<   2010年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

「決定版 一億人の俳句入門」

 「決定版 一億人の俳句入門」(長谷川櫂 講談社現代新書2029)読了。「邪想庵」などという偉そうな(でもないか)俳号を自称しておきながら、最近ずっと俳句をひねっていません。詩嚢が枯渇した…というよりも、以前に競うようにして共に俳句をつくっていた知人と縁遠くなったから、ということにしておきましょう。まあでも俳句に対する思いは焼棒杭のように燻っています。新書などで俳句に関する本が出るとちょいと手にとるのですが、「俳句の奥深さは君ら素人には分からんだろうが、ま、そこに座ってお聞き」的な内容がほとんどで食指を動かされません。素人の目線に下りて、論理的に俳句の様式や技法についてわかりやすく説明してくれる本はないのかしらんと思い続けていました。たまたま帰りの通勤電車で読む本がなくなって、駅の書店で見かけたのが本書です。決定版? 一億人? えらくセンスのない書名だなあ、と思いつついつものように手にして、はじめのページを読み、おっこれは一味違うなと思いました。俳句の約束にがんじがらめになり、約束を守ることが俳句を詠むことと勘違いしてしまう人がいる、と指摘し、こう述べられています。
 そんな悲しい事態に陥ることなく、初心どおり自由自在に俳句を詠むためのただ一つの道は、約束を鵜呑みにせず、約束が生まれた理由を知ることだろう。約束の理由を知っていれば、どんなときに守らなければならないか、逆に、どんなときに破っていいかがわかる。(p.3)
 おおっこれは一般論として通用しますね、卓見です。この一文で購入を決定、さっそく車内で読み始めました。中心となる論題は、俳句における最も重要な約束である、定型、切れ、季語についての解説です。それらが生まれた理由について分かり易く説明し、それをもとに字余りや字足らず、さまざまな切れ、季重なりや無季俳句といったイレギュラーな俳句についてどう考えればいいのか、芭蕉を中心に実際の句を引用しながら著者の考えを語ってくれます。好感が持てるのは、感覚や雰囲気に逃げず、できうる限り論理的・実証的に考えようとする態度ですね。一つだけ例をあげますと、芭蕉はなぜ臨終に際して「旅に病で夢は枯野をかけ廻る」という字余りの句を残したのか。以下、引用します。
 この上五の「旅に病で」は音数にすれば、たしかに六音。しかし、この句を何度か唱えてみればわかるとおり、この六音の上五を五拍で読んでいるのだ。定型の句であれば五音を五拍で読むが、ここでは六音を五拍で読む。
 当然、一音ごとの速度が定型の場合より速くなる。その結果、死を目前にする芭蕉の切羽つまった思いがここに集中して表れる。(p.18)
 なるほどなるほど、「旅に病み」と五音にしたら、平板な句になってしまいます。他の例として「目には青葉山ほとゝぎすはつ松魚」(素堂)→句に勢いと鮮度をもたらす、「牡丹散て打かさなりぬ二三片」(蕪村)→牡丹の花の落ちる速さを表わす、という説明をされていますが、これも納得。他にも、目から鱗が落ちてコンタクトレンズをはめ視界がクリアになったような、鋭い指摘が満載です。実際の句作にも応用できそうです。ただ一箇所、気になる論及がありました。日本人は昔から蒸し暑い夏を涼しく過ごすために、生活と文化のあらゆる面で工夫を重ねてきた、「日本人」という物言いには一定の留保をつけますが、ま、これはおおむねいいでしょう。その結果、余計なものを捨てて、すっきりしたもの(涼しげなもの)を尊ぶようになり、俳句という極端に短い文芸が生まれたのもそのためだ、と氏は断定されています。(p.93) これはちょっと大風呂敷・勇み足ではないでしょうか。そうかもしれない、と思われないこともありませんが、あまりに根拠と論証が薄弱です。でもまあ興味深い視点なので、これはこれで考究するだけの価値はあるとは思いますが。
 しかし大きな瑕疵ではありません。これから俳句を始めようという方、俳句に興味がある方、あるいは小生のように句作に行き詰まっている方、一読すれば必ずや俳句をより深く味わい佳句をつくる一助になることと思います。
by sabasaba13 | 2010-06-30 06:25 | | Comments(0)

税関

旧新潟税関
c0051620_22113951.jpg

横浜税関
c0051620_6254051.jpg

旧門司税関
c0051620_626029.jpg

神戸税関
c0051620_6261181.jpg

by sabasaba13 | 2010-06-29 06:26 | 写真館 | Comments(0)

