<   2005年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

眠る猫

 最近とんとテレビとご無沙汰している小生が唯一見逃さない番組が、テレビ東京土曜日午後十時「美の巨人たち」です。この前放映された長谷川りん二郎の「猫」という絵にいたく感銘を受けました。番組のHPで見ることができますが、大地と一体になったかのように眠るその姿は惚れ惚れとします。息づかいまで聞こえてきそう。犬とちがい、人間を見下すようなところがいいですね、猫は。特に眠っている猫が大好きで、これまで熊谷守一が描いた「眠り猫」がベストの絵だと思っていましたが、甲乙つけがたい。無性に宮城県立美術館に行きたくなりました。そうそう、彼も「猫は飼いましたが、犬はあまり人間に忠実なので、見るのがつらくて飼ったことはありません」と言っています。(「熊谷守一画文集 ひとりたのしむ」求龍堂) 以前、野良猫を飼い慣らし、「ランバレネ」と勝手に名づけて遊んでもらったこともありましたが、もう彼女もいません。噂では明治神宮の森の中に猫の墓場があり、死期が近づいた猫は人知れず姿を消しそこで永眠するとか… 石垣島で撮影した眠り猫の写真をのせておきます。山ノ神はこれを壁紙に使い、時々カーソルで鼻の頭をくすぐっています。
 なお次回の「美の巨人たち」は、山陽編(1)で紹介しました香月泰男を取り上げてくれるそうです。これは見なくては。

c0051620_12385221.jpg

by sabasaba13 | 2005-02-28 06:30 | 鶏肋 | Comments(0)

カレーとティル

c0051620_2214095.jpgc0051620_222620.jpg










 美味しいチキン・カレーのレシピを紹介します。(1)スライスした玉ねぎ1個を、みじん切りにしたにんにくとともに15分炒める。(2)細かく切ったほうれんそう1わを入れてしわっとするまで炒める。(3)水と鶏がらスープの素を入れ、アクを取りながら煮立てる。市販のカレー・ルーを入れてまた煮込む。(4)塩少々を入れたレモン汁に漬け込んでおいた鶏もも肉を、にんにくみじん切り・赤唐辛子といっしょに10分炒める。(5)油ともどもカレーにぶちこんでフィニート。素材は目分量です。玉ねぎ一個半、ほうれん草一把、鶏肉400gぐらいかな。うまいんだ、これが。しかし悩みの種が一つありまして、玉ねぎを15分間黙々と炒めるという苦行です。これが美味しさの秘訣なのですが、こらえ性のない私としてはけっこうきつい。何かよい方法がないかとずっと思案していたのですが、とうとう見つけました。リヒャルト・シュトラウスの交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」を聴きながら炒める! この曲の演奏時間は約15分、変化にとんだ軽快で愉快な曲想のため時間がすぐにたってしまふ。私が持っているのはドラティ指揮デトロイト交響楽団の演奏ですが、演奏時間14分51秒。チキン・カレーのために作られた曲といっては過言かな。お試しあれ。この方法はいろいろと応用できそうですね。5分作業用、10分作業用の曲を、これから探してみます。なお併録されている交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」の冒頭は、億劫な仕事をする前に聴くと根拠のないやる気がムラムラとわいてきます。これもお試しあれ。
by sabasaba13 | 2005-02-27 08:44 | 音楽 | Comments(2)

「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?」

  『ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか? ベトナム帰還兵が語る「ほんとうの戦争」』(講談社)読了。アレン・ネルソン氏の自叙伝です。貧しい黒人青年である彼が志願して陸軍に入り、沖縄で殺人マシーンとしての訓練を受け、ベトナム戦争に送られます。そこでの殺戮に衝撃を受け、除隊・帰国後、PTSDにかかりホームレスとしての生活を送ることになります。あるきっかけで、小学生を前に自らの体験を告白したことから、彼の人生が変わっていく… 悪夢のような戦争の描写もさることながら、沖縄のキャンプ・ハンセンにおける訓練や生活のリアルな描写には唸りました。「アメリカ兵一人一人はばく大な国のお金によって兵士として育てられ、そして戦場に送られるべく沖縄にいるのですから、わたしたちが牢屋に入れられるのはアメリカにとって割に合わない、ばかばかしいことなのです。…そのためには、わたしたちのおかした罪ですら、アメリカは見て見ないふりをしたのです。むしろ、アメリカは、わたしたちがじゅうぶんに暴力的は兵士に改造された証だと、沖縄の人々へのアメリカ兵による犯罪に大いに満足していたはずです。」と彼は回顧しています。小学生の少女が、この本のタイトルにもなったせりふを彼に投げつける場面では、ひさびさに読みながら目が潤んでしまいました。昨今、日本を「戦争をやれる普通の国」にしようという意見がありますが、「本当の戦争」を知ってからあらためて議論をすべきだと思います。私は、殺す側にも、殺される側にも立ちたくない。問題なのは、戦争をしたがる方々は、自分とその身内が絶対にそのどちら側にも立たなくてすむセーフティ・ゾーンにいるということですね。なお、彼の講演を録音したCDも発売されているので、英語の授業で使ってほしいな。(アレン・ネルソンの「戦争論」2 かもがわ出版)
 はじめての娘が生まれた時、彼はその手足の指の数を数えたそうです…
by sabasaba13 | 2005-02-26 07:45 | | Comments(0)

