カテゴリ:言葉の花綵( 153 )

言葉の花綵153

 亡国に至るを知らざれば之れ即ち亡国 (田中正造)

 ほんとうのことを知らないというのは、戦争に賛成しているのと同じことだったのよ。わたしは、吉二を戦争で死なせた罪があるの。「無知の罪」という罪が、ね。(米田ひさ)

 これが日本であったら、人の心も知らないやつだといって、たたき殺されるような深い憤怒と悲哀のなかで、彼は私に「ここを写せ!」と叫ぶのです。「このおれを撮れ!」と迫るのです。そして、これこそ戦争をやめさせる最大の力であり、そのような民衆のいるかぎり、かならず平和はかちとられるという確信を、私はもつことができました。(岡村昭彦)

 ベトナム戦用の枯葉剤を米軍に納めていたアメリカの化学企業ダウ・ケミカル社は、国内向けの缶入り除草剤には次のような注意書きをつけていた。「この薬品はかならず子どもやペットの手の届かないところに置いて下さい。また、他の目的で家事に用いたり、灌漑用水を汚染したり、飲んだりしてはいけません」―と。これを(対人)散布しながら、米軍は除草と言いはったのである。生きている人間の価値はペットよりも低くみなされたのだ。(中村梧郎)

 戦争は人を不道理になすのみならず、彼を不人情になします。戦争によって、人は敵を憎むのみならず、同胞をも省みざるに至ります。人情を無視し、社会をその根底において破壊するものにして戦争のごときはありません。戦争は実に人を禽獣化するものであります。(内村鑑三)

 武具は市民服に従うべし。月桂冠は文民の誉れに譲るべし。(キケロ 『義務について』)

 常備軍は時とともに全廃されるべきである。…さらに常備軍について考えねばならぬことは、殺すために、あるいは殺されるために雇われるというのは、人間がほかのものの手で(たとえそれが国家であるとしても)単なる機械や道具として使用されることを含んでいるように思われるということである。しかし、そのような使用は我々の人格がもつ人間性の権利と一致するはずがないのである。(イマヌエル・カント 『永遠の平和のために』)

 「安らかに眠って下さい。過ちは繰返しませぬから」と。
 あやまち? ほんとうにそれは過失だったのか。また、いったい何があやまちなのか。アメリカが原爆を投下したことか。日本が中国を侵略したことか。米英蘭に宣戦を布告したことか。それとも客観的に、十五年戦争の発端となった満州事変の謀略であるか。…それらすべてが国家的確信犯罪でなくて過失だったというのか。(高橋和巳 『孤立無援の思想』)
by sabasaba13 | 2017-02-13 08:09 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵152

 金持ちどもが戦争をするとき、死んでいくのは貧乏人なのだ。(『悪魔と神』 ジャン・ポール・サルトル)

 戦争とは、たえまなく血が流れ出ることだ。そのながれた血が、むなしく 地についこまれてしまふことだ。…瓦を作るように型にはめて、人間を戦力としておくりだすことだ。…十九の子供も 五十の父親も 一つの命令に服従して、左をむき 右をむき 一つの標的にひき金をひく。敵の父親や 敵の子供については 考へる必要は毛頭ない。それは、敵なのだから。(『戦争』 金子光晴)

 たった一つのローソクなどと考えてはなりません。すべての人が自分のローソクに火を灯せば、真っ暗な夜を明るい昼に変えることができるのです。(オグ・マンディーノ)

 戦争は決して地震や津波のような天変地異ではない。(石川啄木)

 人間の特性である「考える」という作業を、軍隊生活では必要としない。(枡田幸三)

 いまの戦争が、単に少数階級を利するだけで、一般国民の平和をかきみだし、幸福を損傷し、進歩を阻害する。きわめて悲惨な事実である…。しかも事がここにいたったのは、野心ある政治家がこれを唱え、功を急ぐ軍人がこれを喜び、ずるがしこい投機師がこれに賛成し、そのうえ多くの新聞記者がこれに付和雷同し、競争で無邪気な一般国民を扇動教唆したためではないのか。(幸徳秋水 『平民新聞』 1904.3.27)

 放っておけば富む者はさらに富み、貧困者はますます貧困になるのは自然なことで、それを是正するために国が機能するという精神が、この国にはないということだ。(高村薫)

 異国の者にも同国の者にも、分けへだてなく、正しい裁きを下し、正義の道を踏み外さぬ者たちの国は栄え、その国の民も花開くごとくさきわうものじゃ。国土には若者を育てる「平和」の気が満ち、遥かにみはるかすゼウスも、この国には、苦難に満ちた戦争を起こさせようとは決してなさらぬ。(ヘシオドス 『仕事と日』)