言葉の花綵31

 説得はただ理性と人間性にかなった方法であるだけではありません。それは、今日では自己防衛の唯一の方法でもあります。ですから、われわれはみな、国や身分を問わず、きびしい二者択一の前に立たされています。説得せよ、さもなくば破壊あるのみ。   
Persuade, or perish. (E.H.ノーマン)

 鍛練千日之行 勝負一瞬之行 (蔦文也)

 一犯一語 (大杉栄)

 自然は飛躍しない。(リンネ)

 カリフォルニアには四季がないからつまらないという人がいる。四季はそこにちゃんとある。それを感じとることのできない人間がいるだけだ。(ロス・マクドナルド)

 亢竜悔あり (易経)

 ぼくは、君たちが渡ってゆくための橋だ。(ギュスターヴ・モロー)

 平和のための戦いは、唯一戦うに値する。(アベール・カミュ)

 全世界は哲学するものにとって流謫の地である。(サン・ヴィクトールのフーゴー)

 作品は、ただ音楽のように味わえばいいのです。(ジャクソン・ポロック)

 絶望の虚妄なること まさに希望に相同じい (ペテーフィ・シャンドル)

 私に出来る限りのことを。(ヤン・ファン・エイク)

 この世界には、ボスと、奴隷と、敵と、この三つの関係しかない。(阿佐田哲也)

 前事不忘 後事之師 (中国の諺)

 佳きものへの復元力がないならば それは精神文化とも呼べず (茨木のり子)

 現実の中から思想が生れて来る? 否、現実との距離に於いてのみ思想は生れて来る。苛酷な現実にもかかはらず奴隷は思想をもたない。(田中美知太郎)

 若し世界が、彼らの紛争を解決する方法を、今日もなほ-然り、二十年前に斃れたものの死骸をなほ発見しては葬りつつある今日もなほ-戦争以外に見出しえぬとするならば、それなら、こんな世界は滅びて了つてもよい! (ボールドウィン)

 不平の叫びが自由に発表され、深く考慮され、速やかにその不平の匡救がなされるならば、そのときこそ……市民的自由が最高度に達成せられたといふべきである。(ミルトン)
by sabasaba13 | 2010-06-28 06:23 | 言葉の花綵 | Comments(0)

会津・喜多方編(38):喜多方(09.8)

 その前にある喜多方市立第一小学校には二宮金次郎像があり、その門には「贈 幼少より青年時代を赤貧に生き人生に目標を持って生きた 関柴町 渡部要」というプレート。ここにも歴史がありました。次の世代のために教育施設を寄付する、その意気や良し、ですね。
c0051620_7172199.jpg

 そして蔵が集中するもう一つのポイント、中央通り(ふれあい通り)に出ました。まずは醸造業を営んできた甲斐本家、入場料を払って内部を見学できます。喜多方でも珍しい黒漆喰の座敷蔵・店蔵が見事でした。また店舗では、欅一木から削り上げた螺旋階段を見ることができます。
c0051620_7175126.jpg

 金田洋品店は煉瓦蔵、壁面の切り文字がお洒落ですね。道沿いや路地に蔵が点在していますが、途中から歩道にアーケードがつくられているのは残念。家の顔が見えず、雰囲気ぶち壊しです。
c0051620_7182082.jpg

 私が一番気に入ったのが若喜商店。まずは調和や統一感などくそくらえと言わんばかりのファサード、窓の形や色の配置や建物の構造などすばらしいアンバランスです。破綻すれすれ、惜しいなあ、もう一頑張りすればダダイズムにまで突き抜けたのに… もう一つの見どころは裏の蔵、煉瓦造りの三階建て、おまけにベランダがついているという外連みたっぷりの物件です。なおこちらは無料で内部を見学できます。
そして中央通りと並行する裏通り「歴史的道すじ」を走ってみました。蔵や酒屋が点在する、閑静で落ち着いた渋い雰囲気の路地でした。途中にある安勝寺は蔵造りの本堂が珍しいお寺さんです。
c0051620_7185588.jpg

