大石又七氏講演会

 第五福竜丸事件については、以前から興味をもっていました。スーパーニッポニカ(小学館)から引用します。
 1954年(昭和29)3月1日、南太平洋ビキニ環礁でアメリカが水爆実験を行い、同環礁東方160キロの海上で操業中の日本のマグロ漁船第五福竜丸が「死の灰」を浴びた事件。同船は3月14日静岡県焼津に帰港したが、乗組員23名が「急性放射能症」と診断され、東大病院と国立第一病院に入院、治療を受けた(9月23日には無線長久保山愛吉が死亡)。同船が積んできたマグロからは強い放射能が検出され、5月には日本各地に放射能雨が降り始めた。この事件は国民に強い衝撃を与え、核兵器禁止の世論が急速に盛り上がり、翌55年8月、広島での第1回原水爆禁止世界大会開催へとつながっていく。第五福竜丸は67年廃船処分となって東京の夢の島に捨てられていたが、粘り強い運動の結果、76年6月同地に都立の展示館が完成、保存されている。
 東京新木場にある第五福竜丸展示館を訪れたり、ベ・シャーンの絵にアーサー・ビナードが詩をつけた『ここが家だ』を読んだり、この事件をモチーフの一つとした岡本太郎の『明日の神話』を見に行ったりと、自分なりに追いかけてきました。また、この水爆実験によって、周囲の島々に暮らす人々、多くの漁船や貨物船の乗組員も被曝し、アメリカ政府と日本政府は現在に至るまでその責任をとろうとしていないと、私の蒙を啓いてくれたのは、映画『放射能を浴びたX年後』と、『核の海の証言』でした。
 先日、第五福竜丸乗組員の大石又七氏の講演会が練馬で開かれるという情報を山ノ神がキャッチ。核による被害をできるだけ矮小化して責任を逃れ、性懲りもなく再稼働をめざす安倍政権、自民党や電力業界の不穏な動きが傍若無人となってきた昨今、ぜひ氏のメッセージを受け取りたいと考え、二人でココネリ・ホール(練馬区立区民協働交流センター)に行き、「被ばく60周年 大石さんからのメッセージ 第五福竜丸を知っていますか?」という集会に参加して大石さんのお話を拝聴してきました。
 御歳八十、寄る年波と近年の大患の故でしょう、足下もおぼつかなくお話も聞き取りづらいのですが、長年の労苦が刻まれた凛とした佇まいにこちらの気持ちも引き締まります。まずは配布された資料から引用します。
 私たち23人の乗組員のうち、半数が既に被爆と関係のあるガンなどで亡くなりました。私の最初の子供は死産で奇形児、私も肝臓ガンを患い今も気管支炎、慢性心房細動、不整脈、肺には腫瘍を抱え、嗅覚も消え、二十数種類もの薬を飲みながら命をつないでいます。膨大な被害が出ていたにも関わらず、日米政府はこの事件を、総額200万ドルというわずかな見舞金によって、政治決着してしまいました。そのため、私たちは被爆者でなくなり、発病しても、亡くなっても、援助も治療もなく、原爆手帳も受けていません。私は、差別や偏見を恐れて、被爆者であることを隠し、東京の人ごみに隠れていました。しかし、仲間たちが一人ずつ亡くなってく中、自分にも次々と不幸が襲いかかり、この恐ろしさが何事もなかったかのように忘れられていくことへの悔しさから、当事者が声を上げなければまた、同じようなことが必ず起き、大勢の人が苦しむようになる、と思うようになりました。それから30年近くに渡り、放射能と内部被曝、核兵器と原発の怖さを伝え続けてきました。しかし、ビキニ事件は日米間の政治がらみのため、元漁師で洗濯屋だった親父が一人で訴えてもなかなか振り向いてくれません。残念です。
 穴があったら入りたいですね。この事件を風化させて忘却し、被曝した多くの船員や島民に想いを馳せることもせず、いまだに放射能障害で苦しむ方々がいるなどと想像すらせず、「核の平和利用」という甘言を信じて原発が乱立するのを黙認・容認し、挙句の果てに福島の事故につなげてしまう。また核兵器を持ち込んでいる可能性が高い在日米軍に対してきちんとした査察を要求せず、確信犯的に"核の傘"に安住する。「非核三原則」を国是として標榜しながらも、核兵器と原発を深慮もなく受け入れ、その被害を不可視化してしまう現実とのギャップには暗澹としてしまいます。
 講演の中で、大石さんは「放射能による病気よりも、被曝者だと周囲に知られるのが怖かった」と話されていました。その結果として当事者は口をつぐみ、事件は揉み消されてしまう。この加害者を利するような差別意識はいったい何に由来するのでしょうか。そして最後に、「国の言うことを鵜呑みにしてはいけない。左から右から上から横から見る目を養ってほしい」という言葉で講演を締めくくられました。
 甲斐甲斐しく大石氏の介助をされていた市田真理氏(第五福竜丸展示館学芸員)のお話の中では、「調査をやめない。調査結果を公表する。調査結果を過小評価しない。さもないと、ビキニ事件から何も学ばなかったということになってしまう」という言葉が心に残りました。福島原発事故に現状に対する深い憂慮を感じます。
 さて衆議院選挙が行われることになりました。第五福竜丸乗組員の救済や、ビキニ事件の被曝に関する再調査など一顧だにせず、原発再稼働へと突き進む自民党・民主党を支持するのか否か。できるだけ多くの方々に、慎重に考慮したうえで一票投じてほしいと切に願います。

