重森三玲の庭編(51):岸和田(14.3)

 そして大阪城内最大の巨石、表面積がおよそ36畳敷(59.43平方メートル)、重量は約108トンと推定される「蛸石」を撮影。当時の岡山城主池田忠雄か送ったもので、左の方にタコが寝ているようなシミがあるのでそう呼ばれているそうです。旧大阪市立博物館はもと第四師団司令部、戦争遺跡として貴重な物件です。
c0051620_6281279.jpg

 それでは岸和田へ向かいましょう。天満橋駅から京阪本線で淀屋橋駅へ、御堂筋線に乗り換えてなんば駅で下車。ここから南海難波駅まで歩きますが、せっかくなので道頓堀にちょっと寄っていきましょう。♪包丁一本さらしに巻いて♪と口ずさみながら法善寺横丁へ。おおさすがは天下無双のパワー・スポット、たくさんの方々が水掛不動の前で行列をなしておられます。「夫婦善哉」で夫婦善哉を食べたかったのですが、飛行機の時間に間に合わないとまずいので泣く泣くカット。なお織田作之助の同名小説に出てくる"頼りにしてまっせ"というセリフは、いつも心の中で山ノ神に呟いています。
c0051620_6283785.jpg

 道頓堀に出ると、さすがに芋を洗うような大混雑。「ふぐなら日本一 づぼらや」「かに道楽」「くいだおれ」「グリコ」といった店や看板を撮影して、南海難波駅へと向かいました。(くいだおれ太郎はどこへ行ったのでしょう?)
c0051620_6285789.jpg

 駅でトイレに立ち寄ると、朝顔に蜂のがプリントされていました。蠅は時々見かけますが、蜂は珍しいですね。周囲をはばかりながら密かに撮影、♪蜂のムサシは死んだのさあ♪と口ずさみながら放尿。南海本線に乗ること三十分ほどで岸和田駅に着きました。
c0051620_6292341.jpg

 幸いなるかな、駅に観光地図があったので拝借しました。駅前にあった1916(大正5)年に建てられた西田クリニックという古い病院を撮影し、商店街を歩いて岸和田城へと向かいます。シャッターが閉まり、「賃貸物件」という札がさがる店が多いですね、ちょっと心配です。
c0051620_6295732.jpg

 途中に「ノシコ裁洋」という看板を掲げた店があり、NHKの連続ドラマ「カーネーション」のポスターが貼ってありました。山ノ神曰く、ファッションデザイナーとして活躍するコシノヒロコ・ジュンコ・ミチコの「コシノ三姉妹」を育て上げた小篠綾子の生涯を描いたドラマだそうです。私は「おはなはん」以来、朝の連続ドラマは見ておりませんので知りませんでした。
c0051620_6302041.jpg

 「五軒屋町地車庫」と記された大きな倉庫は、岸和田だんじりの山車(地車)をおさめてあるのですね。大通りに出て左折し、すこし歩いたところにある正覚寺では桜が見事に咲き誇っていました。飛び出しおばあさんを撮影して、地図を便りに岸和田城に到着。駅から二十分ほどかかりました。
c0051620_6304673.jpg

 本日の三枚、上の二枚が大阪城、下の一枚が正覚寺です。
c0051620_6312734.jpg

c0051620_6315110.jpg

c0051620_6321666.jpg

by sabasaba13 | 2015-09-17 06:32 | 近畿 | Comments(0)
<< 重森三玲の庭編(52):八陣の... 重森三玲の庭編(50):秀石庭... >>