カテゴリ:東京( 196 )

虐殺行脚 東京編(24):鎌倉橋(16.10)

 そして十数分歩くと、無粋な首都高速道路の下にうずくまる鎌倉橋に到着です。
c0051620_6244954.jpg

 解説板があったので転記します。
 日本橋川に架かり、大手町一・二丁目から内神田一・二丁目に通じる橋で、外堀通りにあります。関東大震災の復興橋の一つで、昭和4年(1929)4月25日の架橋で、長さ30.1m、幅22.0mのコンクリ-ト橋です。名前の由来は、江戸城を築くときに鎌倉から石材をここの河岸(内神田寄り)に陸揚げしたので、この河岸を鎌倉河岸と呼んだことによります。
 また、この鎌倉橋には、日本本土土市街地への空襲が始まった痕跡が残っています。欄干には、昭和19年(1944)年11月の米軍による爆撃と機銃掃射の際に受けた銃弾の跡が大小30個ほどあり、戦争の恐ろしさを今に伝えています。
 へえー、これも関東大震災の復興橋なんだ。復興橋と言えば隅田川にかかる相生、永代、清洲、両国、蔵前、厩、吾妻、言問が有名ですけれど、こんなところで人知れず佇み暮らしを支える復興橋もあるのですね。
 欄干を見ると、多数の弾痕を視認することができました。窪みをなでて、飛来した戦闘機から機銃掃射を受ける恐怖をすこし体感。対抗措置のない、非対称的な戦闘ですね。ただ逃げまどい、殺戮されるのみ。もし自分の大切な人がこうした理不尽な攻撃によって殺され、しかも"付随的被害"として片づけられたとしたら…"やや遠き ものに思ひしテロリストの 悲しき心も 近づく日のあり"です。
 それにしても、景観を粉微塵に破壊する、この無様な首都高速道路は何とかならんものですかねえ。最近読んだ『東京都市計画の遺産 -防災・復興・オリンピック』(越澤明 ちくま新書1094)の中に、次の一文がありました。
 オリンピック開催に間に合うよう、整備されたインフラの一つが首都高速道路である。今日では、景観破壊の代名詞となったのが、日本橋の上を通過する首都高である。しかし、オリンピック組織委員会の会報では、誇らしげに、首都高の完成予想図を表紙に使用している。数十年経過すると価値観が変わるという良い実例が、首都高と日本橋である。
 東京に首都高速道路が必要であったことは疑いの余地がない。しかし、東京オリンピック時に実行された首都高の建設方式は、江戸以来の掘割や河川を無造作に転用し、隅田公園や神宮外苑連絡道路など貴重な緑を潰した。そのやり方があまりに粗雑であり、水や緑を軽視したのは、紛れもない事実である。(p.209~10)
 越澤氏は、無差別爆撃で焼跡となった東京を復興する事業(戦災復興事業)に、当時の都知事・安井誠一郎が不熱心であったと指摘されています。同書によると、道路の拡張などを盛り込んだしっかりとした計画はあったそうです。しかし安井都知事の判断で、計画実現のための財政支出は大幅にカット。もしこの時に計画を実行していれば、交通量の増加に対して充分に対応できたのではないでしょうか。そしてオリンピックに向けて、美しい掘割や公園を台無しにするような、粗雑な高速道路網を手っ取り早くつくってしまう。やるべき時にやらず、やるとなったら手を抜く、そういう都知事でした。広島市の平和通りや仙台市の定禅寺通りは、戦災復興事業として知事の判断でつくられたそうです。東京でも充分に可能だったはずなんですが。
 そして安井誠一郎は公選による初めての都知事ですから、これは都民の意思でもあります。その後も、都民はあの石原慎太郎を三選させてしまうのですね。やれやれ、と溜息をつきながら帰途につきました。

 本日の二枚です。
c0051620_6251589.jpg

c0051620_6253775.jpg

by sabasaba13 | 2017-04-06 06:26 | 東京 | Comments(0)

虐殺行脚 東京編(23):日本工業倶楽部(16.10)

