伊豆編(2):寝姿山(05.3)

 さてさて寝姿山山頂には、下田出身の下岡蓮杖(れんじょう)写真記念館もあります。長崎の上野彦馬とならび写真術の草分け的存在です。そういえば横浜に、彼の写真店の記念碑がありますね。蓮杖自身に関する展示は貧弱ですが、写真の歴史については充実しています。フェルメールも利用したという「カメラ・オブスクーラ」(暗い部屋のピンホールを通して差し込んでくる光によって、外の景色を投影させる器械、カメラの原型)をはじめて見ることができました。なお山ノ神がはじめて買ってもらったというカメラ「フジペット」の写真が展示されていました。感極まった彼女を見ながら、子ども時代の思い出とカメラって強い結びつきがあるのだなあと思いました。今のカメラ付き携帯電話には、思い出を喚起する力はあるのでしょうか。ないような気がするなあ。
 山頂一帯は花々が咲き乱れ、私の大好きな菜の花が満開です。菜の花越しに見下ろす下田の港はなかなかの絶景でした。また東急の創始者五島慶太の記念碑もあり、「五島慶太は伊豆とともに生きている」と刻まれています。かつて"強盗慶太"と異名をとり、"ピストル堤(堤康次郎)"と箱根の観光開発を競い合った男です(箱根山戦争)。なお堤の渾名は、実弾(現金)をうちまくったところからつけられたそうです。ライバルの息子の醜態をどんな気持ちで見ているのかな。
c0051620_1737569.jpg

 ロープウェーで下山し、時間があるので駅近くの蕎麦屋「藪」で昼食。偶然見かけて立ち寄った店なのですが、大正解。真っ当な味の手打ち蕎麦とサクサクした歯ごたえの穴子やあしたばの天麩羅、腹福腹福。宣伝しちゃいましょう、下田駅から徒歩三分、電話番号は0558-23-5706です。「散歩の変人」の紹介だと言っても、割引はありませぬ。悪しからず。ふと気がつくとそこここの電柱に「津波注意」の看板があります。海沿いの地域は、津波という自然災害と日常的に向き合って暮らしているのだと痛感。
c0051620_1738208.jpg


 本日の一枚は、菜の花越しに見下ろした下田の港です。
c0051620_17384099.jpg

by sabasaba13 | 2005-04-14 06:18 | 中部 | Comments(0)
<< 伊豆編(3):石廊崎(05.3) 伊豆編(1):寝姿山(05.3) >>