2011年 05月 18日 ( 1 )

熊野古道編(27):松畑茶屋跡(10.3)

 さあいよいよ小雲取越のはじまり、ガイドブックによると距離は13km、所要時間は4時間20分の行程です。民家の脇を通り、ゆるやかな坂道をのぼっていくと、ほぼ満開に咲き誇る桜がありました。途中に二カ所ほど、熊野川を眺望できるポイントがありますが、木立にじゃまされてよくは見えません。
c0051620_6141840.jpg

 しばらくは木漏れ日をあびながら、緩やかなのぼりの坂道をハイキング気分で爽快に歩けます。一時間十分ほどで松畑茶屋跡に到着、この小雲取越は江戸時代の西国巡礼の際によく利用されたということなのでその名残りなのでしょう。長い長い木製のベンチが道の両側にあり、一休みするにはもってこいの場所です。
c0051620_6144613.jpg

 さて歩を進めましょう。途中の分岐に道標があり、「万歳峠・伊勢路へ→」と記されていました。やがて道はやや急なのぼりとなりますが、ところどころで眺望がすこし開けてきました。
c0051620_615825.jpg


 本日の八枚です。
c0051620_6153325.jpg

c0051620_615587.jpg

c0051620_6162289.jpg

c0051620_6164682.jpg

c0051620_6171442.jpg

c0051620_617484.jpg

c0051620_6181755.jpg

c0051620_6184679.jpg

by sabasaba13 | 2011-05-18 06:19 | 近畿 | Comments(0)