 そして麻布十番駅から都営地下鉄12号線に乗って大門へ、山手線の浜松町駅へと歩き山手線に乗り換えて東京駅へ。東京駅から北に向かって歩きます。ここに来るとついつい足が向いてしまう日本工業倶楽部へ行き、上部に設置されている工夫と女工に最敬礼。
c0051620_6261714.jpg
 『日本の歴史28 ブルジョワジーの群像』(安藤良雄 小学館)から引用します。
 明治30年代以降、工業の発展にともなって工業経営者、とくに大工業の経営者の団結の必要が説かれ、33年に「工業倶楽部」(のちに日本工業協会)が設立されたが、この段階ではまだ政府にたいする民間の連絡機関的性格が強かった。しかしながら大正6年、三井・三菱等の大財閥のバックアップのもとに、大橋新太郎(出版社博文館・共同印刷の前身であった博文館印刷所を創設)、和田豊治(富士瓦斯紡社長)、植村澄三郎(札幌麦酒の創設者)、諸井恒平(秩父セメントの創設者)、藤原銀次郎(三井の重鎮で王子製紙社長・のち商工大臣)らによって「日本工業倶楽部」が設立され、その初代理事長には三井財閥の最高指導者(合名理事長)団琢磨が就任した。なおこの日本工業?楽部は「製鉄業保護意見書」の提出ほか、税制・労働問題について活発な行動をおこなった。いまも東京丸の内にある日本工業?楽部の建物にかかげられている炭鉱夫と紡績女工の像は、日本工業倶楽部の象徴として有名であるが、これは石炭業と紡績業が日本の工業を代表していた時期のなごりである。(p.232)
 途中で、竹中工務店が工事をしているビルがありました。「想いをかたちに 未来へつなぐ」というスローガンがかかげられていましたが、たしか竹中工務店は朝鮮人強制労働に関係していたような気がします。今、インターネットで調べると、歴史研究家の竹内康人氏が作成された「朝鮮人強制労働現場一覧」がありました。どれどれ、検索をかけてみたら四つの事例がわかりました。
鏡石飛行場建設 竹中工務店 飛行場建設 福島 鏡石町
日本光学南工場(竹中工務店) 土木建設 神奈川 横浜市戸塚
三菱重工静岡工場・竹中工務店 土木建設 静岡 静岡市
竹中工務店大村 軍工事 長崎 大村市
 朝鮮人・中国人強制連行によって、日本企業がどれくらいの利益を得たのか。またこの問題に対する綿密な調査、被害者への謝罪や補償はどうなされたのか、あるいはどうなされなかったのか。関東大震災時における虐殺と同様、これも"語られなかった歴史"です。私も勉強しなければと一念発起、てはじめに『日本企業の戦争犯罪』(古庄正・田中宏・佐藤健生他著 創史社)を購入しました。その近くにあった、立派な時計塔のあるビルを撮影。今インターネットで調べてみたら、大手町野村ビルでした。
c0051620_6264575.jpg

 佐藤功一設計によって1932年に竣工されたビルのファサードと時計塔を保存しつつ、1994年に高層ビルが建設されたそうです。佐藤功一といえば、早稲田大学に建築科を創設した建築家ですね。代表作は、大隈記念講堂、鶴舞公園普選壇群馬県庁舎日比谷公会堂群馬会館などです。
by sabasaba13 | 2017-04-05 06:27 | 東京 | Comments(0)

虐殺行脚 東京編(22):安藤記念教会会堂(16.10)

 そして韓国大使館のある坂をすこしのぼると、日本基督教団安藤記念教会会堂に着きました。竣工は1917(大正6)年、設計は吉武長一、蔦のからまる塔屋とステンドグラスが印象的です。解説板を転記します。
 この教会堂は、関東大震災前に竣工してその姿を留めている貴重な教会建築である。大谷石(一部小松石)の組積造で、南西の角に出入口の塔屋を設けている。建物の北と南の壁画には小川三知が製作したステンドグラスが嵌め込まれている。この教会の創立者安藤太郎がハワイ総領事であったことから、南面のアーチ窓のステンドグラスには、布哇(ハワイ)初回受洗者を記念する文字が日本語と英語で表わされている。
 へー、小川三知が製作したステンドグラスがあるのか。これも偶然の出会いです。しかし残念なことに礼拝のため入ることができませんでした。無念、再訪を期しましょう。

 そして麻布十番駅へと戻りますが、途中に老舗の和菓子屋が点在していました。山ノ神へのお土産に、「豆源」で「豆好み」を購入。
c0051620_7541975.jpg

