伊勢・美濃編(2):熊野市へ(14.9)

 午後五時半ごろに入線した列車に乗り込み、これから約三時間をかけて紀勢本線を南下、熊野市駅へと向かいます。まだまだ先は長丁場、「るるぶ」を読みながら今後の予定についてじっくりと考えてみましょう。とりあえず明日は丸山千枚田と熊野市の見学です。ん? 「るるぶ」を紐解いていると、熊野市にも熊野古道があることがわかりました。JR波田須駅から一時間ほどで歩ける「波田須の道」、そしてJR大泊駅から松本峠を越えて熊野市まで歩く道です。熊野古道のうち伊勢路にあたる街道の一部ですね。中辺路を踏破した私としては、ぜひ歩いてみたいものです。いつの日にか、大辺路、小辺路、伊勢路、そして大峯奥駈道をすべて踏破するという見果てぬ夢を抱いております。
 四日市コンビナートの夜景が美しいという記事がありましたが、旅程的には厳しいかな。いちおう頭の片隅に置いておきましょう。ご当地B級グルメとしては、津ギョウザ、四日市とんてき、宇治山田「まんぷく食堂」のからあげ丼、同じく宇治山田「喫茶モリ」のモリスパなどが紹介されていました。全てというわけにはいかないでしょうが、できる範囲でチャレンジしてみるつもりです。
 車窓から風景をぼんやりと眺めていると、ある駅で下車した高校生たちが、迎えにきた自動車に乗り込んでいました。過保護だなあ、と思いましたが、よほどの遠距離なのかもしれませんね。そして20:33に熊野市駅に到着。駅構内には「皆笑う明るい末来税金で」(尾鷲法人会女性部会)という掲示がありましたが、問題は誰が払う税金かということですね。『税金を払わない巨大企業』(富岡幸雄 文春新書)を一読すればわかるように、巨大企業がきちんと納税すれば、消費税をなくしても税収は賄えます。まあ大企業とグルになって私たちをいじめている自民党を、知ってか知らずか多くの有権者が支持しているかぎりは無理でしょうが。
c0051620_1536431.jpg

 それはともかく空腹なので夕食を食べたいのですが、駅近くを見まわしても開いている食堂はありません。とりあえず今夜の塒「みはらし亭」にチェックインをして荷物を部屋に置き、フロントで食事のできる店はないかと訊ねると、歩いて十分ほどのところに「すき家」があるそうです。背に腹はかえられない、さっそく歩いていき豚丼をいただきました。途中にあったコンビニエンス・ストアで寝酒を購入し、さきほど購入したポテトチップスとせんべいつまみに一献かたむけました。
c0051620_15365935.jpg

by sabasaba13 | 2016-03-07 15:38 | 近畿 | Comments(0)
<< 伊勢・美濃編(3):波田須の道... 言葉の花綵136 >>