 さてそろそろ帰京の時間です。駅前まで走り、自転車を返却。夕食は駅近くの丸見食堂にしました。喜多方ラーメンガイドにはこう書いてあります。「一度食べれば分かる、こだわりのスープ。喜多方駅の目の前にある丸見食堂。店主イチオシは、"ネギラーメン"。シャキシャキのネギと肩ロースのチャーシューとの相性が抜群。スープの味を一定に保つために小さな寸胴を使用するというのも、ご主人のこだわりがうかがえる」 さっそくネギラーメン(750円)を注文、水準以上の味ですが、やはりさきほど食べた食堂なまえのラーメンの澄明な味が埋もれ火のように燻っています。
c0051620_7193957.jpg

 そして郡山行き列車に乗り込み、磐梯山や弾正ヶ原や夕日を眺めながら帰京。

 本日の四枚、上の二枚が若喜商店、下の二枚が歴史的道すじです。
c0051620_720563.jpg

c0051620_7202797.jpg

c0051620_7204882.jpg

c0051620_721872.jpg

by sabasaba13 | 2010-06-27 07:21 | 東北 | Comments(0)

会津・喜多方編(37):喜多方(09.8)

 そして国道451号線を西へ進むと出雲神社、こちらの境内には「自由民権発祥之地」という石碑があります。ただ解説等がないので、その由来についてはわかりません。灯明の台座が煉瓦造りなのが、いかにも喜多方らしいですね。
c0051620_8133955.jpg

 そのすこし先を右に曲がると、古い木造家屋の星医院がありました。
c0051620_814790.jpg

 その先にあるのが厚生会館、こちらの敷地には「自由民権 喜多方事件百周年記念顕彰碑」があります。
c0051620_8143644.jpg

 感銘を受けたのは、その石碑のとなりに子ども向けのやさしい説明板があったことです。その内容が素晴らしい。「自分の考えをはっきりいいだせる」「人々はだれでも人間としてのくらしや権利をもつことができる」「もう、こうなったら、政治のやり方を変えるしかない」といった自由民権運動のエッセンスを、わかりやすい言葉で子どもたちに伝えようとしています。そしてこれらの言葉は、今のわれわれに対してつきつけられた刃です。自分の考えをはっきり言っていますか、全ての人が人間としての暮らしや権利をもっていますか、そして政治に無関心になっていませんか、という刃のような問いかけです。最後の部分を引用しましょう。
 いま、私たちは、喜多方事件で農民の人たちが苦しみながらたたかったことは、過去のことで私たちの日常生活とは関係がないことだと簡単に思いがちです。もし、そうだとすると、これから未来への生活に対して責任を持たねばならない私たちは大きなあやまりをおかすことになるかもしれません。そのためにも、新しい世の中をつくりだそうとした農民の人たちの考えや行動のなかから、多くの教えを学びとり、私たちはそれをうけついでいくことがたいせつなのではないでしょうか。
 百周年をむかえて、この碑文の考えがくみとられ、さらには、つぎの世代をひきつぐ人々によって、この説明板が新しく書きつがれてゆくことが碑を建てたみんなの心からの願いです。
 過去から学び、それを次の世代へ引き継ぐという、歴史を学ぶことの意義を簡潔に述べられています。その識見に敬意を表したいと思います。過去に何が起きたかも大事ですが、その過去から何を学び未来に語り継ぐかが、より大事なのだなとあらためて痛感しました。微力を尽くしましょう。なおこの解説で、今走ってきた国道451号線が「会津三方道路」であったこと、農民たちが押しかけた喜多方署がすぐ近くにあることがわかりました。後者について付近を捜しましたが、記念碑等はありませんでした。

 本日の一枚です。
c0051620_815132.jpg

by sabasaba13 | 2010-06-26 08:15 | 東北 | Comments(0)

会津・喜多方編(36):三津谷集落(09.8)

 それでは来た道を戻り、三津谷集落へと向いましょう。緩やかな下り道を快走し、十分ほどで到着。この集落の特徴は、煉瓦造りの蔵です。仲でも圧巻は若菜家、こちらは入場料を支払えば拝見できます。中庭を囲むように、どんどんどんと作業蔵・味噌蔵など三つの煉瓦蔵が建ち並んでいました。アーチ型の入口や窓がなんともチャーミングです。
c0051620_627957.jpg