 一度戦争が起これば問題はもはや正邪曲直善悪の争いではなく、徹頭徹尾、力の争い、強弱の争いであって、八紘一宇とか東洋永遠の平和とか、聖戦だとかいってみても、それはことごとく空虚な偽善である。(斎藤隆夫)

 平和より戦争をえらぶほど無分別な人間がどこにおりましょうや。平和の時には子が父の葬いをする。しかし戦いとなれば、父が子を葬らねばならぬのじゃ。(ヘロドトス 『歴史』)
by sabasaba13 | 2017-01-20 06:25 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵151

 ♪つんつくつくつくつん つんつくつくつくつ ひゃらー♪

 迎春

 ふつつかで粗忽なブログですが、今年もよろしくお願いします。


 喜びを与える喜び、それもまた友情の意味ではないですか。(エリック・ホッファー)

 われわれはほぼすべてを失った。国家、経済、われわれの物理的存在のための確かな条件を。そしてさらに悪いことには、われわれみなを結びつける有効な規範、道徳的品位、国民としての統一的な自己意識を。だがわれわれが生きているということは、何か意味をもつはずだ。われわれは無から立ち上がるのだ。(カール・ヤスパース)

 私は原子爆弾の爆発このかた、これまでよりいっそう不気味で恐ろしい気持がします。なんという危険なおもちゃを、世界を支配するこの愚者どもが手にしていることか。(ハンナ・アーレント)

 戦争だ。ウソが始まる。(ヘティ・バウアーの父)

 死んだ人たちの分まで、私たちは生きなければ、いけないのです。過去は変えることができません。でも、末来を変えることはできます。(某高校生)

 人間にとってもっとも得意とするのは忘却で、不得意なのは想像力だ。(unknown)

 理想的兵士はいやしくも上官の命令には絶対に服従しなければならぬ。絶対に服従することは絶対に責任を負わぬことである。すなわち、理想的兵卒はまず無責任を好まなければならぬ。(『侏儒の言葉』 芥川龍之介)

 思うてもみて下さい。あるヤクザ集団が50丁のピストルを用意したとか、百ふりの日本刀を掻き集めたとか聞きつけると、治安当局は"凶器準備集合罪"として、時をおかずパクリに行きます。なのに同じことが"国家"の名でやられると、軍備として容認されるどころか、ホメラレたり、ウラヤマシがられたり、また、ジマンだったり。このペテン、私にはがまんなりません。(住井すゑ)

 戦争は人と人との関係ではなくて、国家と国家の関係なのであり、そこにおいて個人は、人間としてではなく、市民としてでさえなく、ただ兵士として偶然にも敵となるのだ。祖国を構成するものとしてでなく祖国を守るものとして。要するに、それぞれの国家が敵とすることができるのは、ほかの諸国家だけであって、人々を敵とすることはできない。(『社会契約論』 ジャン・ジャック・ルソー)
by sabasaba13 | 2017-01-01 07:14 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵150

 人間を信頼することで、初めて公共的領域への冒険が可能になる。(カール・ヤスパース)

 あいつらは他の人間より劣っていると思われている。それを忘れるためには、見下げる相手が必要なんだ。(『MASTERキートン』)

 負けの数が多いほど勝った時の喜びは大きいんだ。(『MASTERキートン』)

 富とは、一人の者の手に帰した多数の者の貯蓄である。(ユージーン・デブズ)

 私が望むのは、考えることで人間が強くなることです。危機的状況にあっても、考え抜くことで破滅に至らぬよう。(『ハンナ・アーレント』)

 敗れた大義はカトーを喜ばせる。(ハンナ・アーレント)

 彼女は理解するために書く。(矢野久美子)

 都市は変わってもいいが/あんたが変わるのは許さない/石には話しかけるが/あんたのことは殺そうと思う/あんたは生きてはならない/どんな嘘を信じるはめになるにせよ/あんたが過去に存在したことはあってはならない (ベルトルト・ブレヒト)

 堅固なものを打ち負かそうとする者は、親切である機会を見逃してはならない。(ヴァルター・ベンヤミン)

 どんな悲しみでも、それを物語に変えるか、それについて物語れば、耐えられる。(アイザック・ディネセン)

 暗い時代に そこでも歌は歌われるだろうか 歌われる 暗い時代について (ベルトルト・ブレヒト)

