飯田線編(2):新城(12.4)

 駅前には「530(ゴミゼロ)運動発祥のまち」という記念碑、そして駅ビルには「祝 鈴木明子さん フィギュア世界選手権 銅メダル」という大きな垂れ幕。彼女は豊橋の出身だったんだ。
c0051620_7245726.jpg

 駅構内のポスターには豊橋のマスコット「トヨッキー」が描かれていました。豊橋の豊(トヨ)に「鬼まつり」の鬼(キ)を合せてトヨッキー、ハイテク関連産業が多いのでロボット仕立てになっているそうです。その下に「ええじゃないか豊橋」と記されていたので、観光案内所で伺ってみると、ここ豊橋は幕末の民衆運動「ええじゃないか」発祥のだとのこと。そのきっかけとなった伊勢神宮の御札がはじめて降ったのが、バスで二十分ほど行ったところにある牟呂村だったそうです。
c0051620_7251676.jpg

 ということは、もしや「ええじゃないか」と踊り狂う人々を戴いたご当地ポストがあるのではと期待しましたが、残念、何も乗っていませんでした。「豊橋 カレーうどん」という幟が掲げられていたので、ご当地B級グルメかもしれません、機会があったら食べてみましょう。
c0051620_7253994.jpg

 なお竹輪も名産のようです。お土産屋さんの店頭にはどう見ても似ていない「姉のキヨ子」さんと「妹のキヨ美」さんという謎の姉妹人形が飾られていました。
c0051620_726091.jpg

 さてそうこうしているうちに、そろそろ出発の時間となりました。飯田線のホームに行くと「秘境号」が停車しており、鉄男くん・鉄子さんたちが記念写真を撮っていました。指定された席に座ると、9:50の定刻通り発車となりました。まずは鉄道マニア向けのマニアックな車内放送が入り、「豊橋・辰野間を5時間半で結ぶ飯田線、日本一長いローカル線と言われるのも伊達ではありません」と誇らしげに結ばれます。係の方がやってきて参加者の確認をし、秘境駅についてのパンフレットを配布してくれました。
c0051620_7262161.jpg

 まずは新城で十数分停車です。ここは秘境駅ではなく、列車待ち合わせのためでしょう。下車して駅前を散策、「ふくろう亭」という居酒屋に、ふくろう型の交通安全標識、愛知県の県鳥がコノハズクだからでしょうか。
c0051620_7264036.jpg

 駅前の桜花はあらかた散っており、葉桜になっていました。
c0051620_727369.jpg

 構内には、織田信長と武田勝頼の布陣を示した大きな「長篠戦図」が掲げられていました。そういえば、以前に四谷の千枚田に行った時、飯田線の本長篠駅で下車しましたっけ。地元の方が「猪肉コロッケ」と「猪肉メンチカツ」を販売されていたので、もちろん後者を購入。車内ですぐに食しましたが、意外に上品な味でした。
c0051620_7272542.jpg


 本日の一枚です。
c0051620_727478.jpg

by sabasaba13 | 2013-08-03 07:28 | 中部 | Comments(0)
<< 飯田線編(3):東栄・大嵐(1... 目次(2) >>