 それにしても何故、煉瓦造りなのだろう??? 村に歴史あり、町に歴史あり、人に歴史あり、ですね。日経BPネットというサイトで次のようなことがわかりました。会津でも将来瓦葺き屋根が普及することを見込んで、この地での瓦の生産を考えたのが、樋口市郎という人物です。彼は、原料の粘土と燃料の赤松が大量に得られる喜多方の北郊(つまりこのあたり)を適地として選び、1890(明治23)年に登り窯を築きます。そこに出資したのが三津谷集落の若菜家で、その縁で樋口市郎が建てたのがこの煉瓦蔵です。なるほど。ここからは余談ですが、一般的な日本の瓦である「いぶし瓦」は水を吸い込む性質があり、寒冷地では凍結破砕の原因になるそうです。そのため、寒冷の山陰地方では、焼成の最終段階で塩を加え(「塩焼き」)瓦の表面にガラス質の皮膜をつくる方法が採られ、山陰地方の景観を特徴づける独特の赤茶色の瓦に仕上がっています。これに対して、寒冷の喜多方で樋口市郎が考えた凍害対策は、現在の「陶器瓦」の先駆とも言える瓦の素地に釉薬(ゆうやく)をかけて焼く方法でした。当初、釉薬には「灰汁」が使われ、喜多方の古い家屋の多くに使われている独特の風合いの赤味を帯びた飴色の瓦をつくりだしました。後に「灰汁」に代って「益子焼」の釉薬が使われるようになりました。仕上りの風合いは似ているそうです。へえー、知らなかった。つい先日、益子を訪れたばかりなので不思議な因縁を感じます。それにしても、知るって面白いですね。
 それでは喜多方市街地へ戻りましょう。その前に、観光地図によると古い校舎を利用した岩月交流館があるそうなので寄ってみました。擬洋風の校舎もけっこうですが、このような木造校舎のイデーのような物件も味があります。横長・二階建て・中央入口というシンプルなフォルムに、古びた渋い下見板。得も言われぬ懐かしさを感じます。この校舎の長い長い廊下を雑巾がけさせられたかのようなデジャ・ヴさえ脳裡をかすめました。人生を支えてくれるのが思い出だとすると、子ども時代の思い出の核となるのが小学校の校舎だと思います。古い校舎を壊すということは、そのコミュニティが共有する思い出をも破壊するということでしょう。ぜひ保存していってほしいですね。
c0051620_6274375.jpg

 そして一本道を十五分ほど直進すると、蔵が集中するおたづき通りに到着です。この一角だけ見ると、明治の昔にタイム・スリップしてしまったよう。中でも見ものは、店蔵味噌醤油の老舗、ですね。白壁、煉瓦、観音開きの窓、アーチ型の入口が目を釘付けにします。町並みを見惚れていると、かぽっかぽっと観光馬車が脇を通り過ぎていきました。
c0051620_628876.jpg


 本日の七枚、上から若菜家(4枚)、岩月交流館、おたづき通り(2枚)です。
c0051620_6283324.jpg

c0051620_6285923.jpg

c0051620_6292943.jpg

c0051620_6295778.jpg

c0051620_6302889.jpg

c0051620_6305172.jpg

c0051620_6311211.jpg

by sabasaba13 | 2010-06-25 06:32 | 東北 | Comments(3)

会津・喜多方編(35):杉山集落(09.8)

 しばらく国道121号線を走り、岩月のあたりで左折し、杉山集落へと向いましょう。ふたたびだらだらとして上り坂が続きますが、黄金色の稲穂、点在する集落、そして空気遠近法が良く納得できる連山を眺めていると体力はともかく気力は萎えません。途中で煉瓦造りの重厚な蔵を見かけました。交通標語の「運転は命がけより心がけ」はうまいっ、山田君、座布団一枚。そうこうしているうちに「杉山集落」という案内表示を発見。熱塩温泉からここまで約一時間かかりました。ふと見ると「東北自然歩道」という看板があり、熱塩温泉と杉山集落を結ぶ直通ルートがあるではありませんか。自然歩道なので自動車はたぶん通れないと思いますが、自転車だったら大丈夫なのではないか。かなり時間を節約できるはずです。こうした情報もぜひ観光地図に載せてほしいですね。熱塩温泉と杉山集落を自転車で徘徊する物好き、もといっ、エコロジストも少なくないと思います。
c0051620_6254353.jpg

