2017年 03月 20日 ( 1 )

虐殺行脚 東京編(10):浄心寺(16.10)

 梅屋敷を右に曲がって路地にはいり、すこし歩くとお目当ての浄心寺に到着。本堂のすぐとなりに「亀戸事件犠牲者之碑」がありました。

 合掌

 碑の下部には犠牲者の氏名と年令が刻まれていました。
川合義虎 22 加藤高春 27 北島吉蔵 20 近藤慶造 20 佐藤欣司 22 鈴木直一 24 平澤計七 34 山岸実司 20 吉村光治 24
 碑文を転記しておきます。
 1923年(大正12年)9月1日関東一帯を襲った大震災の混乱に乗して天皇制警察国家権力は特高警察の手によって被災者救護に献身していた南葛飾の革命的労働者9名を逮捕、亀戸署に監禁し戒厳司令部直轄軍隊に命じて虐殺した。惨殺の日時場所ならびに遺骸の所在は今なお不明である。労働者の勝利を確信しつつ権力の蛮行に斃れた表記革命戦士が心血をそそいで解放の旗をひるがえしたこの地に建碑して犠牲者の南葛魂を永遠に記念する。
 1970年9月4日 亀戸虐殺事件建碑実行委員会

犠牲者之碑誌
 この犠牲者之碑を建立して23年の歳月を経た。この間研究の努力によって、中筋宇八 24も亀戸事件の犠牲者であることが立証された。当実行委員会は事件70周年記念事業のひとつとして、このことを確認し、碑にとどめる。なお、碑の改修にあたり、碑文等一部を書き改めたことを付記する。
1993年9月5日 亀戸事件追悼会実行委員会
 共産党員渡辺政之輔を指導者とする南葛労働会は川合義虎などの若い組合活動家を擁し、大正末期から悪法反対運動やメーデーの示威運動、亀戸での工場ストライキを指導するなど、果敢な運動を展開していました。亀戸警察署は同会をつねに敵視しており、それがこの虐殺につながったのですね。(『日本の歴史29 労働者と農民』 中村政則 小学館 p.309)

 本日の一枚です。
c0051620_7223333.jpg

by sabasaba13 | 2017-03-20 07:23 | 東京 | Comments(0)