 もしわれわれが、自分の価値観に従い自分の経験に即して立ち上がらず、自分の確信や感情を犠牲にして、全体主義的制度への協力を一歩踏み出してしまうならば、協力するたびにさらにきつくなる網の目に捉えられてしまい、ついにはそこから自由になることができなくなってしまうのである。(ブルーノ・ペテルハイム)

 独りでいるときこそもっとも独りでない。(カトー)
by sabasaba13 | 2016-12-28 06:14 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵149

 邦に道有るとき、貧しく且つ賤しきは、恥なり。邦に道無きとき、富み且つ貴きは、恥なり。(『論語』)

 はじめに彼等は無視し、次に笑い、そして挑みかかるだろう。そうしてわれわれは勝つのだ。(ガンディー)

 どの社会にとっても、赤ん坊にミルクを与えることほど素晴らしい投資はない。(チャーチル)

 共産党がなくなったらいけないのか? 庶民をだますこと以外、この党にこの国を治めるどんなひけつがあるんだ。(浦志強)

 神は急いでおられない。焦らなくいい。(アントニ・ガウディ)

 民の安寧(salus populi)は至高の法たるべし。(キケロ)

 自由民主主義とは、敵とともに生きる、反対者とともに統治することである。(オルテガ・イ・ガセット)

 弾をこめたピストルは、刑務所の服役者と精神病院の患者以外、だれもが持つべきだ。
 その通りだ。
 公衆衛生に何百万ドルもつぎこむとインフレを誘発する。
 その通りだ。
 武器に何百万ドルもつぎこめばインフレの抑止になる。
 その通りだ。
 右寄りの独裁制は、左寄りの独裁制よりもはるかに、アメリカの理想に近い。
 その通りだ。
 即座に発射することのできる水素爆弾の数が多ければ多いほど、人類は安全になるし、われわれの孫が受け継ぐ世界は幸福になる。
 その通りだ。
 産業廃棄物、とくに核廃棄物は、人体にほとんど害はないので、そういう問題に関してはみんな口をつぐむべきだ。
 その通りだ。
 企業は何をしてもいい。賄賂をもらったり渡したり、環境をほんの少し破壊したり、価格操作をしてもいいし、ばかな客をだましてもいいし、競争入札をやめてもいいし、倒産するときには財務省を襲ってもいい。
 その通りだ。
 貧乏人はどこかで間違いを犯している。そうでなければ、貧乏になるはずがない。したがって、貧乏人の子どもはそのつけを払わなくてはならない。
 その通りだ。
 アメリカ合衆国は国民の面倒をみる必要はない。
 その通りだ。
 自由競争がそれをやってくれる。
 その通りだ。
 自由競争に任せておけば、すべては必然的に正しい方向に進む。
 その通りだ。
 とまあ、すべて冗談だ。(カート・ヴォネガット 『国のない男』)
by sabasaba13 | 2016-10-19 06:26 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵148

 事実の報道が国民の利益を損ねた例を、私は知らない。(『沈黙の艦隊』 ボブ・マッケイ)

 新聞に読まれてはいけない。新聞の裏をみなさい。(『生きて帰ってきた男』 塩清)

 国は経済によって滅びず、敗戦によりてすら滅びない。同義と信を失うことによって滅びるのである。(『生きて帰ってきた男』 ある弁護士)

 いちばん大切なものは希望だ。それがあれば人間は生きていける。(小熊英二)

 人間の存在根拠は、他者や過去との相互作用によってしか得られない。(小熊英二)

 灯台のように孤独だ。(レイモンド・チャンドラー)

 人の心は、その土地にとっていちばん大切なものだ。(村上春樹)

 旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない。(村上春樹)

 勝ちに不思議の勝ちあり
 負けに不思議の負けなし (松浦静山)

 広漠とした宇宙の中では、地球は漆黒の闇に包まれたひとかけらの泡だ。宇宙では名もない存在で、他に助けてくれる人はいない、自分たち以外は。(カール・セーガン)

 野茂がもし世界のNOMOになろうとも君や私の手柄ではない (枡野浩一)

 寝屋を出るよりその日を死番と心得るべし。かように覚悟極まるゆえに物に動ずることなし。これ本意となすべし。(藤堂高虎)

 悪口のまじらない酒盛りなんて、五寸釘を打込まない藁人形みたいなものだ。(川崎洋)

 古人の模倣を通過しない秀れた新しさなるものはありえない。(アナトール・フランス)
by sabasaba13 | 2016-09-28 06:17 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵147

 イギリス人はほかの者たちに活を入れるために、時おり提督を銃殺する。(ヴォルテール)