北海道編(9):函館(04.9)

 最終日です。まずはタクシーをつかまえて、郊外にある笹流ダムへ直行。運転手さんに「お客さん、観光客じゃないよね」と言われました。1923(大正12年)につくられた上水用のダムです。節約のためにコンクリートの柱・梁を櫓のように組んだバットレス式というタイプです。修復されて往時の面影が消えたのが残念。そして車で大森浜へ。ここは啄木お気に入りの場所で、「砂山の砂に腹這い 初恋のいたみを遠くおもひ出づる日」をつくったところ彼の銅像がたてられています。そばにある「哀愁テーマパーク土方・啄木浪漫館」という愚劣なミュージアム(貧相な展示+新撰組人気による客引き)を見物して、徒歩で五稜郭へ。
c0051620_1182945.jpg

 五稜郭タワーにのぼって全体像を確認して、城内を散策。設計者である武田斐三郎の顕彰碑がありますが、彼の顔のレリーフに触ると頭が良くなるという言い伝えがあるそうです。なるほどテカテカに光っていました。
c0051620_11951.jpg

 そしてここから市電で一気に市内中心部へ移動しました。函館市電はいいですねえ、古い車体、木張りの床のニスの匂い、チンチンというベルの音。世界三大市電にノミネートしましょう。(リスボン・サンフランシスコ) 特に青柳町あたりから函館山を背景に、坂道をウンショウンショと上って来るキュートな姿は抱きしめたくなる! (良い子のみなさんはマネしないでね、轢かれるから) 十字街付近の分岐、レトロな建物、キノコのような操車塔と市電も絵になります。
c0051620_1193466.jpg

 さてさて小腹がへってきました。昼食は前述の「来々軒」。大きめザク切の玉葱に、けちらず卵上にぶちまけたケチャップ、私好みのオムライスでした。この店は内装がすごい。創建当時のままなのでしょうが、「大正浪漫で客を引こう」なぞという小賢しい色気は全くなし。「めんどくせえからこのままでいいや」という投げやりなオーラがただよっていました。入口にあった「ルービ☆ロポッサ」と描いてある鏡が欲しかった!
c0051620_1110161.jpg

 日本最古のコンクリート製電柱(防火のため)を見た後、遊覧船フリークの小生としてははずせない、函館港内40分クルーズを堪能。高田屋嘉兵衛屋敷跡をゲットし、まだ時間の余裕があるので後ろ髪を引かれながら十字街付近をウロウロしていたら、面白い街並みを発見。
c0051620_11103177.jpg

 廃墟寸前のホテルや、キッチュなデザインの商業ビル・雑居ビルが建ち並ぶ末広町です。最後まで楽しませてくれるやないか、函館。一君の気持がよくわかります。
c0051620_11105562.jpg


 というわけで、今回も落ち着きなく動き回った旅でした。雄渾な大自然もけっこうですが、私は人間の営みや、自然と人間の関わりにこだわります。なおモエレ沼公園が来年完成しそうなので、山ノ神に供奉しながら再訪するつもりです。また「イサム・ノグチ展」開催も近々予定されており、牟礼の庭園美術館から「エナジー・ヴォイド」がやってくるそうです。楽しみです。
 No profit grows where is no pleasure taken
 「楽しくなければ、何事も身につきません」   W. Shakespeare

 本日の一枚は、青柳町をウンショウンショと上って来る市電です。
c0051620_11111984.jpg

by sabasaba13 | 2005-02-25 06:29 | 北海道 | Comments(2)

北海道編(8):函館(04.9)

 そして徒歩で元町地区へ。まずはハリストス正教会に行き、内部で(おそらく)日本唯一の女性イコン画家山下りん(1857~1939)の描いた聖像画数点を拝見。柔らかく暖かな表現が印象的でした。この一帯は、カトリック元町教会、聖ヨハネ教会、東本願寺函館別院と、宗教施設が集中しています。八幡坂から見下ろす海と港も素晴らしい眺め。ここから歩いて数分で、ロープウェー駅です。ロープウェーに乗って函館山頂上へ。塩害による被害や倒木が、台風18号の凄まじさを物語っています。頂上からの眺めは、期待を裏切られませんでした。お見事。両側に海が迫る市内の眺望は一見の価値がありますね。ここだけの話、山ノ神はつい最近までここの写真を見て渡島半島の一番くびれた部分だと信じ、「北海道ってけっこう小さいのね」と思っていたそうです。振り返ると、津軽海峡や下北半島も眺められる360度のパノラマ。
c0051620_10524716.jpg

