<   2017年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

虐殺行脚 東京編(19):竹橋(16.10)

 そして両国駅から都営地下鉄12号線に乗って門前仲町へ、地下鉄東西線に乗り換えて竹橋駅に着きました。地上に出ると、すぐ目の前にあるのが毎日新聞社、そして竹橋です。1878(明治11)年8月23日、橋西詰にあった近衛砲兵大隊竹橋部隊を中心とした反乱兵計259名が山砲2門を引き出して蜂起、いわゆる「竹橋事件」の舞台となったところです。
c0051620_8234829.jpg

 国立近代美術館・国立公文書館を通り過ぎてすこし歩くと、北白川宮能久親王の銅像がありました。
c0051620_82496.jpg

 たまたま最近読み終えた『日本を問い直す -人類学者の視座』(川田順造 青土社)の中に、この人物に関する一文がありましたので紹介します。
 彰義隊の側で戦った人の子孫で、谷中と桜木に住む、今は故人となられた二人から、私はお話を聞く機会があった。その一人、上野桜木の代々の鳶の頭「れ組」総代の方のお祖父さんは、"上野の戦い"のとき北門を固めた。戦い破れ、折からの五月雨の中を、寛永寺の法親王住職だった公現入道親王、輪王寺の宮を、三河島から田舟に乗せ、品川経由で仙台に逃がす案内を務めたという。
 公現入道親王は、その後仙台藩の伊達家のものに身を寄せ、奥羽越列藩同盟の盟主に擁立された(東武天皇として践祚したという説もある)が、明治元年九月、仙台藩は新政府軍に降伏。親王は京都に蟄居を申しつけられたが、翌年処分を解かれて伏見宮家に復帰。明治天皇の命により還俗して伏見満宮となったが、後に北白川家を相続した。
 明治三年から陸軍軍人としてプロイセンに留学中、ドイツ貴族の未亡人ベルタと婚約し、現地の新聞に発表したため、日本で大問題となる。明治一〇年に帰国し、岩倉具視の説得で、ドイツでの婚約を破棄させられ、またもや京都で謹慎。
 日本で最初の妻とは離婚、伊達宗徳(むねえ)の娘と再婚して、後に張家口で軍務中事故死を遂げた北白川宮永久親王の父となる三男成久王など、多くの子に恵まれる。その後軍務に励んで中将に昇進し、日清戦争後日本に割譲された台湾征討近衛師団長として出征して台湾南部で死。死因はマラリヤとされているが、台南では、台湾人による暗殺説も流布されている。大将に昇進して国葬。台北に台湾神社、終焉の地には台南神社が創建され、その他台湾各地に創建された神社のほとんどで、主祭神とされた。
 戦後、これら台湾の神社がすべて破却されたため、昭和三二年東京の靖国神社に合祀された。靖国神社に祀られた最初の皇族として、やはり靖国に祀られている孫の北白川宮永久王とともに、遊就館の展示でも重視されている。(p.255~6)
 なかなか波瀾万丈の人生を送った方なのですね。

 本日の一枚です。
c0051620_8243593.jpg

by sabasaba13 | 2017-03-31 08:25 | 東京 | Comments(0)

虐殺行脚 東京編(18):横網町公園(16.10)

 「東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑」というモニュメントに合掌して先へ進むと「朝鮮人犠牲者追悼碑」があります。
c0051620_6252070.jpg

 合掌

 碑文を転記します。
 この歴史を永遠に忘れず在日朝鮮人と固く手を握り、日朝親善・アジア平和を打ちたてん 藤森成吉

一九二三年九月発生した関東大震災の混乱のなかで、あやまった策動と流言蜚語のため六千余名にのぼる朝鮮人が尊い生命を奪われました。
私たちは、震災五十周年をむかえ、朝鮮人犠牲者を心から追悼します。
この事件の真実を識ることは不幸な歴史をくりかえさず、民族差別を無くし、人権を尊重し、善隣友好と平和の大道を拓く礎となることを信じます。思想、信条の相違を越えて、この碑の建設に寄せられた日本人の誠意と献身が、日本と朝鮮両民族の永遠の親善の力となることを期待します。
一九七三年九月
関東大震災朝鮮人犠牲者
追悼行事実行委員会
 一読、「あやまった策動と流言蛮語」を誰がおこしたのか、そして誰の手によって「六千余名にのぼる朝鮮人が尊い生命を奪われ」たのかを明記していないことに気づきます。「不幸な歴史をくりかえさ」ないためには、加害責任が誰にあるのかをはっきりさせなければ、そして謝罪と補償を行わなければいけないのに。さらに言えば、日本政府は今に至るまで事実の調査と真相の究明にまったく手を付けていないことを思うと暗然とします。