 統治者は市民の意思をくじくことはないが、それを弱め、ねじ曲げ、方向づける。行動を強いることはまずないが、つねに反対する。ものごとを葬り去りはしないが、生まれないようにする。暴政を行いはしないが、市民を妨げ、骨抜きにし、気力を奪い、情熱を失わせ、当惑させる。そしてついには、一人ひとりの国民を、政府によって注意深く見張られる、臆病で勤勉な動物の群れにおとしめるのだ。(『アメリカのデモクラシー』 アレクシ・ド・トクヴィル)

 人々が互いに働きかけることではじめて、感情と思想は自らを刷新し、心は広がり、人間の精神は発展するのだ。(『アメリカのデモクラシー』 アレクシ・ド・トクヴィル)

 世のなかには二種類の人間がいるんだ、友よ。弾の入った銃を持つ奴と、地面を掘る奴だ。(『続・夕陽のガンマン』)

 暴力がピークに達するのは、帝国が崩壊するときではなく、後退するときである。(ニーアル・ファーガソン)

 決して恥じてはいけない。また少しも恥ずるには及ばない。外国語を習う上に、一ばん避けなければならないのは、恥ずることである。外国語だもの、忘れるのは当然なのだから、幾度忘れても決して恥じてはいけない。(『寒村自伝』 カガン君)

 人を幸せにするようなものを創りなさい。(清水多嘉示)

 誰も誰をも代表しない。誰も誰にも代表されない。(日本女性学研究会)

 原発を動かすということは、それだけで人々を不安という牢獄の中に閉じ込めるのと同じなんです。(草薙順一)

 政治的中立とは、政権から距離を保つことであって、政権の意向を慮ることではないんです。(佐藤康宏)

 利口である必要はない
 お前に必要なのは立ち止まって
 考えることだ (キース・ラミス)

 国連がうまく機能しないからといって、国家主義や孤立主義に戻ろうとは言うまい。平和のための最大の貢献は、常に国連の枠内で国連と共に努力することであり、その構成を高め、その決定が直ちに受諾されるよう、いつも機会を見失わないことである。(コーデル・ハル)
by sabasaba13 | 2016-09-19 07:53 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵146

 人間よ、恥を知れ、と私は言いたいのだ! 呪われた悪魔でさえも、悪魔同士で固い一致団結を守っているのだ、それなのに、生けるものの中で理性的な人間だけが、神の恩寵を受ける希望が与えられているにもかかわらず、互に反噬し合っている。神が、地には平和あれ、と宜うているにもかかわらず、互に憎悪と敵意と闘争の生活にあけくれ、残虐な戦争を起しては地上を荒廃させ、骨肉相食んでいる始末だ。これでは、(もしそれに気づけば、われわれは当然一致協力すべきはずなのに)、あたかもこの地に地獄の敵が人間を囲繞し、その破滅を日夜耽々として窺っているのを、まったく知らないものの如くだ! (『失楽園』 ミルトン)

 悪の根源である強欲、呪わしくも邪悪、有害なあの悪徳は、気高い罪悪、浪費に仕えた。その傍らで奢侈は百万の貧乏人を雇い、険悪な自尊心がもう百万を雇った。羨望、虚栄は産業の召使いとなった。(『蜂の寓話-私悪すなわち公益』 バーナード・デ・マンデヴィル)

 やさしくなくては学者ではない。(宇沢弘文)

 国のためなら電信柱にだって頭を下げるさ。(池田勇人)

 水俣病患者を見ると、これが犯罪でないのならば、ほかに犯罪がありうるものかという感想をなんびとでも抱くであろう。(藤木英雄)

 殺せ、と命じる者を殺せ! (埴谷雄高)

 I refuse to honor you by answering.
 I don't want to go down the gutter with you by answering. (モース上院議員)

 戦争は、すべての事物の生みの親だ。(ヘラクレイトス)

 人間はだれもが、自分の利益のために動いている。(ネイサン・マイヤー・ロスチャイルド)

 もし人びとから愛されることができないのであれば、恐れられる存在になれ。(マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド)

 ある社会の既存の基盤を、確実かつ巧妙に覆すには、その社会で通用する通貨を無価値にするに限る。(レーニン)

 海で生きるもんは体一つが元手だ。家だとか物にこだわっちゃなんねえだ。突風に吹かれても家に帰ろうと思うな。なんでもいいから船を風に向けて、一番近い陸へ向かって逃げるだ。命がありゃいつでもやり直しはきくだ。(『カムイ伝』 白土三平)