 ここには、伊能忠敬北海道最初の測量地の記念プレートや、ブラキストン-ライン(本州と北海道では、鳥類・哺乳類の種が著しく異なる)を提唱したトーマス・ブラキストンの記念碑もありました。またこのあたりは戦前要塞が築かれ立入禁止区域で、その遺物がたくさんあるそうなのですが、時間がないので探索はカット。日本三大夜景(長崎稲佐山・神戸六甲山)の一つといわれる夜景はぜひ見にきましょう。
c0051620_1053251.jpg

 ロープウェーで麓に下りて、すぐそばにある元町配水場を見ようとしたら、台風被害のため見学できず残念。函館護国神社で、旧奉安殿と箱館戦争時の新政府軍死者の墓を見た後、函館公園へ。
c0051620_10541825.jpg

 啄木の「函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花」という歌碑がありました。この公園には、旧博物館(日本最古の博物館建築?)や、古い市立図書館など、洋風レトロな公共建築物件が目白押しです。後者は、前述した相馬哲平の寄付によりつくられたとのこと。忘れがたい人物ですね、うん。なおこの図書館には啄木文庫があります。妻の節子が「啄木は焼けと申しましたが、私の愛着がそうさせませんでした」と言って守り抜いた日記・遺稿が、妹婿の宮崎郁雨に形見として伝えられ、ここに託されたのですね。
c0051620_1055283.jpg

 さらに歩いて海を望む啄木一族の墓へ。「死ぬ時は函館で」という啄木の思いを汲んで、節子は遺骨を函館に埋葬することを願っていたそうです。しかし彼女も啄木のあとを追うように翌年死亡。その翌月に周囲の尽力により墓がたてられました。合掌。「東海の小島の磯の白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる」が墓碑に刻まれた歌です。なお彼のために奔走した宮崎郁雨の墓が、啄木を見守るようにすぐそばにありました。さきほどの文学館で、啄木が借金を借りた相手とその額を死ぬ直前に記したノートを見せてもらいましたが、郁雨と金田一京助が最も多額でした。本当に彼のことを理解し愛し助けていたのですね。
c0051620_10554521.jpg

 少し先に行くと立待岬。眼前に津軽海峡、下北半島・津軽半島も遠望できる絶景の地です。そして帰りに山中の道を通って碧血碑へ。途中で函館山要塞物件を見つけました。
c0051620_10571667.jpg

 函館戦争で戦死した旧幕府軍の死体は新政府の命令により、野晒しにされ放置されました。それを無視して柳川熊吉という人物が遺骸を埋葬したのがここです。なお彼はそのために新政府に逮捕されてしまいますが。その後、1875(明治8年)に大鳥圭介・榎本武揚らによって816名を祀るこの碑が建立されました。合掌。「勝てば官軍」という言葉どおり、勝者と敗者の扱いの差に愕然とします。新政府軍戦死者は市内の一等地に丁重に祀られ、旧幕府軍戦死者は山の中。地価にしてどれくらい違うのだろう。でもよく見てください。こんな不便な地にわざわざやってきて花や供物をそえる人がいるのです。護国神社の墓にはその形跡がなかったのに。このあたりは啄木がよく散歩したそうで、「一握の砂」に「函館の臥牛の山の半腹の 碑の漢詩(からうた)も なかば忘れぬ」という歌があります。この碑を見て彼が何を思ったのか… 今回の散歩で小生が思わず合掌したのは、敗者・弱者・犠牲者に対してですね。石原慎太郎ではなく、石川啄木の側に立ちたい。
c0051620_10575657.jpg

 青柳町の啄木住居跡、節子が通った質屋、高田屋嘉兵衛の銅像を見て、再び函館山へ。うんっ、確かに素晴らしい夜景でしたね。日本三大夜景、ようがす、賛成しましょう。でも物凄い混雑で閉口したけど。ロープウェーで山麓駅に降りると、そこには散歩の変人の大敵、天敵、不倶戴天の敵、修学旅行の学生たちが長蛇の列をつくっていました。危ういところだった。
c0051620_114329.jpg

 夕食はやはりイカを食わねば。目の前でおかみがさばいてくれた新鮮なイカの刺身を堪能しました。
c0051620_1114890.jpg


 本日の二枚は、八幡坂と函館山夜景です。
c0051620_1123761.jpg

c0051620_113384.jpg

by sabasaba13 | 2005-02-24 06:31 | 北海道 | Comments(0)

北海道編(7):函館(04.9)

