スイス編(72):ジュネーヴ(14.8)

 ローザンヌ(Lausanne)は国際オリンピック委員会(IOC)がある都市ですが、ホームにはスイスに乗り入れているフランスの高速列車TGV(Train Grand Vitesse)が停車していました。
c0051620_6201383.jpg

 そしてジュネーヴのコルナヴァン駅に到着したのが午後一時、アクシデントのために予定よりすこし遅れました。空港は何度か利用したことがあるのですが、町自体を訪れるのは初めてです。まずはスーパーニッポニカ(小学館)から抜粋して引用します。
ジュネーブ
 スイス南西部の都市。チューリヒとバーゼルに次ぐ同国第三の大都市で、同名の小州ジュネーブ州の州都。スイス南西端のレマン湖からローヌ川が流出する地点の両岸に位置する。北西にはジュラ山脈、南東にはアルプスの山地を望む谷間にあり、フランスとの国境に近い。そのため、フランス風の思考・生活様式の影響を受け、「スイスのパリ」ともよばれる。住民の7割はフランス語を話し、プロテスタントとカトリック教徒の数は相なかばする。都市としての発展はJ・カルバンに負うところが大で、ヨーロッパの宗教改革の中心地、さらにはプロテスタンティズムの世界的な中心都市となった。18世紀のルソーによる哲学・教育学、H・B・ド・ソシュールなどによる自然科学研究の活況が、現在のこの都市の学術・文化の基礎となった。この町出身のデュナンが創設した赤十字の国際委員会の所在地であり、第一次世界大戦後に国際連盟が置かれたパレ・デ・ナシオンは、現在国連ヨーロッパ本部となっている。そのほか、国際労働機関、世界保健機関、世界気象機関をはじめ多くの国際的な機関がある国際都市で、国際会議が頻繁に開催され、市内に住む外国人の数は人口の4分の1を占める。
 16~17世紀にフランスからの宗教難民が入り込み、彼らがもつ時計製造の技術がここに時計工業をおこし、スイスの代表的な工業とした。19世紀末まで盛んであった繊維工業にかわって、現在は機械工業(タービン、機関車、ミシンなど)、精密機器製造業、化学工業などが盛んである。伝統的な装身具製造もいまに残っている。また、スイス南西の玄関として、商業・貿易の中心としての機能も備えている。各種見本市が開かれるが、なかでも毎年の自動車見本市は有名である。スイスのフランス語圏最古のジュネーブ大学には、国内のドイツ語圏からも在学する学生が多い。ヨーロッパ共同原子核研究所(CERN)には、世界中から研究者が集まる。市街はローヌ川により二分され、左岸の丘陵部に旧市街がある。その象徴はサン・ピエール大聖堂で、ほかに宗教改革記念碑、大学、美術歴史博物館、市庁舎などがあり、これらを含む旧市街には古い趣のある建物が並ぶ。右岸は新市街で、駅や郵便局があり、住宅地がここから広がっている。湖岸や市中に美しい庭園があり、アルプスの名山モンブランを遠望できるこの町は、スイスでもっとも美しい都市といわれる。

by sabasaba13 | 2016-01-19 06:21 | 海外 | Comments(0)
<< スイス編(73):ジュネーヴ(... スイス編(71):ジュネーヴへ... >>