別所温泉・稲荷山・姨捨編(1):(07.7)

 海外旅行はだいたい往復の飛行機と宿をおさえて後は適当に彷徨うのですが、ほとんどJTBに発注しています。H.I.S.に二度ほどお願いしようとしたのですがこちらの希望通りにならず、以後足が遠のいています。ま、たまたまなのかもしれません。そうしたらポイントとやらが多少たまり、一万円ほど旅費に利用できるよという知らせが届きました。しかし締め切りは7月中まで。据え膳、もとい、貧乏根性丸出しの二人はこりゃ使わにゃならんという強迫観念にせまられ、急遽一泊二日の旅行を敢行いたしました。山ノ神が以前から所望していた無言館見学を軸にしましょう、すると当然宿は別所温泉ですね。さっそくJTBに行き確認してもらうと、何とこの日は満員御礼。どうやら「岳の幟」という祭りとぶつかるようです。仕事の関係で日程を前後にずらすのはきつい… (沈思黙考) はた そういえば上田の近くに戸倉という温泉があったはずだ。さっそく調べてもらったところ、上山田温泉の宿をおさえることができました。そして往復の上野・上田間新幹線指定席も予約し、すべてはオール・ライト。

 これで骨格ができたので、つぎは肉付けです。さあどう動くか、これを考えるのが至福のひと時なのですが、そうこうしているうちに初日に台風4号が関東地方を直撃しそうな気配がしてきました。これにはまいった。天気予報によると、二日目は曇りですみそうです。とりあえず初日に無言館見学を強行し、暴風雨だったすぐに宿へ避難、小雨だったら別所温泉を徘徊するプランをたてました。二日目は公共輸送機関を使って蔵の町・稲荷山と姨捨の棚田に行きましょうか、などとブツブツ言っていると、山ノ神曰く「レンタカーを使っていいぞよ」 やりい! 私、運転免許をもっていないので、このオファーには欣喜雀躍、小槍の上でアルペン踊りをさあ踊りましょっ。こうなると人間欲が出るもので、前記二件に加えてもう少し棚田を見てみたいという色気が出てきました。棚田百選に選ばれた宇坪入の棚田(小諸の近く)と稲倉の棚田(上田の近く)、そして「小さい駅の小さな旅案内」で紹介されていた芝生田の棚田(小諸の近く)を旅程に組み込んでみました。ちょっときついかな、でも行く手に立ち塞がる困難が大きければ大きいほど自称練馬区一のナビゲーターとしては燃えますね。「そおらに灯がぁつぅく通天閣にぃ俺の闘志はまたぁ燃えぇぇぇぇぇぇぇるぅ」と鼻歌を唄いながら、長野県道路地図を購入し、これで準備万端。なお持参した本は「イスラーム誤認」(板垣雄三 岩波書店)です。
by sabasaba13 | 2007-10-21 07:43 | 中部 | Comments(0)
<< 別所温泉・稲荷山・姨捨編(2)... SHINE >>