名古屋編(5):トヨタ博物館(05.8)

 名鉄で名古屋駅に行き、地下鉄東山線に乗り、藤が丘駅で「リニモ」(リニア・モーター・カー?)に乗り換えて芸大通駅で下車。すぐ目の前にトヨタ博物館があります。こちらは自動車に関する展示が中心で、世界各国や日本の歴史的自動車の実物が多々陳列されているそうです。ブログで世界に公開することもないのですが、私自動車免許をもたず、自動車にも全く興味がありません。まあ話の種に訪れたわけですが、これがなかなか面白い。一言で言うと、自動車で"美"を表現できることがわかりました。ブガッティ、ロールスロイス・シルバーゴースト、アルファロメオ… 王侯貴族が権勢を誇示するために飾り立てた馬車の伝統をしっかりと受け継いでいます。悪趣味という領域に、徳俵から足が半分でかかっている“美”ですけれど。でもP.カザルスが言っているように、単調さよりも悪趣味の方がましです。
c0051620_18591148.jpg

 日本車コーナーでは、“美”はのぞむべくもありませんが、そのかわりに若き日がよみがえるような懐かしい車が展示されています。スバル360、ホンダN360、セリカ、コルト・ギャラン… 思わず涙腺がゆるんでしまったのは、ダイハツ・ミゼット! この車がコロコロノテノテと町中を走り回っていたんだよなああああ。
c0051620_18592550.jpg

 というわけで、(もしいると仮定したら)自動車好きの人でしたら必見の博物館です。

 本日の一枚は、万感の想いをこめて、そうミゼット!
c0051620_18452114.jpg

 ●トヨタ博物館 http://www.toyota.co.jp/Museum/index-j.html
by sabasaba13 | 2005-09-08 06:08 | 中部 | Comments(4)
Commented by kurashiki-keiko at 2005-09-08 23:05
ミゼット、私にとっても懐かしい車です。町に走り回っていましたね。大村昆ちゃんがテレビでコマーシャルやっていました。
自動車博物館は高知にもあって、名車ぞろいでした。
Commented by sabasaba13 at 2005-09-09 20:32
 こんばんは。今、ミゼットで街を走ったらみんなの視線を釘づけにするでしょうね。「車なんて荷物を載せて動きゃいいんだ」という潔さにみちみちたデザインが新鮮です。シンプルさは時代を超越するものだと思います。大村昆氏のコマーシャルは未見です、興味あります。
Commented by K国 at 2005-09-10 19:00 x
乗り物が好きなので、どうしても注目してしまいます
さすがトヨタ、自社だけじゃなくていろんなメーカーの車置いてるんですね
黄色のセリカ、友達の設計屋が未だ現役で乗ってます
今の車より維持費がかかるけど捨てられん、と言ってました
私が乗ってるトヨタハイエース、25万キロを越えましたが調子は良く
まだしばらくは走りそうです
Commented by sabasaba13 at 2005-09-10 20:59
 こんばんは。私は車に対する思い入れはまったくありませんが、その気持ちはわかります。昔の車を見ていると、使い込めば使い込むほどその気持ちに応えてくれる「人間らしさ」をもっているような気がします。上手く説明できませんが。トヨタハイエース、大事にしてあげてください。
<< 名古屋編(6):アクテノン(0... 名古屋編(4):産業技術記念館... >>