北陸・山陰編(5):富山(06.9)

 ふたたび列車に乗り富山駅に到着。駅前のポストの上に愛らしい薬売りの像がちょこんと乗っかっていました。さて今回の旅行では、富山・高岡・福井で私の大好きな路面電車に出会えるのが大きな楽しみの一つです。いそいそと駅前を走る路面電車に駆け寄り抱きしめると轢かれてしまうので、それはせず写真を撮りました。かつて東京を走っていた都電を思わせるシンプルなデザインに、懐旧の念を覚えます。女性の運転手がいたのも嬉しいですね、アムステルダムでは頻繁に見かけたのですが日本では珍しいと思います。
c0051620_1883352.jpg

 そして地下道を歩いて駅の反対側に抜け、日本初のLRT(ライト・レール・トランジット)「ポートラム」に乗りましょう。LRTとは、渋滞緩和と環境問題の解消を図るために導入が進められている新しい軌道系交通システムのことだそうです。正確な定義はないようですね。まあより進化した路面電車の利用法だと思いますが、せっかくの試みなのだからもっと詳細にPRしてほしいな。でも新しいLRV(Light Rail Vehicle/超低床車両)を導入してくれただけでも感激です。そして富山駅北と岩瀬浜を結ぶ、白地にオレンジ色を配したなかなかモダンな意匠のポートラムが軽やかにホームに到着しました。お年寄りの集団が大挙して乗り込み、遠足のように興奮していたのが印象的でした。二両連結で、連結部の空間が広くとられ、昇降用ドアが一枚ガラスなので、開放的な印象を受けます。はじめは車とともに道路を走り、途中から専用軌道に入って民家の間をすりぬけていきました。
c0051620_1884579.jpg


 本日の一枚です。
c0051620_18475012.jpg

by sabasaba13 | 2006-11-20 06:07 | 中部 | Comments(0)
<< 北陸・山陰編(6):岩瀬(06.9) 北陸・山陰編(4):魚津(06.9) >>