 左折して数分走ると杉山集落に到着です。解説板から引用します。
 杉山は戸数十九戸の小さな集落で、むかしは、木炭と笠の原料となったスゲ草の産地でした。
 一本の小路をはさんで蔵がならび、白と黒の漆喰が美しく調和した観音開きの窓は、杉山ならではの特色を表わしています。また屋根は、市街部では見られない「かぶと」形となり、深い雪の重みに耐えているかのようです。
 これらの蔵は、生活や生産のための貯蔵蔵と、冠婚葬祭や賓客を迎える蔵座敷があります。蔵座敷の内部は漆で塗り飾られ、当時の座敷としては最高のものでした。
 というわけで観音開きの窓とかぶと造りが、ここの蔵の特徴です。一本の小路をはさんで、十数軒の家や蔵が、肩を寄せ合うように、互いをいたわりあうように佇んでいました。窓の形や意匠、色など、まるで妍を競うかのように自己主張しているのが素敵ですね。人びとの蔵にかける思い、そして気概すら感じてしまいます。蔵と自然と暮らしが溶け合っているような集落でした。
c0051620_6261020.jpg


 本日の五枚です。
c0051620_6321464.jpg

c0051620_62773.jpg

c0051620_6273863.jpg

c0051620_62859.jpg

c0051620_6283342.jpg

by sabasaba13 | 2010-06-24 06:29 | 東北 | Comments(0)

会津・喜多方編(34):喜多方(09.8)

 復路はもう最高っ! まわりの風景を眺めながらペダルをこがずにすいすいと快走していきました。おっといけねえ、覆轍覆轍、前方に注意しながら周辺視野で景色を楽しみましょう。押切川を渡り道の駅を通り過ぎると平坦な道となったので、ペダルをこがざるをえません。途中で「金屋」という地名を見かけたので、昔は鋳物師などの職人集団がいたのかもしれません。「今、やっと二流の上… 頑張ってます。」という気になる謙虚な看板を見かけました。
c0051620_6254517.jpg

 熱塩温泉の山形屋という旅館の広告ですが、"一流の田舎"というのはなかなか上手いコピーですね。気になったのでインターネットで調べてみましたが、これが泣かせます。
 地元の誇れる文化で、お客様をもてなしたいと考えております。山形屋がある喜多方市熱塩加納町は、全国でも有名な有機農業の里であり美味しい農産物の宝庫であります。その食材を手造り料理で提供することを基本に、食器や調度品、備品類もできるだけ多く地元の物にこだわって使うようにしております。そして、それらを体験されたお客様からの反応を、地元の人々にフィードバックすることにより、少しでも地域文化の発展に繋げたいと思っております。

 昔から生まれ住んでいる所から半径10km(2里半)以内の地で育った旬の物を食べていれば健康で暮らせるという言い伝えがあります。山形屋では「身土不二(しんどふじ)」を基本に地域の有機農家が育てたお米や野菜などの食材を中心にした料理によるおもてなしに努めております。

 旅行でこの地域に訪れた方々が、温泉や食や自然環境に触れたとき、おもわず「此処に住んでみたい」と感じる地域こそが本物の観光地(一流の田舎)だと考えております。
 有機農業、地産地消、地域文化への寄与、いずれも高い志ですね。機会があったらこの眼で見てみたいと思います。なお、浅学にして「身土不二」という言葉ははじめて知りました。身体と土地および土地が生み出す産物は切っても切れない関係にあるということでしょう。調べてみたところ、1907年(明治40年)、陸軍薬剤監の石塚左玄を会長として発足した食養会という団体が食事で健康を養うための独自の理論を展開し、その考えを一般化するために、理事で陸軍騎兵大佐の西端学が「地元の食品を食べると身体に良く、他の地域の食品を食べると身体に悪い。」と解説したところ、京都のある僧侶が「仏典に身土不二という言葉がある。」と教えたそうです。ここから食養会独自の大原則として広まったとのことです。
by sabasaba13 | 2010-06-22 06:26 | 東北 | Comments(0)

会津・喜多方編(33):熱潮温泉(09.8)