 本日の二枚です。
c0051620_7544530.jpg

c0051620_755689.jpg

by sabasaba13 | 2017-04-04 07:56 | 東京 | Comments(0)

虐殺行脚 東京編(21):善福寺(16.10)

 そして竹橋駅へと戻り、地下鉄東西線に乗って飯田橋へ、地下鉄南北線に乗り換えて麻布十番駅に到着です。めざすは港区元麻布2-14-16にある日本基督教団安藤記念教会会堂。印刷して持参した地図を片手にてくてくと歩いていると善福寺の門前に着きましたが、こちらに「柳の井戸」がありました。解説板によると、東京の市街地では珍しい地下から湧き出る清水で、関東大震災や東京空襲の時に区民の困苦を救ったということです。境内に行くと、「東京都指定旧跡 最初のアメリカ公使館宿館跡」という解説板がありました。
c0051620_6293310.jpg

 後学のために転記します。
 安政5年(1858)6月に締結された日米修好通商条約により、それまで下田にいた総領事ハリスを公使に昇格させ、安政6年(1859)善福寺をアメリカ公使館として8月に赴任します。当時の宿館としては、奥書院や客殿の一部を使用していましたが、文久3年(1863)の水戸浪士の焼き討ちで書院などを消失したため、本堂、開山堂なども使用しました。明治8年(1875)に築地の外国人居留地へ移転します。当時の建物は戦災で焼失しています。
 寺には「亜墨利加ミニストル旅宿記」(港区指定文化財)が残されており、外国公使館に使用された寺の実態がよく伝えられています。
 そのそばには、タウンゼント・ハリスのモニュメントが置かれています。こういう予想外の物件に偶然出会えるのが散歩の楽しみのひとつですね。また樹齢750年以上と推定されるイチョウの巨樹もありました。

 本日の二枚です。
c0051620_6295880.jpg

c0051620_6302646.jpg

by sabasaba13 | 2017-04-03 06:31 | 東京 | Comments(0)

虐殺行脚 東京編(20):北の丸公園(16.10)

 この銅像のとなりにあるのが国立近代美術館工芸館、かつての近衛師団司令部庁舎を保存活用したものです。なお関東大震災が発生した直後の午後1時10分、軍事当局は独自の判断から非常警戒令を発し、衛戌常例衛戌勤務令により、東京衛戌司令官がすでに東京地域の警備についていました。東京をおおむね南北に二分して、北を近衛師団、南を第一師団の担当区域として軍事力を展開し、秩序維持に介入していたそうです。
 ここからすこし歩くと、堀に沿ったすこし小高い土手がありますが、こちらには帝都防衛のために1944(昭和19)年に設置された高射砲の台座が七つ残っています。貴重な戦争遺跡ですね。

 本日の二枚です。
c0051620_5504427.jpg

c0051620_5511111.jpg

by sabasaba13 | 2017-04-01 05:51 | 東京 | Comments(0)

虐殺行脚 東京編(19):竹橋(16.10)

 そして両国駅から都営地下鉄12号線に乗って門前仲町へ、地下鉄東西線に乗り換えて竹橋駅に着きました。地上に出ると、すぐ目の前にあるのが毎日新聞社、そして竹橋です。1878(明治11)年8月23日、橋西詰にあった近衛砲兵大隊竹橋部隊を中心とした反乱兵計259名が山砲2門を引き出して蜂起、いわゆる「竹橋事件」の舞台となったところです。
c0051620_8234829.jpg

