重森三玲の庭編(48):通天閣(14.3)

 朝目覚めてベランダに出ると、小雨がそぼ降る曇天です。やれやれ、今日は雨中の散策ですね、いたしかたありません。
c0051620_8191574.jpg

 本日の予定は、大阪に行き、山ノ神が未踏だという通天閣にのぼり、豊国神社の「秀石庭」、岸和田の「八陣の庭」、和泉砂川の「法林の庭」という重森三玲の三つのお庭を拝見して、関西国際空港から帰郷というものです。荷物をまとめチェックアウトをしてシャトルバスを待ちました。対岸を見ると、あのけばけばしかった観覧車が淑女のようにひめやかに佇んでいます。バスに乗って三宮駅へ、三ノ宮駅からJR神戸線新快速で大阪駅に到着。駅のホームに整列乗車のための足型が描かれているのには驚きでした。
c0051620_8194477.jpg

 そして歩いて地下鉄梅田駅に行きましたが、下記のような注意書きがホームに貼ってありました。後学のために転記します。
ちょっと待って!!! かけこみ乗車
かけこみ乗車をすると…
一,ドアに挟まりけがをするおそれがあります。
二,車内で他のお客さまにぶつかるおそれがあります。
三,車外でもお客さまどうしがぶつかるおそれがあります。
四,安全運行に支障が出る恐れがあります。
五,電車が大幅に遅れる原因にもなります。
 大阪では、かけこみ乗車が猖獗を極め、鉄道関係者の方々が苦慮されているようですね。また携帯電話を持った人がホームから落ちるというピクトグラムがありました。ほんとうに危ないし、周囲の人にとっては不快です。天上天下唯我独尊的なスマホ歩きをしている御仁にもぶつかりそうになって嫌な思いをすることが増えました。ぜひやめていただきたい。
c0051620_820928.jpg

 梅田駅から地下鉄を乗り継いで恵美須町駅に到着。地上に出ると、おおっ商店街の先に屹立する通天閣が見えました。後日談ですが執筆のために通天閣のホームページでアクセスを確認すると、"最寄り駅まで着いてわからなかったら「通天閣に行きたいんです…」と問い掛ければ、きっと親切な「大阪のおばちゃん」たちが教えてくれることでしょう"とありました。っとに大阪人ってお茶目ですね。♪俺の闘志がまた燃える♪と口ずさみながら歩いていくと、「ワンコの散歩をするならば、持って帰ろうワンコのウンコ」という注意書きがありました。"ワンコのウンコ"という文句にひねりがきいています、さすがは大阪。
c0051620_8203784.jpg

 「王将の碑」を撮影して通天閣にのぼろうとすると…なんと展望台への待ち時間は60分! はい、やめやめ、潔く撤収することにしました。
c0051620_821057.jpg

 本日の一枚です。
c0051620_8212176.jpg

by sabasaba13 | 2015-09-14 08:22 | 近畿 | Comments(0)
<< 重森三玲の庭編(49):恵美須... 重森三玲の庭編(47):ホテル... >>