虐殺行脚 埼玉・群馬編(8):熊谷(14.12)

 それではバスに乗って熊谷駅へと戻りましょう。車内には「高齢者の歩行者・自転車利用者 四字熟語で交通安全」というポスターがありました。なるほど、四字熟語でお年寄りの注意を喚起しようというわけですか。ちなみに"自由奔放:ところ構わず横断していませんか? 猪突猛進:いきなり横断していませんか? 神出鬼没:暗い色の服装で外出していませんか?"という内容でした。趣旨は理解できますが、加害者は自動車であるという視点が決定的に欠落しているのが気になります。化石燃料を貪欲に喰らい、有害物質を吐き出し、騒音で静かな環境を破壊し、人様を死や怪我へと追いやる悪魔の機械の利用を抑制する方向に社会を変えていくべきだと考えます。詳細は『自動車の社会的費用』(宇沢弘文 岩波新書)の書評に書きましたので、よろしければご笑覧ください。はい、そこで提案。「ドライバー 四字熟語で交通安全」「屍山血河・悪逆無道・阿鼻叫喚」という啓蒙ポスターを掲示してはいかがでしょう。
 さてここ熊谷にはご当地B級グルメ「ホルどん」があるそうです。有数の産地・埼玉県産の小麦粉をつかったうどんと、熊谷人のソウル・フードである豚ホルモンを合体させた焼きうどんです。駅にあった観光案内所で訊ねると、「満願堂」というお店で食べられるとのことですが、籠原にあるのでかなり遠いです。駅ビル「鉄八はっかい」にあるかもしれないというので、早速うかがったところ残念ながらもうつくっていないそうです。無念。なお「えんむちゃん」というゆるキャラが案内所にありましたが、縁結びの御利益で知られる埼玉県熊谷市の妻沼聖天山ちなんだ、妻沼のPRキャラクターだそうです。
c0051620_6265549.jpg

 本日の一枚です。
c0051620_6272026.jpg

by sabasaba13 | 2016-11-12 06:28 | 関東 | Comments(0)
<< 虐殺行脚 埼玉・群馬編(9):... 虐殺行脚 埼玉・群馬編(7):... >>