伊勢・美濃編(17):神島(14.9)

 長い長い石段をのぼりはじめ、振り返ると港や家並み、そして海が一望できました。曇天で視界もよくないのが無念。さらにのぼっていくと、木々が生い茂り眺望をさえぎってしまいます。てっぺんについても、小説に"ここからは、島がその湾口に位いしている伊勢海の周辺が隈なく見える。北には知多半島が迫り、東から北へ渥美半島が延びている。西には宇治山田から津の四日市にいたる海岸線が隠見している"(p.5)とあるような絶景は見られませんでした。そして本殿を参拝。
c0051620_14184397.jpg

 新治がここでこう祈った場面が心に残っています。
 神様、どうか海が平穏で、漁獲はゆたかに、村はますます栄えてゆきますように! わたくしはまだ少年ですが、いつか一人前の漁師になって、海のこと、魚のこと、舟のこと、天候のこと、何事をも熟知し何事にも熟達した優れた者になれますように! やさしい母とまだ幼い弟の上を護ってくださいますように! 海女の季節には、海中の母の体を、どうかさまざまな危険からお護り下さいますように! …それから筋ちがいのお願いのようですが、いつかわたくしのような者にも、気立てのよい、美しい花嫁が授かりますように! …たとえば宮田照吉のところへかえって来た娘のような… (p.26~7)
 願いにもちゃんとプライオリティがあるのですね。まず村のこと、次に家族のこと、そして最後に自分のこと。小説の主人公の祈りなので一般化はできないでしょうが、このメンタリティは古人たちが等しく持っていたものだと思います。コミュニティの存続と繁栄が何よりも優先されたのでしょう。そして物事を熟知しそれに熟達した優れた人間になること。「今だけ・金だけ・自分だけ・地位だけ」というメンタリティとはいかにかけ離れていることか。もし安倍伍長が八代神社に参拝にきたらどんな祈りを捧げるでしょうか。たぶんこんな感じじゃないかな。
 神様、日本がひたすら経済成長できますように! 潤った大企業から政治献金ががばがばわが党に贈られますように! アメリカがもっと愛撫してくれますように! 中国や韓国や北朝鮮になめられませんように! …国民がもっと愚鈍になって政治や歴史に無知・無関心でありますように! 原発事故や辺野古新基地のことを忘れてくれますように! 自民党・公明党・官僚・財界にどんなひどい目にあわされても黙従してくれますように! そしてそのストレスをいろいろな弱者にぶつけてうさをはらしてくれますように! …もっとスマートフォンにかじりついてくれますように!
 なお小説では、最後に新治はこう思います。"こんな身勝手なお祈りをして、神様は俺に罰をお下しになったりしないだろうか" もし仮に安倍伍長が"こんな身勝手なお祈り"をする御仁でしたら、選挙で罰を下さねばなりません。次の参議院議員選挙が楽しみです。

 本日の一枚です。
c0051620_1419334.jpg

by sabasaba13 | 2016-03-29 14:19 | 近畿 | Comments(0)
<< 伊勢・美濃編(18):神島(1... 伊勢・美濃編(16):神島(1... >>