 国立近代美術館・国立公文書館を通り過ぎてすこし歩くと、北白川宮能久親王の銅像がありました。
c0051620_82496.jpg

 たまたま最近読み終えた『日本を問い直す -人類学者の視座』(川田順造 青土社)の中に、この人物に関する一文がありましたので紹介します。
 彰義隊の側で戦った人の子孫で、谷中と桜木に住む、今は故人となられた二人から、私はお話を聞く機会があった。その一人、上野桜木の代々の鳶の頭「れ組」総代の方のお祖父さんは、"上野の戦い"のとき北門を固めた。戦い破れ、折からの五月雨の中を、寛永寺の法親王住職だった公現入道親王、輪王寺の宮を、三河島から田舟に乗せ、品川経由で仙台に逃がす案内を務めたという。
 公現入道親王は、その後仙台藩の伊達家のものに身を寄せ、奥羽越列藩同盟の盟主に擁立された(東武天皇として践祚したという説もある)が、明治元年九月、仙台藩は新政府軍に降伏。親王は京都に蟄居を申しつけられたが、翌年処分を解かれて伏見宮家に復帰。明治天皇の命により還俗して伏見満宮となったが、後に北白川家を相続した。
 明治三年から陸軍軍人としてプロイセンに留学中、ドイツ貴族の未亡人ベルタと婚約し、現地の新聞に発表したため、日本で大問題となる。明治一〇年に帰国し、岩倉具視の説得で、ドイツでの婚約を破棄させられ、またもや京都で謹慎。
 日本で最初の妻とは離婚、伊達宗徳(むねえ)の娘と再婚して、後に張家口で軍務中事故死を遂げた北白川宮永久親王の父となる三男成久王など、多くの子に恵まれる。その後軍務に励んで中将に昇進し、日清戦争後日本に割譲された台湾征討近衛師団長として出征して台湾南部で死。死因はマラリヤとされているが、台南では、台湾人による暗殺説も流布されている。大将に昇進して国葬。台北に台湾神社、終焉の地には台南神社が創建され、その他台湾各地に創建された神社のほとんどで、主祭神とされた。
 戦後、これら台湾の神社がすべて破却されたため、昭和三二年東京の靖国神社に合祀された。靖国神社に祀られた最初の皇族として、やはり靖国に祀られている孫の北白川宮永久王とともに、遊就館の展示でも重視されている。(p.255~6)
 なかなか波瀾万丈の人生を送った方なのですね。

 本日の一枚です。
c0051620_8243593.jpg

by sabasaba13 | 2017-03-31 08:25 | 東京 | Comments(0)

虐殺行脚 東京編(18):横網町公園(16.10)

 「東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑」というモニュメントに合掌して先へ進むと「朝鮮人犠牲者追悼碑」があります。
c0051620_6252070.jpg

 合掌

 碑文を転記します。
 この歴史を永遠に忘れず在日朝鮮人と固く手を握り、日朝親善・アジア平和を打ちたてん 藤森成吉

一九二三年九月発生した関東大震災の混乱のなかで、あやまった策動と流言蜚語のため六千余名にのぼる朝鮮人が尊い生命を奪われました。
私たちは、震災五十周年をむかえ、朝鮮人犠牲者を心から追悼します。
この事件の真実を識ることは不幸な歴史をくりかえさず、民族差別を無くし、人権を尊重し、善隣友好と平和の大道を拓く礎となることを信じます。思想、信条の相違を越えて、この碑の建設に寄せられた日本人の誠意と献身が、日本と朝鮮両民族の永遠の親善の力となることを期待します。
一九七三年九月
関東大震災朝鮮人犠牲者
追悼行事実行委員会
 一読、「あやまった策動と流言蛮語」を誰がおこしたのか、そして誰の手によって「六千余名にのぼる朝鮮人が尊い生命を奪われ」たのかを明記していないことに気づきます。「不幸な歴史をくりかえさ」ないためには、加害責任が誰にあるのかをはっきりさせなければ、そして謝罪と補償を行わなければいけないのに。さらに言えば、日本政府は今に至るまで事実の調査と真相の究明にまったく手を付けていないことを思うと暗然とします。

 この公園を訪れて気になったことを二つ、追記します。
 ひとつめ。関東大震災の犠牲者と東京空襲の犠牲者を同じ場所で追悼してよいものかということ。前者には、天災によるもの、人災(虐殺)によるものがあり、後者は明らかにアメリカ軍による人災(無差別爆撃)です。東京空襲を天災の如くあつかうことによってアメリカの戦争犯罪を免責し、ひいてはアジアに対する日本の戦争責任も免責してもらおうとする腹なのでしょうか。
 ふたつめ。ここで追悼される空襲の犠牲者の中には、大震災時に朝鮮人を虐殺した方が含まれている可能性があるということ。やはり二つに分けた追悼の施設が必要だと考えます。

 本日の二枚です。
c0051620_6254745.jpg

c0051620_6261140.jpg

by sabasaba13 | 2017-03-30 06:27 | 東京 | Comments(0)

