虐殺行脚 埼玉・群馬編(22):前橋(14.12)

 本日はまず前橋へ移動です。両毛線に乗って十五分ほどで前橋駅に到着。駅前で貸自転車「マエチャリ」を借り受けました。午前八時から借りることができるので便利です。まず目指したのは、群馬でもっとも歴史のある公会堂、群馬会館です。昭和天皇の即位を記念して、1930(昭和5)年に建設された県内最初の公会堂だそうです。ルネサンス様式を採り入れた重厚な建物ですが、スクラッチタイルが洒落た雰囲気を醸し出しています。
c0051620_618089.jpg

 その近くあるのが、1928(昭和3)年に竣工された群馬県庁本庁舎です。鉄筋コンクリート造3階建で、外壁は1階部分が石張り、2・3階がスクラッチタイル張りになっています。群馬会館にくらべて、こちらは官僚的な重厚さを感じますね。
c0051620_6183665.jpg

 偶然見つけたのが松山医院、前面に並んだ三角屋根がラブリーですね。おとぎ話に出てくる館のようです。
c0051620_6191877.jpg

 とろとろペダルを踏みながらふと路地を見やると喫茶店がありました。よろしい、モーニングサービスをいただきながらこれからの行程を確認しましょう。りんごトーストを頬張り、香り高いコーヒーを楽しみながら、地図と観光パンフレットで道順をチェックしました。このひと時が至福なんですね。ごちそうさまでした。
c0051620_620732.jpg

 まずは1932(昭和7)年に完成した前橋カトリック教会聖堂へ。正面に聳え立つ、恰幅のよい二つの塔が印象的です。
c0051620_6204949.jpg

by sabasaba13 | 2016-12-03 06:21 | 関東 | Comments(0)
<< 虐殺行脚 埼玉・群馬編(23)... 虐殺行脚 埼玉・群馬編(21)... >>