 本日は快晴。まずは青函連絡船記念館を見物。摩周丸を保存・展示してあります。そういえば、今年は洞爺丸が沈没してからちょうど五十年目にあたる年ですね。1954(昭和29年)9月26日22時43分、台風15号により湾内で沈没、死者・行方不明1200人弱という日本海難史上最悪の事故です。合掌。解説によると、他にも青函丸・北見丸・日高丸・十勝丸が沈みましたが、一隻だけ助かったのが大雪丸です。「南西の風のときは木古内に行け」という先代船長の言葉を信じ、冷静沈着な操船を行なったおかげとのこと。そして土方歳三最期の地碑へ。旧幕府軍と新政府軍の最後の戦いである箱館戦争(1868~69)に、土方率いる新撰組も合流し、ここ一本木の関門で銃弾にあたり倒れました。享年35歳。
c0051620_1040393.jpg

 そしてテクテクと歩いて駅前にもどり、朝市へ。見た瞬間に、こりゃ観光客向けのぼったくり市場で地元の人は来ない!と直感しました。立ち寄らずに二十間坂通りを港に向けて歩いていきましょう。
 土産屋がつまったはこだて明治館(旧函館郵便局)の前を通り、高田屋嘉兵衛資料館に到着。彼は、江戸後期の海運業者、蝦夷地(北海道)の物産を運ぶ北前船の船頭です。幕府がロシアの開国要求を拒否したことで、外交関係が険悪となり、ロシア船による襲撃事件が多発します。これに対して幕府はロシア軍人ゴロウニンを捕縛(彼はこの一連の事件に無関係)、その報復としてロシアは嘉兵衛を拉致します。彼は豪胆かつ沈着冷静な態度でロシア側の信頼をかちとり、交渉の仲介として尽力、自らの解放とゴロウニンの釈放送還に成功します。函館は、彼が支店を置き開発を進めた港、つまり函館という町の生みの親なんですね。ぐじゃぐじゃした見づらい展示でした。赤レンガ倉庫群(旧金森倉庫)の間を抜けて、函館北方歴史資料館へ。嘉兵衛の持ち船辰悦丸のTシャツを購入して、函館市文学館へ。啄木についての大変充実した展示がありました。それなのに来館者は私一人。見るに見かねたのか、学芸員の方が近づいて来ていろいろと解説をしてくれました。大逆事件の真相を世に伝えようと執筆した「A letter from prison」の現物を見ることができ、感激。なお啄木の妻、節子が通った質屋の建物が現存しているとのこと、さっそく教えてもらい、さらに近くに食事の美味しい店はないかとお訊ねしました。すると、作家の辻仁成がよくオムライスを食べにくるというラーメン屋があるとのこと。「来々軒」という店なのですが、行ってみたらあいにくのお休み。
c0051620_10441874.jpg

 このあたりの景観は素晴らしい。函館山の麓に並行して連なる何本もの坂道、振り返れば港と海、そして洒落た家並み。函館は津軽海峡から吹きつける強風のため、火災が多い街です。函館を愛した啄木が札幌へと移ったのは、1907(明治40)年の大火事で職場を失ったためですね。そのためか、防火を意識した銅板・石・煉瓦を使用した建物が多く、眼を楽しませてくれます。また日米和親条約(1854)でいち早く開港場となり、欧米の文化が流入したため、洋風を取り入れた建築も目に付きます。一階が和風、二階が下見板の洋風という家屋も多いですね。市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)、旧小林写真館、函館中華会館、啄木が勤めた弥生小学校(この学校の教師橘智惠子に彼は惚れたのですね。亀井勝一郎もここを卒業)をふらふらと見物。
c0051620_10445650.jpg

 そして「福々亭」で塩ラーメンを食べました。北方民族資料館で、アイヌやアリュート文化の懐の深さに唸り、基坂をのぼって函館市旧イギリス領事館へ。ペリーの銅像を見た後、坂のどんつきにある旧函館公会堂と旧北海道庁函館支庁舎を見物。旧公会堂はとにかく派手で、色は青と黄色、巨大なぺディメントが三つと徳俵に親指がかかっている悪趣味すれすれの建物。実は函館は在野の精神が横溢するところで、箱館戦争の時も新政府軍を嫌い、旧幕府軍を支援したそうです。1907年の上記の大火事の後、まず政府が支庁舎を再建しますが、相馬哲平をリーダーとする有力市民たちは寄付をもちより、支庁を見下ろす高い所にど派手で目立つ立派な公会堂を建設したのですね。その意気やよし。こんな愉快・痛快な景観はなかなかないですね。さぞや役人たちは、苦虫を噛み潰したような顔をしたでしょう。
c0051620_10483280.jpg


 本日の一枚は、赤レンガ倉庫群(旧金森倉庫)です。
c0051620_10492441.jpg

by sabasaba13 | 2005-02-23 05:59 | 北海道 | Comments(0)

北海道編(6):室蘭(04.9)

