのでしょう、やはり中央構造線かな。JRに乗り換えて大阪駅へ、そして環状線で西九条まで行き、ゆめ咲線(!)に乗り換えてユニバーサル・シティ駅に到着。この電車がまた顔から火がでるような恥ずかしい幼稚な一物。約束の時間に間に合いました。降りた瞬間に気が滅入りましたね。けばけばしくて薄っぺらくて人工的で陳腐で空虚で安っぽくて無秩序で貧相で鬱陶しくて虚飾に溢れて目障りな街並みとディスプレイ。やれやれ。今夜はユニバーサル・スタジオ・ジャパンの前にあるホテルに宿泊です。うなされそう…
c0051620_16203068.jpg


 本日の二枚は以前に撮影した幼稚な物件。高松で見かけたアンパンマン列車と、ムーミンをキャラクターに使った某大学(!)のポスターです。山ノ神の知合いのアメリカ人は、ディズニーのキャラクターを使った預金通帳を見せて、「アメリカだったら、こんな銀行には誰も預金しないわね」と言ったそうです。むべなるかな。
c0051620_16203889.jpg

by sabasaba13 | 2005-03-24 06:32 | 近畿 | Comments(0)
<< 大阪編(5):大阪市環境事業局... 兵庫編(3):兵庫県立美術館(... >>