2017年 12月 05日 ( 1 )

近江編(53):彦根(15.3)

 彦根駅近くには「自衛隊滋賀地方協力本部 彦根地域事務所」「自衛隊ショールーム」がありましたが、自衛隊については過去の記事をご笑覧ください。「社会貢献も、国際貢献も、平和をめざす私たちの大切なテーマです」「平和を愛する人が欲しい」というスローガンが空しく響きます。♪The answer my friend is blowin' in the wind.♪

 彦根駅前には井伊直政公像がありました。
c0051620_7161044.jpg

 解説文を転記します。
 永禄4年(1561年)現在の静岡県井伊谷に生まれ、幼少の頃から文武両道に励み、慶長5年(1600年)に徳川四天王の一人として天下分け目の合戦で知られる関ケ原の戦で功をあげ、石田三成の居城であった佐和山城を与えられ、18万石の大名となった。
 その後、城を現在の彦根山へ移そうとしたが、同7年(1602年)41歳で病没し、子らが直政の遺志を受け継ぎ二十年の歳月を費やし元和8年(1622年)彦根城を完成させた。
 こうして、彦根三十五万石初代藩主井伊直政公は、今日の彦根市発展の礎を築いたのである。
 えーと、たしかNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の主人公、井伊直虎の養子となって井伊家を継いだ方ですね。この手の歴史ドラマにはまったく食指が動かないのでどうでもいいのですが。それにしてもNHK大河ドラマは、権力に抗ったひとびと、例えば田中正造幸徳秋水布施辰治をとりあげませんね。当然と言えば当然ですが。
by sabasaba13 | 2017-12-05 07:20 | 近畿 | Comments(0)