 薄曇りの朝、まずは大通公園へ。テレビ塔下から出発して、西へ。まずは啄木の銅像と歌碑を拝見。「しんとして幅廣き街の秋の夜の 玉蜀黍の焼くるにほひよ」 そしてお目当てのイサム・ノグチ作の滑り台「ブラック・スライド・マントラ」に到着。高さ3.6メートル、重さ80トンの黒御影石製の滑り台/作品は、磨かれ、触れられ、深く神秘的に輝いていました。「この作品は子どもたちのお尻で仕上げられる」と彼は語ったそうです。いざ滑らん、と近づくと昨日の雨で濡れています。どないしよ。どうしたと思います? 実はズボンを一枚しか持ってきていないので、ここで汚してはまずいと思い、滑りませんでした。今は激しく後悔しています。滑るべきであった… 再訪を期す。付近のベンチ・石橋・石組みや思わず駆け上がりたくなる小さくうねる丘も、おそらくイサム・ノグチのデザインだと思います。他にも「聖恩無彊」の碑、開拓の功労者ケプロン像、有島武郎の碑など、けっこう見所あり。
c0051620_10334870.jpg

 地下鉄で琴似に行き、現存する屯田兵屋を見学。また地下鉄で中島公園に戻り、豊平館へ。開拓使の貴賓接待所として建設された木造洋風建築です。日本初のホテルですね。内部が公開されているので、さっそく拝見。シャンデリアを下げるところの鏝絵(こてえ)は、なかなかの手練の作とみた。公園内を歩いていると、白い石の抽象彫刻を発見。む、もしやと思い近づくとやはり安田侃の作品でした。北海道立文学館を見学して、大通公園に戻り、テレビ塔地下の「あっぱれ亭」で味噌ラーメンを食しました。札幌時計台(札幌農学校演武場)を見物した時点でタイム・アップ。残念ながら「サッポロビール博物館」はカットして特急列車に飛び乗りました。
c0051620_10341868.jpg

 一時間強で東室蘭に到着し、乗り換えて室蘭へ。チキウ岬灯台と強制連行された中国人の慰霊碑を訪れたいのですが、前者は遠く、後者はどこにあるかわからない。やむをえずタクシー利用かなと思い、駅前で客待ちしている車に乗ろうとしましたが、虫の知らせが… もしや慰霊碑の場所を運転手は知らないのでは。そこで旧駅舎を利用した観光案内所に行き、室蘭に詳しい個人タクシーを紹介してもらいました。さとるタクシー[090-5951-1146]がやって来て、搭乗。室蘭観光に半生を賭けているような熱意をもった方で、よかったですよ。室蘭と聞くと、工業都市というイメージしかなかったのですが、川村悟さんに風光明媚な場所をたくさん教えてもらいました。室蘭は、「の」の字のような半島に囲まれた良港で、その半島部分に山がモッコリ盛り上がっているという変化に富んだ地形です。絵鞆岬や測量山の頂上からは、渡島半島、恵山岬、駒ケ岳、内浦湾、羊蹄山、有珠山、昭和新山、白鳥大橋、市内、工場群が一望できます。わんだほー。途中でキタキツネにでっくわしたのには驚愕しました。そうそう、絵鞆岬に「先住民慰霊碑」がありました。これは一つの識見ですね、罪が清算されるわけではないけれど。
c0051620_1035153.jpg

 そして灯台フリークの聖地、チキウ岬灯台へ。アイヌ語の「チケウエ(断崖)」がなまったそうですが、地球の丸さがわかるような水平線が見えるので「地球岬」という当て字もあります。丸く見えるわけはないのですが… 高さ100mほどの断崖に毅然と佇む白亜の灯台です。1920(大正9)年に設置されて以来、80年以上も光を投げかけてきたのですね。残念ながらそばには行けないのですが、灯台と水平線と紺碧の海と断崖の絶景を十二分に満喫いたしました。大きめの写真で紹介します。右の水平線に見えるのが、渡島半島です。 そして「中国人殉難烈士慰霊碑」へ。強制連行され、室蘭近辺で死亡した中国人の方々を慰霊する三角形の碑が、海に向って建っています。寂しげにポツンと一つ置かれた小さな花束が、印象的でした。合掌。
c0051620_10354678.jpg

 東室蘭駅に着き、川村さんに教えてもらったラーメン屋で味噌ラーメンを食べ、いざ函館へ。駅にフルムーンとやらのJR宣伝ポスターが貼ってあり、「妻と同じスピードで歩いていく。そんな小さな事が大切だと気づく。」とのコピーでした。思わず激昂しましたね、わたしゃ。うつけもの、いい年こいてそんな大事なことを知らなかったのか! スタスタ先に歩いて、何度山ノ神に叱責されたことか、ううっ。三歩下がって妻の影踏まず、常識です。そして日は落ち、夜である。沿線の小駅を石のやうに黙殺して、特別急行列車は一路函館へと全速力で馳せていきました。そうだ、帰宅したら葉山嘉樹の『海に生くる人々』を読んでみよう。
c0051620_10381198.jpg


 本日の二枚は、ブラック・スライド・マントラとチキウ岬灯台です。
c0051620_10363497.jpg

c0051620_1036591.jpg

by sabasaba13 | 2005-02-22 06:31 | 北海道 | Comments(0)