 Quis custodiet ipsos custodes ?
 誰が規制者を規制するのか? (ラテン語の問い)
by sabasaba13 | 2016-08-13 06:37 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵145

 貧しき者、抑圧されし者、飢えし者、この地へきたれ。(自由の女神像に刻まれた碑文)

 敵がいなくなれば、国を守る軍隊はその存在意義を失う。軍が生き残るには別の脅威に対する戦略を新たに作る必要がある。(サムエル・ハンチントン)

 国家とは責務を負わない。あるのは利害のみ。(シャルル・ドゴール)

 新聞なき政府か、あるいは政府なき新聞か、そのいずれを持つべきかの決断を迫られたならば、私は一瞬のためらいもなく後者を選ぶであろう。(トーマス・ジェファーソン)

 やっぱり、金があり過ぎて、退屈だと、そんな真似まねがしたくなるんだね。馬鹿に金を持たせると大概桀紂になりたがるんだろう。僕のような有徳の君子は貧乏だし、彼らのような愚劣な輩は、人を苦しめるために金銭を使っているし、困った世の中だなあ。いっそ、どうだい、そう云う、ももんがあを十把一ぱひとからげにして、阿蘇の噴火口から真逆様まっさかさまに地獄の下へ落しちまったら。(『二百十日』 夏目漱石)

 ブルジョワ的生産関係、交換関係、所有関係をもつ近代的ブルジョワ社会、このように巨大な生産手段や交換手段を魔法のように呼び起こした社会は、自分の呪文で呼び出した地下世界の力をもはや思うようにできなくなった魔法使いのようです。(『共産党宣言』 カール・マルクス)

 精神のない専門人、心情のない享楽人。この無のもの(ニヒツ)は、人間性のかつて達したことのない段階にまですでに登りつめた、と自惚れるだろう。(マックス・ウェーバー)

 彼らは、あらゆる不義と悪と貪欲と悪意とにあふれ、ねたみと殺意と争いと詐欺と悪念とに満ち、また、讒言する者、そしる者、神を憎む者、不遜な者、高慢な者、大言壮語する者、悪事をたくらむ者、親に逆らう者となり、無知、不誠実、無情、無慈悲な者となっている。(『ローマ人への手紙』 パウロ)

 完全な無思想性-これは愚かさとは決して同じではない-、それが彼があの時代の最大の犯罪者の一人になる素因だったのだ。(『イェルサレムのアイヒマン』 ハンナ・アーレント)
by sabasaba13 | 2016-07-22 06:24 | 言葉の花綵 | Comments(0)

言葉の花綵144

 問題自体が法を犯したものであれば、報道カメラマンは法を犯してもかまわない。(福島菊次郎)

 憲法9条と自衛隊が同居する、正邪の理非も見失った異常事態がなおも続くなら、僕はこの国の戦後を告発し続けた一人のジャーナリストとしての、自己の良心的所在と尊厳を貫くため、これ以上この国で生きることを拒否する。(福島菊次郎)

 戦争なんて始まらないって、みんな頭のどこかで思っているだろ。だけど、もう始まるよ。(福島菊次郎)

 独りになることを怖れないで。集団の中にいると大切なものが見えなくなる。(福島菊次郎)

 表にでないものを引っぱり出して、たたきつけてやりたい。(福島菊次郎)

 闘え (福島菊次郎)

 もし全員を楽しませられないのなら
 自分で楽しむしかないじゃないか (リック・ネルソン)

 イジヌ ンジラー ティーフィケー ティーヌ ンジラー イジ フィケー
 勇気が出たら手を引っこめろ、手が出たら勇気を引っこめろ。(美殿)

 Boring from within.
 内部から穿つ。(ウィリアム・フォスター)

 からだを使って受けた恩は、自分のからだを使ってかえす、ものをもらって受けた恩はものをもっていずれかえす、知恵をもらって受けた恩は知恵でかえす。(上野博正)

 自分より少しでも若いものには、自分にはないものがあるということを信じなくてはならない。(多田道太郎)

 家庭は失敗を語り継ぐ場である。(神島二郎)

 政治は好きか嫌いか、得か損かだ。理屈は貨車一杯であとからやってくる。(大野伴睦)

 Drop Debts, Not Bombs. (アメリカの若者がデモで掲げたプラカード)

 自由はとても乗り心地のいい馬だが、それに乗ってどこに向かうのかが問題だ。(マシュー・アーノルド)

 自由とは失うものが何もないということ。(ジャニス・ジョプリン)
by sabasaba13 | 2016-07-12 06:29 | 言葉の花綵 | Comments(0)