静岡編(3):駿府公園~県立美術館(04.12)

 さて翌日です。強風・大雨は夜間のうちにおさまり、快晴! ブラアアボ(バ?) さっそくスキップしながらお散歩を開始。駿府公園に行く途中にある青葉小学校で、二宮金次郎の銅像を発見。背にかついだ柴や膝のツギあての精密な表現、千字文を刻んである書、苦渋に満ちた小賢しい表情、なかなかの逸品です。駿府公園の堀端には、弥次郎兵衛と喜多八公園の銅像があります。その近くに何やら淫猥な一物が… ○○○? はたまた芋虫? 確認すると「わさび漬け発祥の地」の記念碑。
c0051620_7274146.jpg

 公園はまだ紅葉も残り、青空のもと輝いていました。有料の紅葉山庭園を見物して、静岡電鉄に乗り県立美術館へ。
c0051620_730785.jpg

 念願であった香月泰男のシベリアシリーズ全作品を見ることができました。もう言葉にはできません。ただ山口県立美術館を一刻も早く拡充し、全作品を常時展示することを祈るのみ。一言だけ言うと、「黒」という色にこれだけバリエーションがあるとは… この美術館には伊藤若冲や司馬江漢の作品もあるのですが、残念ながら展示されておらず。併設されている「ロダン館」もいいですね。「地獄の門」「考える人」「バルザック像」などの名品を至近距離から鑑賞できます。上野にある薄汚れた「考える人」を遠目で見たことしかなかったのですが、間近で対面すると傑作だなあと痛感します。体の力感の表現が半端ではないですね。目果報、目果報。さてバスに乗ろうと停留所に行くと、「テロ対策特別警戒実施中」という張り紙が。周囲を見渡すと、人はおろか猫の姿さえ見えず、紅葉に染まるや森や連山が微笑んでいる長閑な情景が広がるのみ。だ、れ、が、こ、こ、で、な、ん、の、た、め、に、テ、ロ、を、す、る、の、だ。もうこれは"テロ"という不安感を常に/どこでも煽り、警察や国家への依存心を植え付けるための悪意ある情報操作ですね。駅にある透明なゴミ箱や、忘れた頃に現れる駅の警官と同じ。
c0051620_7303521.jpg

by sabasaba13 | 2008-05-01 07:31 | 中部 | Comments(2)
Commented by myuyama at 2008-05-01 12:24
はじめまして。いつも拝見させて頂いています。
読書や音楽、旅など、勝手に自分との共通点を探しては(笑)、
楽しませてもらっています。
我が故郷、静岡が登場したのでコメントしました。
今はなき清水市(静岡市に合併)出身で、
登呂遺跡も県立美術館も行ったことがあります。
また、私の持っている香月さんの画集は、
県立美術館に程近い草薙に住む友人からのプレゼントでした。
かなりこじつけがましいですが(笑)、これからも日記楽しみにしています。
Commented by sabasaba13 at 2008-05-01 21:32
 こんばんは。ご贔屓にしていただいて有難うございます。こういうコメントをもらうと大変励みとなります。静岡県の奥深い魅力にはまり、昨年末に二度訪れてしまいました。近々、駿河・遠江編と駿河編を掲載する予定ですので、楽しんでいただけると幸甚です。
<< 静岡編(4):日本平(04.12) 静岡編(2):旧見付学校~登呂... >>