北海道編(5):小樽(04.9)

 レトロなビルの中にある喫茶店で、先程博物館で購入した小樽案内書を読み作戦をねりました。銭湯めぐりと啄木物件訪問に決定。トレーシー・ハイドと手を組んで歩きたいような手宮線廃線跡の遊歩道を抜けて、かつて小林多喜二が勤めていたビルを利用した「1・2・3ホテル」を見て、小樽運河へ。山ノ神から「しょぼいわよおおお。日本三大がっかりよおおお」とさんざん聞かされたので、全く期待していなかったのですが、結構いいじゃないですか。規模は大きくないですが、水面にその姿を映す赤煉瓦倉庫の佇まいは素敵でした。なお「日本三大○○一覧」という楽しいサイトを発見したので紹介しましょう。それによると、日本三大がっかり名所は「札幌時計台」「高知はりまや橋」、同率三位が「名古屋テレビ塔・京都タワー・那覇首礼門」でした。異議あり! 「はりまや橋・倉敷・仙台青葉城」でしょう。
c0051620_10243944.jpg

 北一ガラスと寿司屋と土産屋と観光客が蠢く堺町通りを早足で歩き抜け、小樽新聞社跡とオタルナイ運上屋跡を拝見して銭湯密集地帯の南小樽へ。
c0051620_10245822.jpg

 このあたりの街並みは気に入りました。古い建物をきちんと大事に使いこなしているという雰囲気があります。そして何と歩いて数分の距離に銭湯が三軒もありましたね。小町湯、鹿乃湯、潮ノ湯。中でも鹿乃湯は逸品。半円アーチとペディメント(三角破風)と縦長の窓を組み合わせたファサードのデザインは銭湯とは思えませぬ。日本三大銭湯にノミネートしましょう。[筆者注:門司の梅の湯東京の子宝湯]小町湯にある煉瓦造りの煙突も捨てがたいけど。少し離れたところにインターナショナル様式の旧山田湯もありました。
c0051620_10252510.jpg

 さて歩き疲れて一休みしたいなと思ったら、「はち」という喫茶店がありました。渡りに船、さっそく入って珈琲を所望。真空管アンプと銘器フォステクスFE-103を組み込んだ手製スピーカーが、バッハのパルティータを奏でています。うーん、マンダム。てびねりのカップ類もしぶいし、いいお店です。気合を入れなおし、小雨が降り出す中、港を見下ろせる水天宮へ。「悲しきは小樽の町よ 歌うことなき人々の声の荒さよ」という啄木の歌碑があります。彼は、騒然とした商業都市・小樽が気に入らなかったようですね。
c0051620_10254135.jpg

 聖公会という教会の前を通り、職人坂を通り過ぎ、旧山田湯・だるま湯をカメラにおさめ、啄木の下宿跡へ(現在は食堂「た志満」)。そして彼が勤めた小樽日報社跡を拝見。結局彼は二ヶ月ほどで小樽を去り、釧路に向います。
c0051620_10261626.jpg

 そして駅から船見坂をのぼり、あの男が住んでいた高級住宅街の富岡へ。この坂からの眺めは観光ポスターの写真に良く使われるそうで、なるほど、坂道、街並み、港、船、海が一望できる絶好のビューポイント。ハリー・ライムじゃないけれど、あの家々を二、三十軒つぶしても屁とも思わない心情は、この眺めによって育まれたのかもしれない。
 札幌への帰路は、海が眺められるバスを選択。車中で、明日の計画を考えました。函館への移動日ですが、夕張に行くか、札幌市内を見るか、室蘭によるか、迷いましたね。後ろの席で地元のおばさんが「明日は晴れそうだね」と話しているのを聞き、午前中に札幌市内、そして室蘭のチキウ岬灯台によってから函館に行くという強行軍を決意。そして夕食は楽しみにしていた秋刀魚の刺身です。地元発行のグルメ・ガイドで当たりをつけた「さっぽろっこ」という店に行こうと、すすきのの横断歩道を渡ろうとしたら、安岡力也を天日干しして油を抜いたような客引きが寄ってきて「ソープ行かない?」と誘ってきました。いや秋刀魚を食いにいくと断固として拒絶すると、彼曰く「その店はチェーン店だ、やめとけ。俺が旨い店を紹介してやる」 ぼったくり、暴力、バールのようなもの、身元不明の水死体という言葉が頭の中をグルングルンと回りましたね。しかし♪俺の眼を見ろ、何にも言うな♪というメロディが脳内で鳴り響き、一瞬にして理解しました。嗚呼、青魚が好きな人の眼だ。「同志よ」と頷きあって頬擦りし(嘘)、その店に連れていってもらいました。ご丁寧に「この人に、秋刀魚の刺身と炭火焼、鮭の白子の天ぷらねっ」と注文までしてくれて… 「小鉢」という店ですが、絶品でした。言葉では表現できない旨さですね、秋刀魚の刺身は。ふうっ。帰りにまた彼に出会ったので、親指をグッと突き出すと、彼もニッと微笑をかえしてくれました。そして私は、脇目もふらず、一目散に、まっすぐに、寄り道もせず、ホテルへと向ったのです。ほんとだよ。
c0051620_10264356.jpg


