伊勢・美濃編(64):明治村(14.9)

 東京駅警備巡査派出所は、丸の内側駅前広場に建てられたもの。駅本屋との調和をはかるため、駅本屋のデザインを十二分に意識した設計がなされています。首府東京の表玄関であった東京駅では、天皇の地方巡幸や外国使節の従来など重要行事が多く、一時は12人もの巡査が詰めていたそうです。
c0051620_632179.jpg

 金沢監獄中央看守所・監房は、八角形の看守所を中心に五つの監房棟が放射状にならぶ洋式の配置です。なお中央に置かれている看見室は、網走監獄で使用されたものです。
c0051620_6324261.jpg

 名鉄岩倉変電所は、名古屋電気鉄道(現名古屋鉄道)犬山線の変電所として岩倉駅構内に建てられたものです。内部に高価で大きな変電用機械を入れるため、背の高いレンガ造建物になっています。
c0051620_633612.jpg

 さて、現在の時刻は午後12時半、さすがにお腹がへりました。途中にあった「明治の洋食屋 オムライス&グリル浪漫亭」で昼食をとろうとしたのですが、長蛇の列ができており断念。いたしかたない、眼前にあった「食道楽のコロツケー」という売店で挽肉のコロツケーと五福屋の串かつを食べて飢えをしのぐことにしました。なお前者は、明治時代にベストセラーになった小説「食道楽」で紹介している材料・調理法をもとに再現・アレンジしたもの、後者は知多半田の石川養豚場が誇るこだわりの豚肉「あいぽーく」を串かつにしたものだそうです。むしゃむしゃ。
c0051620_6333535.jpg

 隅田川新大橋は、隅田川に架けられた明治の五大橋(吾妻橋・厩橋・両国橋・新大橋・永代橋)の最後の。曲線を多用したアールヌーボー風の意匠が美しいですね。全長は180mありましたが、その8分の1が移築・保存されました。設計監理には東京市の技術陣が当たりましたが、鉄材は全てアメリカのカーネギー社の製品が使われています。これは、明治の末においても未だ我が国の鉄材の生産量が乏しかったためと考えられます。1923(大正12)年の関東大震災の折には、他の鉄橋が落ちる中で、この新大橋だけが残り、避難の道として多数の人命を救いました。多謝。
c0051620_634375.jpg

by sabasaba13 | 2016-06-02 06:34 | 中部 | Comments(0)
<< 伊勢・美濃編(65):明治村(... 伊勢・美濃編(63):明治村(... >>