 その後に読んだ『日々の非常口』(新潮文庫)の中で、詩人のアーサー・ビナード氏がこう述べられていました。"死の灰を浴び"ではなく、"死の灰を浴びせられ"という正鵠を得た言葉づかいは是非とも学びたいものです。
 母国の米政府は、大量破壊兵器の不存在が明るみに出ようが、誤爆で何人殺そうが、いかなる場合でも自らの非を認めようとしない。ただ、世論的に追い詰められると、危機管理の一環として「謝罪」を発表することはある。さすがにラテン語は使わないが、言葉の端々に、終止符を打とうとする狙いは見て取れる。1954年のビキニ水爆実験の対応が、その典型だった。
 予告もなく、しかも危険区域の外で操業していたにもかかわらず、日本の遠洋マグロ漁船「第五福龍丸」が、米軍の水爆実験に遭遇、死の灰を浴びせられ、乗組員二十三名が被曝した。自力で日本へ生還して、事件が世間に知れ渡ると、アメリカ側はまず「漁夫がうけた損害についての報道は誇張されている」と、マスコミを攻撃する。のみならず、「漁業以外の目的で実験区域へきたことも考えられる」と、乗組員をスパイと呼ばわり、それでも世論が収拾つかなくなると、そこで「米国政府の名において、再び福龍丸の不幸な事件に対する深い遺憾の意を表し」た。
 初めての「遺憾」なのに、さも前々から繰り返し謝罪していたかのように「再び」をつけ加えた。被害者を「嫌にしつこい連中」と印象づける狙いもあったろう。
 のちに乗組員の一人が放射能症で死亡すると、日本側の治療のせいだと仄めかした。(p.222~3)

 追記。さきほど読み終えた『ベン・シャーンを追いかけて』(永田浩三 大月書店)の中で、下記のような文がありました。紹介します。
 大石さんは、長いあいだつづけてきたクリーニング店をたたんだ。ここ数年は体調を崩し、娘さんの家に同居している。わたしが訪ねたとき、大石さんの機嫌はすぐれなかった。前日、安倍晋三総理は、東京オリンピック招致のためのアルゼンチンでの最終のプレゼンテーションで、福島原発事故の汚染水は完全にコントロールされていると、世界に大見得を切った。そんなことはありえない。コントロールなどできない状況にあるのに、なぜ日本の代表の地位にあるひとが、あからさまな嘘を言うのだろう。恥ずかしくないのか。大石さんは静かだが、厳しい口調で怒った。(p.272)

 大石さんはずっと考えてきた。あの犠牲はなんだったのか。なにかの役に立ったのか、立たなかったのか。われわれはなんだったのか。(p.277)

by sabasaba13 | 2014-11-28 06:30 | 鶏肋 | Comments(0)
<< 言葉の花綵112 「吉原すみれ パーカッションリ... >>