 本日の二枚は、小樽運河と船見坂です。
c0051620_1027761.jpg

c0051620_10272062.jpg

by sabasaba13 | 2005-02-21 06:29 | 北海道 | Comments(2)

北海道編(4):小樽(04.9)

 天気予報では、本日は曇りのち雨。しかし小樽は一日かけて歩き回ろうと決意していたので初志貫徹。お目当ては運河、倉庫群、手宮の操車場、レトロな街並み、啄木と小林多喜二の足跡めぐりです。そうそう、石原慎太郎の傲岸不遜・傍若無人な性格を育んだのが小樽という街だという説(『〈私〉の愛国心』 香山リカ ちくま新書485)を検証するのも楽しみですね。
特に小樽は、本土資本の日本銀行や日本郵船、山下汽船などが乗りこんで造った近代都市で、街の山手(天国)に住む「勝ち組」と、湾岸部(地獄)に住む「負け組」の荷役労働者や朝鮮人などに二分されていた。もちろん山下汽船小樽支店長、石原潔の長男坊だった慎太郎は「天国」世界の御曹司である。だから、彼は差別主義者というよりは、下層世界(敗者や弱者)を「見ない」「見えない」、そこまで想像力が届かない「植民者」の心情を持つ男だと考えるべきなのだろう。(『AERA』 2003.5.26)

 札幌から電車に乗り約30分で小樽着。まずは小樽交通記念館へ。ここには、現存最古の煉瓦造機関庫・転車台が残されています。幌内と手宮を結ぶ路線は、日本で三番目に古いものです。開拓に必要な物資を運び込み、内陸の資源を搬出するため路線で、手宮がその起点なのですね。鉄道ファンの聖地! でも女性の鉄道ファンってほとんどいないような気がしませんか。♪深くて暗い川♪を探求する材料になるかな。フランス積み・イギリス積みの見事な建造物でした。記念館のすぐ目の前に約1600年前の壁画が保存されている手宮洞窟保存館があるので見物。よく見えませんでしたけど。
c0051620_10211953.jpg

 ここからは徒歩で市内を散策、個性あふれる倉庫群を堪能いたしました。旧日本郵船小樽支店、北運河を見て、小樽市博物館(旧小樽倉庫)につくと、「銭湯の文化」という特別展示をしていました。こりゃ面白そうだと見学。小樽がきわめて銭湯の多い地域であることを知りました。さっそく、学芸員の方にその理由を尋ねると、①人口の密集、②船員が多い、③新しく商売を始める者が借家住まいをしていた、ということでした。なるほど。常日頃疑問に思っている「なぜ関東の銭湯は、お寺型なのか?」という疑問をぶつけたところ、さすがの学芸員さんも分からないとのお返事。ついでに石原慎太郎の住んでいた場所を教えてもらい、上記の話をしたところ、彼曰く「小樽に来た時はもうすでに傲岸不遜であったと聞きましたが、その可能性は大きいですね。内心忸怩たるものがあります。」と眼に瞋恚の炎をメラメラと燃やしながら答えてくれました。東京都の博物館・美術館が、あの男によってひどい目にあっているとのことです。そして二人は「同志よ」と言って抱擁しあったのでした(嘘)。美味しいラーメン屋があるかと訪ねると、近くの「麻ほら」という店でよく昼食をとると教えてくれました。廃線を利用した遊歩道を歩いてさっそく参上、さっぱりしているけれどコクのある醤油ラーメンを食しました。そして市立小樽文学館に行くと、祝日の翌日なので休館。小林多喜二のデスマスクが見たかったのにい!
c0051620_10214514.jpg


 本日の一枚は、小樽北運河です。
c0051620_1022393.jpg

by sabasaba13 | 2005-02-20 09:05 | 北海道 | Comments(0)

北海道編(3):モエレ沼公園(04.9)

