伊勢・美濃編(43):太田宿(14.9)

 そして終点の美濃太田駅に着きました。ホームにあった「のうりん」の顔はめ看板を撮影。ちなみに「のうりんは、県立加茂農林高校を舞台とした小説で、第4巻では長良川鉄道も舞台となっています」という解説がありました。窓口で、ブレーキ・ハンドルのストラップというレアなお土産を売っていたので購入。
c0051620_6571383.jpg

 駅前にあるみのかも観光案内所に行こうとすると、駅構内でレンタサイクルのポスターを発見。やった。そして観光案内所で八百津行きバスの往路・復路発車時間を確認。世渡タクミ君のようにカシャカシャと頭の中で計算すると、自転車を借りて太田橋と太田宿を三十分ほど見学、その後バスで八百津に行き何とかして現地でタクシーを見つけて杉原千畝記念館+人道の丘公園、旧八百津発電所、上代田棚田、赤薙棚田を二時間ほどでまわってもらってバスで美濃太田に戻れるぞ。美濃太田駅前にある「シティホテル・ミノカモ」のフロントで申し込み自転車を借り受け、まずは太田へと行きました。
c0051620_6574256.jpg

 竣工は1926(大正15)年、「木曽のかけはし、太田の渡し、碓氷峠がなくばよい」と唄われた中山道三大難所の一つ太田の渡し跡に架けられた単純ワーレントラス鋼橋です。

 そしてキコキコとペダルをこいで中山道六十九次の内、江戸から五十一番目の宿場、太田宿へ。飛騨へ向かう「飛騨街道」、関・郡上へ向かう「関街道」への分岐点を持つ場所として、また、平行して木曽川が流れており、交通・物流の要衝として機能していました。また尾張藩太田代官所が設置されるなど政治的にも重要な場所でした。自転車に乗って走り抜けながら、古い町並みや枡形を撮影。
c0051620_658881.jpg

 なお坪内逍遥は、尾張藩太田代官所の手代の息子として1859(安政6)年にここ太田宿で生まれ、幼年を過ごしたそうです。また岡本一平は、晩年に言論統制などにより不遇の生活を送り、疎開先の加茂郡下古井(太田宿のはずれ)で1948 (昭和23)年に脳溢血のため逝去しました。当時の岡本一平宅「糸遊庵」は、現在中山道会館の敷地内に移築されているとのことです。

 本日の二枚です。
c0051620_6583537.jpg

c0051620_6591921.jpg

by sabasaba13 | 2016-04-30 07:00 | 中部 | Comments(0)
<< 伊勢・美濃編(44):杉原千畝... 伊勢・美濃編(42):北濃駅(... >>