肥前編(7):長崎(07.9)

 本日も天気が良さそうです。朝の散歩で、ホテル近辺をすこし歩いてみることにしました。まずは1897(明治30)年に建造された中町教会へ。原子爆弾によって内部と屋根が崩壊したという解説板がありました。附近には長崎名物チリンチリンアイスの店、機材一式をレンタルしてくれるそうです。そしてサン・ラザロ病院跡、サン・ジョアン教会跡、勝海舟寓居の地という記念碑がある本蓮寺へ。幕府の海軍伝習所伝習生となった海舟が住んでいた地ですね。彼はここで当地の女性梶くまと一男一女をもうけたそうです。
c0051620_4414891.jpg

 そのすぐ近くにあるのは日本二十六聖人殉教地。1597(慶長元)年、6名の外国人と20名の日本人が、豊臣秀吉のキリシタン禁令のため大坂・京都で捕らえられ、この地で処刑されました。1862(文久2)年にローマ教皇がこの26人の殉教者を聖人に列したそうです。幼い三人の像が心に残ります。なお「日本とポルトガル その出会いの歴史(筆者注:『日本史』)をここ長崎の地で書いた」と刻まれたルイス・フロイスの記念碑もありました。
c0051620_4421023.jpg

 さて、できうればモーニング・サービスでもいただきたいのですが、手ごろな喫茶店があるでしょうか。駅に向かう坂道を降りると、その背後には昨夜上った稲佐山がそびえたっています。うろうろしていると、観光案内所の入っているビルに喫茶店がありました。渡りに舟、ここでモーニング・サービスを食してホテルに戻ります。
c0051620_4423139.jpg


 本日の三枚です。
c0051620_442474.jpg

c0051620_443249.jpg

c0051620_4431964.jpg

by sabasaba13 | 2008-02-28 04:43 | 九州 | Comments(0)
<< 「異端 金子光晴エッセイ・コレ... 肥前編(6):稲佐山夜景(07.9) >>