 バスもタクシーもないので駅までの約4kmを早歩き。再び特急で札幌に戻り、地下鉄環状通東駅に行き、バスで約20分。イサム・ノグチの設計によるモエレ沼公園に到着しました。イサム・ノグチ(1904―88)。アメリカの現代彫刻家。英文学者で詩人の野口米次郎と、作家レオニー・ギルモアとの間に生まれ、少年期は日本で育つ。渡米した後、彫刻家 を志し、アジア・ヨーロッパを旅して見聞を広めた。パリでは彫刻家ブランクーシの助手をつとめる。ニューヨークに居を定め、肖像彫刻、舞台美術をへて環境彫刻やランドスケープ・デザインにまで幅広い活動を開始する。戦後は日本でも陶器作品や、和紙を使った「あかり」のデザインなどを行う。その後、アメリカ国内外の各地で、彫刻、モニュメント、環境設計を続け、「地球を彫刻した男」と呼ばれる。1988年12月30日ニューヨークで没。その彼の文字通り最後の作品がここです。ゴミ捨て場であったモエレ沼を公園として再生するに際し、イサムに設計を依頼した札幌市の英断には海よりも深く感謝します。「公園に彫刻作品が置かれるのか」という質問に対して、「公園全体が彫刻なのです」と答えたと聞きましたが、これがすべてを物語っています。マスター・プランができた直後に心不全で急死、文字通り彼の遺作です。さて、いつものことですが、今回は特にこの公園のすばらしさを言葉で表現する自信は全くありません。でもやってみましょう、蟷螂の斧ですが。
 まず目に入るのが富士山のような形をした、高さ60mの人工的につくられたモエレ山。まだ未完成で立入りは禁止。そしてガラスのピラミッドのような管理棟。中央噴水も工事中です。少し歩くと広大な芝生の広場。売店も立て札も道も木々もない、フラットな空間が広がります。キャッチボールをする人、寝転ぶ人、凧をあげる人、みんな思い思いに時を過ごしていました。その眼前にそびえるのがプレイ・マウンテン(遊び山)。三角錐の形をしており、石をつみあげベンチにも階段にもなる斜面と、芝生におおわれた斜面からなっており、子供たちがゴロンゴロンと転がり下っていました。頂上は360度のパノラマで、三日月形のモエレ沼や遠く札幌市内が見渡せます。その隣にはイサムの巨大な作品である「テトラ・マウント」が設置されています。
c0051620_10142233.jpg

 そして公園の三分の一ほどが林の中にあり、遊具の置かれた広場が点在しています。その遊具もすべてイサムがデザインしたもので、「さわりたい/のぼりたい/もぐりたい」と思わせる魅惑的な配色・フォルムをしています。高校生や大人が嬉々としてブランコにのったり、滑り台から滑り降りている姿が印象的でした。(もちろん小生も) そしてどんな遊び方をするかはこちらの想像力に委ねられているような遊具もたくさんあります。ちょっと勇気を出せば飛び越えられる、挑発的なスパンが印象的な遊具もありました。
c0051620_10144599.jpg

 そして刺激的な空間構成。手前に山型のジャングル・ジム、左にピラミッド型の管理棟、右にプレイ・マウンテン、遠くには自然の山々の稜線。どのアングルで切り取っても、こちらの感性を魅惑してくれます。公衆便所や水呑場にもイサムの細やかなデザイン感覚が反映されています。そして掲示板。少し歩いて気づいたのですが、この公園には「文字」がほとんど見当たりません。言葉ではなく、体でこの公園を楽しんでほしいというメッセージかな。そして子供や外国人を意識した思いやりでもあるのでしょう。上から三つ目の絵が気になるので、後で公園に問い合わせてみようと思います。「悲しんではいけない」というメッセージだったら素敵ですね。
c0051620_10151250.jpg

 夕暮れも近づき、プレイ・マウンテンの頂上に座り、陶然として公園全体を眺めていたら、後ろにいた若い二人の男性のしみじみとした美しさに溢れた会話が聞こえてきました。「モエレ沼って、前は何にもなかったよなあ…」 (間) 「札幌っていいところだなあ…」 そうだよねっ。郷土や祖国への愛というものは、こうやってしみじみと囁くように自然と口に出るものなんだよね。声高に叫んだり、無理矢理人に言わせたりするものではないんだよね、断じて。大きな空を紫色に染めながら陽が落ち、漆黒の闇が広がり、そして重い腰を上げて帰途につきました。
 イサム・ノグチの言葉です。「二重国籍で生まれた私は、自分自身がどこに属しているかはっきりしていませんでした。だから私は、本当に落ち着けるところ、そして、誰かの役に立てるところを探し続けてきました。」 大丈夫、あなたは地球に属しています。そしてこんなに楽しく役に立つ空間を私たちに贈ってくれました。心から感謝します。ありがとう。旅の喜びの一つは、「またここに来たいから、頑張って働こう」と思える場所に出会うことですが、今日は一日でいっぺんに二つ出会えました。自分へのご褒美に、夕食は十勝牛のステーキ。今思い出しても、胸が震えるような極上の一日でした。そうそう、ここで購入した記録映画「地球を彫刻した男」を見ていたら、「やっと少しわかってきた」というのが彼の口癖だそうです。これもいい言葉ですね。イサム・ノグチとの付き合いは長くなりそうです。次は酒田の「土門拳記念館」じゃ。

 本日の三枚です。
c0051620_10153324.jpg

c0051620_10155296.jpg

c0051620_10161264.jpg


 追記。掲示の意味がようやく判明しました。予想が外れて、すこし残念。

c0051620_1019143.jpg
by sabasaba13 | 2005-02-19 07:47 | 北海道 | Comments(8)