 そして右折して橋を渡ると熱塩温泉に到着です。急な坂道なので自転車から降り、押しながら数分行くと示現寺に着きました。広い境内と立派なお堂、歴史のある古刹のようですね。左手の奥にお目当ての物件「自由民権運動加波山事件殉難志士顕彰墓碑」がありました。加波山事件とは何か。下館・益子編に書いた一文を再録します。
 1884(明治14)年9月要人暗殺を企てた福島・北関東の自由党員らが茨城県真壁郡の加波山に本部を置き、警察分署・商家を襲い警官隊に包囲・検挙された事件。自由民権運動激化事件の一つ。福島事件で逮捕された河野広躰と栃木自由党急進派の鯉沼九八郎、上毛自由党員らが連携、83年以後三島通庸暗殺などを計画し、たびたび延期・失敗。茨城自由党の富松正安も参加した84年9月栃木県庁落成式での襲撃計画も延期により失敗、官憲に察知され、加波山に追いつめられた16人が襲撃行動に走って逮捕された。86年死刑7人・無期徒刑7人。公然と<専制政府転覆><自由立憲政体の造出>を唱えて蜂起し、爆弾を使用したことは、政府や自由党中央に衝撃を与え、弾圧を強め、自由党解党の一つのきっかけとなった。
 これは喜多方事件(福島事件)で農民や自由党を弾圧した三島通庸や政府に対する報復という一面もある事件ですね。参加者十六名のうち十二名が福島県人、そして会津出身が三浦文治と横山信六です。事件後二十六年たった1910(明治43)年、帝国議会で関係者すべての名誉回復が行われましたが、それに先立つ1889(明治22)年に地元の有志によってこの二人の顕彰墓石がここに建立されたそうです。その後、加波山事件判決百十周年にあたる1996(平成8)年に原利八の墓石、三人の辞世の碑、事件説明碑がつけくわえられました。直前に下館を訪れて、偶然「加波山事件志士の墓」に出会っただけに不思議な因縁を感じます。調べていて今わかったのですが、東京谷中霊園に「加波山事件関係者之墓」があるそうです。(三浦文治・横山信六・琴田岩末・小針重雄・天野一太郎) 近々訪れてみるつもりです。なおここにも瓜生岩子の銅像がありました。
c0051620_622499.jpg

 さて杉山集落へと向かいますか。ふと気づくと「温泉神社・大杉」という案内板がありました。巨木マニアとしてはほってはおけない、ちょっと寄ってみましょう。路地に自転車を置き、急な石段を上ると、温泉神社とその前に聳える巨大な杉がありました。解説によると、幹周り6.5mを越える市内でも最大級の巨樹で、樹齢は推定で1000年近いとのこと。うん、これは凄い。苔むす鬱蒼とした森林の中、大地を押さえつけるようにがっしりと根を張り、天空を支えるように枝を張るその姿には神々しさ、畏怖の念さえ覚えます。これは一見の価値あり。というわけで熱塩温泉、なかなかいいところですよ。駅舎・自由民権運動・巨木フリークのみなさん、おいでませ。そうそう温泉フリークの方も(私は入りませんでしたが)。
c0051620_6231594.jpg


 本日の二枚です。
c0051620_6234187.jpg

c0051620_624759.jpg

by sabasaba13 | 2010-06-21 06:25 | 東北 | Comments(0)

会津・喜多方編(32):草木塔(09.8)

 ああようやく熱塩小学校が見えてきました。その前にいくつかの石塔が並んで展示されており、そのうちの一つがお目当ての草木塔です。解説板から引用します。
 この塔は、安政六年(1859)六月の建立で凝灰の角柱石である。
 昔、赤崎の村に信仰深く働き者の甚三郎という樵があった。毎日山に出て用材になる木、薪になる木を切って生計を営んできたが、年老いて家事一切を息子にまかせ、安楽に余生を送っていたが、生計のためとはいえ樹木の生命を絶ったと自責の念にかられ、村はずれの聖地に感謝と供養のため、この塔を建立したと伝えられている。
 この名の塔は全国でも米沢市周辺のみ多くあり福島県内では、これ一基のみである。
 おおおおおおお、なんていい話なんだあ。俺は今猛烈に感動していると、伴宙太のようにだばだばと涙を流したくなりました。動物の供養碑はよく見かけますが、物言わぬ動かぬ植物を供養するとは何という素晴らしいメンタリティでしょう。命どぅ宝を見事に体現した塔に合掌。こうなると、米沢の草木塔めぐりに行きたくなってきました。さて出発、熱塩温泉はもうすこし先のようです。すると「日中線記念館」という看板があり、左手を見やると古い駅舎が見えました。さっそく行ってみると、日中線旧熱塩駅が保存されていました。大きな三角屋根、大きな窓、円形のエントランスなど、ちょっとヨーロッパの駅を思わせる洒落た駅でした。内部に入ると、木製の改札や、切符売場の窓口などが当時のまま保存されています。
c0051620_8534526.jpg


 本日の二枚です。
c0051620_854919.jpg

c0051620_8543075.jpg

by sabasaba13 | 2010-06-20 08:55 | 東北 | Comments(0)