秩父編(4):(14.10)

 向かい側にあるのが旧大月旅館別館。解説を転記します。
 この建物は、番場通りと昭和通りの交差する角地に建てられた木造2階建てで、屋根の四周に外壁が立ち上がり、最上部にコーニスが施してあります。簡潔な装飾で統一されており、アールデコの意匠を感じさせるたたずまいとなっております。
 建物は、交差点を意識して、建物の正面を隅部として出入り口を設け、角地の立地を生かした配置となっております。
 大正15年(1926)に旅館の別館として建築された当時は、1階が遊技場、2階が従業員の部屋として使用されていました。
 この付近には、昭和時代初期から昭和30年代にかけての賑わいを伝える近代商店建築が集中している所で、この建物も当時をしのばせる貴重なものとなっています。
 そうですね、全体としてシャープな造形がアールデコを感じさせます。コーニスの下に配置された四本のラインがいいアクセントになっています。
c0051620_6303544.jpg

 その向かい側が安田屋です。解説を転記します。
 この建物は、番場通りと昭和通りの交差する角地に建てられた木造2階建て片流れ造金属板葺き屋根となっています。屋根は北東側(昭和通り側)が高くなっており、この屋根を隠す位置までモルタル塗の外壁が四周に大きく立ち上がり、最上部にコーニスを廻しています。また、屋根裏部屋の位置には窓を付け3階に見えるような外観となっており、この屋根裏の窓が建築当初のものとなっています。窓の上にはアカンサスをあしらった装飾をつけています。洋風意匠を摂取した店舗兼用住宅となっています。
この付近には、昭和時代初期から昭和30年代にかけての賑わいを伝える近代商店建築が集中している所で、この建物も当時をしのばせる貴重なものとなっています。
 ちなみにアカンサスとは地中海アザミのことですね、ギリシアのデロス島で見たことがあります。
c0051620_6305759.jpg

by sabasaba13 | 2016-08-08 06:32 | 関東 | Comments(0)
<< 秩父編(5):(14.10) 秩父編(3):(14.10) >>