静岡編(4):日本平(04.12)

 JR草薙駅から静岡駅に戻り、再びバスに乗って日本平へ。なんだかんだ言ったって、ここから見る富士は絶景です。清水港と駿河湾を睥睨するように屹立しておりました。暖冬のためか冠雪は少なかったですけどね。「雨はやんでゐる。息子のゐないうつろな空になんだ。糞面白くもない あらひざらした浴衣のやうな富士。」という、金子光晴の『富士』の一節をふと思い出しました。一人息子を徴兵された時の詩ですね。「重箱のやうに狭つくるしいこの日本」のシンボルにされたのは、彼にとっては傍迷惑なことなのかもしれません。強風ですが、久能山へのロープウェーは動いていたので、さっそく乗り込みました。徳川家康を祀る東照宮を見物して、海側に向かうと伊豆半島の先端部までクリアに見通せました。長い石段を下って、バスに乗り込み静岡駅へ。乗客は私一人、指定席にしている最前列左側に座ると、運転手さんがにこやかに話しかけてくれました。運転しながら(!)、今年の台風や紅葉の話に花を咲かせてしまい、あっという間に駅に到着。
c0051620_6565254.jpg


 本日の一枚です。
c0051620_6571517.jpg

by sabasaba13 | 2008-05-02 06:57 | 中部 | Comments(6)
Commented by myuyama at 2008-05-02 14:31
あ〜、惜しいなぁ。実家がもうちょっとで見えるんですけど。
ちなみに三保の松原の近くです。
毎日富士山を眺めて育ったので、当たり前だと思っていましたが、
清水を離れて20数年、たまに帰省して富士に出くわすと、
その美しさに惚れ惚れし、なんと贅沢だったことかと思うのでした。
Commented by sabasaba13 at 2008-05-02 21:45
 こんばんは。あ~そうだったんですか。実は昨年末に三保の松原に行ってまいりました。もしかしたらその時の写真に御宅が映っているかもしれません。
 いろいろなもののシンボルにされて一番迷惑しているのは当の富嶽氏でしょうね。虚心坦懐に見つめれば、やはりその威容には圧倒されます。
Commented by いつもこころにヨーロッパ at 2008-05-03 01:27 x
富士山の写真、
魅力ある被写体に、計算された構図。
すばらしいですね!
Commented by さっと at 2008-05-03 17:06 x
こんにちは。キレイな富士山ですねぇ。私の母の実家が静岡なので、そこへは、子どものころから何度も行っていますが、あんまり富士山を見た記憶がないです。この前行ったときも雨でだめでした。
Commented by sabasaba13 at 2008-05-03 20:37
 いつもこころにヨーロッパさん、こんばんは。お褒めいただいてありがとうございます。しかしこれは構図云々というよりも、純粋に素晴らしい被写体と天候のおかげです。あらためて両者に感謝したいと思います。
Commented by sabasaba13 at 2008-05-03 20:39
 さっとさん、こんばんは。昨年末に、二回ほど静岡に行ったのですが、幸い天候に恵まれました。月見草も悪くありませんが、やはり富嶽には快晴が似合います。
<< 「レッド」 静岡編(3):駿府公園~県立美... >>