養老渓谷編(3):(09.11)

 養老渓谷駅に到着したのが十二時ごろ、ここから大福山・梅ヶ瀬コースというハイキングコース(約9.6km)に向かいましょう。帰りの列車の時刻を駅で確認すると、15:09か16:36。前者に乗れればいいのですが、これを外すと一時間半ほど待つことになります。ま、それもまた人生、無理せずにマイペースで歩くことにしましょう。なお出発の時刻は12:15です。駅の左へと向かうといきなり真っ赤なモミジの並木がお出迎え。これは嬉しい、期待できそうです。踏切を渡って、もらった地図と道案内表示を頼りに住宅地の間をすこし歩くと宝衛橋です(12:22)。
c0051620_6253995.jpg

 そして黒川沼のあたりでも赤く色づいたモミジをいくつか見ることができました。沼は澱んでいるため、水面に映る韓紅が見られないのはちょっと残念でした。
c0051620_6262695.jpg

 そして脇に入って七色の滝を見物。このあたりは車道で車がけっこう行き交います。おいおい風情もへったくれもないじゃないかとぶつくさ言っておりますと、やがてバス停留所、そして大きな駐車場があり、ここから先は車の進入禁止となります(12:50)。ああよかった。
c0051620_6265869.jpg

 オレンジ色に紅葉したモミジのトンネルを抜けしばらく歩くと、本格的な梅ヶ瀬渓谷のハイキングコースとなりました。ほとんどが浅瀬の清流に沿い、時には離れ、時には渡り、千変万化する景色を楽しみながら気持ちよく歩くことができます。モミジの群生はありませんが、赤、オレンジ、黄、いや、とても一言では言い表せない色合いの紅葉を楽しむことができました。水面に映る紅葉、流れ行き澱みに溜まり岩に張り付く散り紅葉の美しさにも目を奪われます。
c0051620_6272576.jpg

 そして分岐点に到着(13:39)。右に折れるともみじ谷を経て復路、まっすぐに進むと日高邸跡、そこで行き止まりなのでまたここまで戻ることになります。もちろん直進、十分ほどで日高邸跡に到着しました(13:48)。

 本日の十枚です。
c0051620_628961.jpg

c0051620_628292.jpg

c0051620_6285436.jpg

c0051620_6292065.jpg

c0051620_6294146.jpg

c0051620_630438.jpg

c0051620_6302725.jpg

c0051620_6305226.jpg

c0051620_6311772.jpg

c0051620_6321655.jpg

by sabasaba13 | 2010-11-16 06:32 | 関東 | Comments(0)
<< 養老渓谷編(4):(09.11) 養老渓谷編(2):(09.11) >>