虐殺行脚 東京編(17):横網町公園(16.10)

 それでは公園内を見学しましょう。南門から入ると幽冥鐘と鐘楼がありました。解説板を転記します。
 この梵鐘は、関東大震災により遭難した死者を追悼するため、中国仏教徒から寄贈されたものです。
 震災の悲惨な凶報が伝わった中国では、杭州西湖の招賢寺及び上海麦根路の玉仏寺で、それぞれ念仏法要が営まれ、中国在留の同胞に対しても参拝を促しました。
 また、各方面の回向が終わった後は、「幽冥鐘一隻を鋳造して、之れを日本の災区に送って長年に亘って撃鐘し、此の鐘声の功徳に依って永らく幽都の苦を免れしめむ」と宣言しました。
 その後、中国国内で鋳造し、杭州から上海、横浜経由で大正14(1925)年11月1日、記念堂建設地(横網町公園)に運ばれました。
 この鐘を安置する鐘楼は、昭和5年(1930)年8月31日に現在地に完成し、同年10月1日「梵鐘始撞式」を行いました。なお、これら一連の事業の遂行にあたっては、上海の王一亭氏の特段のご尽力がありました。
 王希天をはじめ、多くの中国の方々も虐殺されたというのに… その厚情には感謝するしかありません。
c0051620_630451.jpg

 そして正面に伊東忠太設計の東京都慰霊堂(震災記念堂)が見えてきます。

 合掌

 右手にある重厚な建物は復興記念館、東京の復興事業を記念するため、東京都慰霊堂の付帯施設として1931(昭和6)年に建てられました。内部に、震災被害資料と東京大空襲による戦災関係資料等を展示してあります。その横の屋外には、関東大震災によって溶解した車両や建造物などが野外展示されています。
c0051620_6304081.jpg

 本日の一枚です。
c0051620_631540.jpg

 追記。復興記念館を設計したのは伊東忠太と佐野利器(としかた)であることがわかりました。震災後の東京復興に尽力した建築家ですね。最近読んだ『世界史としての関東大震災』(関東大震災80周年記念行事実行委員会編 日本経済評論社)に、次の一節がありました。
 佐野利器が指導した東京市建築局の復興建築は、病院、卸売市場、区役所、小学校(117校)など多岐にわたった。そのなかで最も重要な意味をもっていたのは、地域のコミュニティの中心として小学校とそれに隣接した小公園をつくり、しかも都市不燃化のシンボル・拠点として鉄筋コンクリート造の立派な建物として小学校を新築したことである。教育局は小学校に水洗便所や暖房は贅沢だといい、また畳を敷いた作法室を設けるよう強く主張した。これに対し、佐野は「水洗便所は小学校内の衛生ということだけでなく、子供を通して市民の衛生思想を高めたい」と譲らなかった。また、作法室についても、「今日は理科教育と公民教育とが一番大切だ。理科教室なら工夫して整備しよう。今はお辞儀の稽古の時代ではない」と。このように、東京の復興小学校のモダンな設計と水洗便所には、佐野の近代合理主義が体現されている(越沢明 『東京の都市計画』 岩波新書、1991年)。(p.118)

by sabasaba13 | 2017-03-29 06:32 | 東京 | Comments(0)

虐殺行脚 東京編(16):横網町公園(16.10)

