2017年 09月 07日 ( 1 )

近江編(28):東華菜館(15.3)

 二十分ほど歩いて阪急桂駅まで戻り、駅前にあった「ポデスタコーヒー」でロイヤル・ディッシュをいただきました。嬉しいことに全席で喫煙が可能、愛煙家の小生としては助かります。
c0051620_6215547.jpg

 最近、煙草を吸っていると白眼視される傾向がより強くなり、身の置き場がありません。もちろん、煙に害があることは十二分にわかっておりますし、できる限りの配慮もしています。自己弁護の余地はないことを承知のうえで言いたいのは、人体に害をもたらすものは煙草の煙だけではないということです。『同調圧力メディア』(森達也 創出版)から引用します。
 あるいはさまざまな健康被害をもたらすとして「狂った油」と呼ばれるトランス脂肪酸は、アメリカのマクドナルドでは使用中止を発表したが、日本マクドナルドは今もポテトフライに使っている。だからマクドナルドのポテトフライはなかなか腐らないらしい(試したことはないけれど)。
 問題は店のレベルだけではない。モンサントの遺伝子組み換え作物やミツバチが大量死するネオニコチノイド系農薬フィプロニルは、ほぼヨーロッパからは締め出されているが、日本では規制されていない。(p.176~7)
 なぜこうした油や農薬を規制しないのか。あるいは自動車の排気ガスや工場などから排出される物質などは、煙草の煙よりも害が少ないのか。そして何よりも、福島原発事故で排出された放射性物質、原発稼働によって日常的に排出される放射性物質の危険性はどうなのか。これを明らかにせず、喫煙者のみを攻撃するのは片手落ちだと思います。

 閑話休題。紫煙をくゆらしながら珈琲を味わい、これからの行程を確認しました。修学院離宮の参観集合時間は午後三時、あと四時間ちょっとあります。当初の予定通り、伏見に行って、近代化遺産である月見館本館、平戸樋門、近鉄澱川橋梁、三栖閘門、そして寺田屋を見物することにしました。桂駅から阪急京都線に乗って河原町駅へ、ここで地上に出て徒歩で京阪本線祇園四条駅に向かいます。鴨川のほとりにある、スパニッシュスタイルで様々な装飾が魅力の東華菜館はヴォーリズ設計だったのですね。昨日知りました。四条大橋を渡って出雲阿国像を撮影、向かいにあるレストラン「菊水」はかねがね気になっていた料理店です。いつかここで食べてみたいな。
c0051620_6223081.jpg

 本日の一枚は、東華菜館です。
c0051620_623118.jpg

by sabasaba13 | 2017-09-07 06:24 | 近畿 | Comments(0)