伊勢・美濃編(60):明治村(14.9)

 尾西鉄道蒸気機関車1号は、尾西鉄道が開業するにあたり、アメリカのブルックス社から購入した機関車です。
c0051620_6594823.jpg

 六郷川鉄橋は、新橋‐横浜間の鉄道を複線化するにあたり、日本ではじめてつくられた鉄橋です。なお日本に現存する鉄造人道橋の最古のものは、東京にある弾生橋です。
c0051620_701841.jpg

 鉄道寮新橋工場は、新橋ステンショ(停車場)に併設された機関車修復所です。鋳鉄柱をはじめ外壁の鉄板、サッシ等、全ての材料をイギリスから輸入し、イギリス人技術者の指導の下に建設された鉄造プレハブ建築物です。なお、広い工場の内部は明治の機械類の展示場(機械館)として活用されており、日本の産業革命を支えたリング精紡機などが展示されていました。
c0051620_705087.jpg

 その近くに野外展示されていたのが明治の水道管、1911(明治44)年に釜石鉄工所でつくられたものです。
c0051620_712221.jpg

 工部省品川硝子製造所は、工部省がガラス製造のためにつくった工場です。工部省は、日本に近代工業を早急に根付かせるため、設備、技術者など必要なもの一切を導入する方針をとり、多数のお雇い外人が来日指導に当たりました。この硝子製造所でも、イギリスのガラス工ウォルトン、スピートなどが指導に当たり、フリントガラスの製造設備をもって、食器など日用ガラス器の製作をしました。なお1885(明治18)年にこの工場は民間に払い下げになり、明治末に三共合資会社製薬場となって、有名な高峰譲吉や鈴木梅太郎の創製により薬品も製造されたそうです。
c0051620_715668.jpg

 そして私の大好きな宇治山田郵便局との再会です。正面中央のドーム屋根、その両脇に屹立する角塔、ハーフティンバー様式の外装、漆喰塗と下見板張の壁、なんとも魅力的な物件です。入口を入ると円形の「公衆溜」と呼ばれたホールがあり、その周囲にはカウンターが廻らされています。天井の高窓から光が入り、たいへん明るいホールとなっています。
c0051620_721981.jpg

by sabasaba13 | 2016-05-20 07:03 | 中部 | Comments(0)
<< 言葉の花綵141 伊勢・美濃編(59):明治村(... >>