 そして両国駅から数分歩くと、被服廠跡、現在は横網町公園に到着です。ここで何が起こったのか、『関東大震災 記憶の継承』(関東大震災90周年記念行事実行委員会編 日本経済評論社)所収の『第7章 震災遭難児童弔魂像の建立と関東大震災の「記憶」』(椎名則明)から引用します。
 関東大震災で最も多くの人的被害を出した地域は、東京府本所区横網町一丁目(現・東京都墨田区横網町二丁目、横網町公園一帯)の被服廠跡であった。本所区では、17か所から出火し、海上から吹きつけた強い南風を受けて、瞬く間に密集する木造家屋を焼き払った。
 炎に煽られた近隣住民は多くの手荷物を持ち、あるいは大八車に家財道具を満載にして逃げまどい、隅田川西端に面した被服廠跡に殺到した。これより以前の1919(大正8)年に陸軍被服廠は赤羽に移転していたため、二万坪を超える広大な更地となっていたこの地は格好の避難場所と考えられ、地元の相生警察署員も罹災者を誘導した。
 こうして一旦は安堵の地を得た罹災者であったが、午後四時頃に敷地の三方から発生した火災旋風が罹災者の持ち込んだ荷物に引火し、敷地内に立錐の余地もなく密集した状態で避難していた約四万人の罹災者は逃げ場を失い、3万8000人余が焼死、または蔓延した一酸化炭素によって窒息死した。江戸時代よりすでに災害時に多くの荷物を持ち出すことの危険性は指摘され、これを禁ずる法令も出されていたが、その教訓は活かされることはなかった。
 東京市は市内で最も悲惨を極めた被服廠跡を震災犠牲者の弔祭場とすることとし、1923(大正11)年10月、仮納骨堂を建設した。このため東京市は以前に策定していた造園計画を大幅に変更して、24年2月、中央に震災記念堂を置く公園の設計案を作成し、市議会の承認を得た。
 また、東京市は震災から一年を迎えた同年9月1日、大震災善後会と震災同情会の寄付金五万円を基金として、東京震災記念事業協会を組織し、広く一般から寄付金を募集するとともに、翌年7月には伊東忠太らによる震災記念堂の設計案を採用し、1930(昭和5)年8月の落成を予定した。(p.93~4)

 1951(昭和26)年9月、震災記念堂は被服廠跡や市内各所で火葬された遭難者約5万8000人の遺骨に加えて、アジア・太平洋戦争の都内戦災遭難者約10万5400人の遺骨も安置し、名称を東京都慰霊堂と改めた。ここで毎年、関東大震災が発生した9月1日と東京大空襲が実施された3月10日に犠牲者追悼の法要が営まれている。(p.104)

 本日の一枚です。
c0051620_6273084.jpg

by sabasaba13 | 2017-03-28 06:28 | 東京 | Comments(0)

虐殺行脚 東京編(15):両国(16.10)

 さて、そろそろ小腹がへったので、地元資本の喫茶店でモーニング・サービスを食したいところですが…見当たりません。せんかたなし、駅前にあった「EXCELSIOR CAFFE」に入ってモーニング・サービスをいただきました。珈琲を飲みながら、さきほど「亀戸梅屋敷」の塀に置いてあったチラシを拝見。
c0051620_724167.jpg
 東日本大震災から5年。復興への長い道のりを覚悟しながらも、必死に立ち上がり、前を向いて力強く歩き出す人々の物語。
 原発を受け入れ。原発と共に生き。そして原発に故郷を追われた人々。その故郷を悼む、悲しき挽歌。
 差別、人権と人命の軽視という点で、朝鮮人虐殺と原発事故はつながっていると思います。そしてマイノリティをいたぶって己を強く見せ、ストレスを発散させるところも。最近報道される、原発事故から避難してきた子どもたちへの「いじめ」を見ても、この虐殺事件の真相究明と責任追及、謝罪と補償を怠ってきたつけがまわってきているのではないでしょうか。犠牲者がいないと稼働しない日本というシステム。いつまで続ける気なのでしょう。

 JR亀戸駅から総武線に乗って両国駅へ、横網町公園へ向かいます。途中に、「置いてけ堀・御竹蔵跡」という解説板があったので、後学のために転記します。
 この辺りには、幕府の資材置き場だった御竹蔵があり、その周りには掘割がありました。
 ある日、町人がこのあたりの堀で釣りをしたところ、たくさん魚が獲れたので、気を良くして帰ろうとすると、堀の中から「置いてけ!」という怪しい声がしました。逃げるように家に帰って、恐る恐る魚籠をのぞくと、釣れた魚が一匹も入っていませんでした。
 これが、本庄七不思議の一つ、「置いてけ堀」の話です。話の内容や場所には諸説があり、置いてけ堀は「錦糸堀」との説もあります。作られたのは寛政年間(1789~1801)といわれ、七つ以上の話が伝えられています。
 インターネットで調べたところ、あとの六つは、送り提灯、送り拍子木、消えずの行灯、足洗い屋敷、片葉の葦、狸囃子だそうです。津軽の太鼓と落葉なき椎を入れる説もあるとのことでした。
c0051620_7242996.jpg

by sabasaba13 | 2017-03-25 07:25 | 東京 | Comments(0)