伊勢・美濃編(18):神島(14.9)

 ここでも恒例の絵馬ウォッチング、選んだのは二枚です。「ドリームジャンボ宝くじ 89組 108,971~108,978番から1等がでますようお願い申し上げます」 うーん、なかなか現世利益的かつザッハリッヒな願いごとですね。「岸和田支店で引き続き業務に励めますようお願いします」 よほど良い上司・同僚・部下がいるのでしょう、羨ましいかぎりです。
c0051620_7572167.jpg

 ここから神島灯台へ向かいますが、人跡もとだえたような寂しい道です。すぐに海に沿った眺めのよい小道に出てすこし歩くと灯台に到着。八代神社から十分ほどかかりました。
c0051620_7574224.jpg

 解説板を転記します。
神島燈台
阿波の鳴門音戸の瀬戸か伊良湖度合が恐ろしい」と歌われた日本の三関門の一つになっている伊良湖水道は、昔から海の難所と言われ明治初年頃は夜間の航行は危険でした。このため航行船舶の安全を図るため、明治42年に灯台の建設が始まり明治43年5月1日に点灯しました。当時の燈台の光源は石油ランプが主力でしたが、新設された神島燈台には自家発電施設が配備され、日本で初めて白熱電灯による電気灯で、七千カンデラの光を発しました。
 観光パンフレット「しおさいの島」から補足しますと、1908(明治41)年に伊良湖水道で軍艦「朝日」が暗礁に接触したことから軍事上の要請および、名古屋・四日市港の貿易振興のために設置されたそうです。ここからの眺めは曇天とはいえ素晴らしい。眼前に連なる山なみが渥美半島なのですね。"海の健康な寝息のように規則正しく、寧らかにきこえる"(p.182)潮騒を楽しみながら、ひと休み。小説『潮騒』にはこうあります。
 眺めのもっとも美しい場所は、島の東山の頂きに近い燈台である。
 燈台の立っている断崖の下には、伊良湖水道の海流の響きが絶えなかった。伊勢海と太平洋をつなぐこの狭窄な海門は、風のある日には、いくつもの渦を巻いた。水道を隔てて、渥美半島の端が迫っており、その石の多い荒涼とした波打際に、伊良湖崎の小さな無人の燈台が立っていた。
 歌島燈台からは東南に太平洋の一部が望まれ、東北の渥美湾をへだてた山のかなたには、西風の強い払暁など、富士を見ることがあった。(p.6)
 なおこの灯台は「恋人の聖地」に認定されており、プレートがありました。なお「ツーショットフォトスタンド」があったのはご愛敬。
c0051620_7581540.jpg


 本日の三枚です。
c0051620_7583914.jpg

c0051620_759178.jpg

c0051620_7592293.jpg

by sabasaba13 | 2016-03-30 08:00 | 近畿 | Comments(0)
<< 伊勢・美濃編(19):神島(1... 伊勢・美濃編(17):神島(1... >>