2017年 04月 04日 ( 1 )

虐殺行脚 東京編(22):安藤記念教会会堂(16.10)

 そして韓国大使館のある坂をすこしのぼると、日本基督教団安藤記念教会会堂に着きました。竣工は1917(大正6)年、設計は吉武長一、蔦のからまる塔屋とステンドグラスが印象的です。解説板を転記します。
 この教会堂は、関東大震災前に竣工してその姿を留めている貴重な教会建築である。大谷石(一部小松石)の組積造で、南西の角に出入口の塔屋を設けている。建物の北と南の壁画には小川三知が製作したステンドグラスが嵌め込まれている。この教会の創立者安藤太郎がハワイ総領事であったことから、南面のアーチ窓のステンドグラスには、布哇(ハワイ)初回受洗者を記念する文字が日本語と英語で表わされている。
 へー、小川三知が製作したステンドグラスがあるのか。これも偶然の出会いです。しかし残念なことに礼拝のため入ることができませんでした。無念、再訪を期しましょう。

 そして麻布十番駅へと戻りますが、途中に老舗の和菓子屋が点在していました。山ノ神へのお土産に、「豆源」で「豆好み」を購入。
c0051620_7541975.jpg

 本日の二枚です。
c0051620_7544530.jpg

c0051620_755689.jpg

by sabasaba13 | 2017-04-04 07:56 | 東京 | Comments(0)