2017年 04月 01日 ( 1 )

虐殺行脚 東京編(20):北の丸公園(16.10)

 この銅像のとなりにあるのが国立近代美術館工芸館、かつての近衛師団司令部庁舎を保存活用したものです。なお関東大震災が発生した直後の午後1時10分、軍事当局は独自の判断から非常警戒令を発し、衛戌常例衛戌勤務令により、東京衛戌司令官がすでに東京地域の警備についていました。東京をおおむね南北に二分して、北を近衛師団、南を第一師団の担当区域として軍事力を展開し、秩序維持に介入していたそうです。
 ここからすこし歩くと、堀に沿ったすこし小高い土手がありますが、こちらには帝都防衛のために1944(昭和19)年に設置された高射砲の台座が七つ残っています。貴重な戦争遺跡ですね。

 本日の二枚です。
c0051620_5504427.jpg

c0051620_5511111.jpg

by sabasaba13 | 2017-04-01 05:51 | 東京 | Comments(0)