 この公園を訪れて気になったことを二つ、追記します。
 ひとつめ。関東大震災の犠牲者と東京空襲の犠牲者を同じ場所で追悼してよいものかということ。前者には、天災によるもの、人災(虐殺)によるものがあり、後者は明らかにアメリカ軍による人災(無差別爆撃)です。東京空襲を天災の如くあつかうことによってアメリカの戦争犯罪を免責し、ひいてはアジアに対する日本の戦争責任も免責してもらおうとする腹なのでしょうか。
 ふたつめ。ここで追悼される空襲の犠牲者の中には、大震災時に朝鮮人を虐殺した方が含まれている可能性があるということ。やはり二つに分けた追悼の施設が必要だと考えます。

 本日の二枚です。
c0051620_6254745.jpg

c0051620_6261140.jpg

by sabasaba13 | 2017-03-30 06:27 | 東京 | Comments(0)

虐殺行脚 東京編(17):横網町公園(16.10)

 それでは公園内を見学しましょう。南門から入ると幽冥鐘と鐘楼がありました。解説板を転記します。
 この梵鐘は、関東大震災により遭難した死者を追悼するため、中国仏教徒から寄贈されたものです。
 震災の悲惨な凶報が伝わった中国では、杭州西湖の招賢寺及び上海麦根路の玉仏寺で、それぞれ念仏法要が営まれ、中国在留の同胞に対しても参拝を促しました。
 また、各方面の回向が終わった後は、「幽冥鐘一隻を鋳造して、之れを日本の災区に送って長年に亘って撃鐘し、此の鐘声の功徳に依って永らく幽都の苦を免れしめむ」と宣言しました。
 その後、中国国内で鋳造し、杭州から上海、横浜経由で大正14(1925)年11月1日、記念堂建設地(横網町公園)に運ばれました。
 この鐘を安置する鐘楼は、昭和5年(1930)年8月31日に現在地に完成し、同年10月1日「梵鐘始撞式」を行いました。なお、これら一連の事業の遂行にあたっては、上海の王一亭氏の特段のご尽力がありました。
 王希天をはじめ、多くの中国の方々も虐殺されたというのに… その厚情には感謝するしかありません。
c0051620_630451.jpg

 そして正面に伊東忠太設計の東京都慰霊堂(震災記念堂)が見えてきます。

 合掌

 右手にある重厚な建物は復興記念館、東京の復興事業を記念するため、東京都慰霊堂の付帯施設として1931(昭和6)年に建てられました。内部に、震災被害資料と東京大空襲による戦災関係資料等を展示してあります。その横の屋外には、関東大震災によって溶解した車両や建造物などが野外展示されています。
c0051620_6304081.jpg

 本日の一枚です。
c0051620_631540.jpg

 追記。復興記念館を設計したのは伊東忠太と佐野利器(としかた)であることがわかりました。震災後の東京復興に尽力した建築家ですね。最近読んだ『世界史としての関東大震災』(関東大震災80周年記念行事実行委員会編 日本経済評論社)に、次の一節がありました。
 佐野利器が指導した東京市建築局の復興建築は、病院、卸売市場、区役所、小学校(117校)など多岐にわたった。そのなかで最も重要な意味をもっていたのは、地域のコミュニティの中心として小学校とそれに隣接した小公園をつくり、しかも都市不燃化のシンボル・拠点として鉄筋コンクリート造の立派な建物として小学校を新築したことである。教育局は小学校に水洗便所や暖房は贅沢だといい、また畳を敷いた作法室を設けるよう強く主張した。これに対し、佐野は「水洗便所は小学校内の衛生ということだけでなく、子供を通して市民の衛生思想を高めたい」と譲らなかった。また、作法室についても、「今日は理科教育と公民教育とが一番大切だ。理科教室なら工夫して整備しよう。今はお辞儀の稽古の時代ではない」と。このように、東京の復興小学校のモダンな設計と水洗便所には、佐野の近代合理主義が体現されている(越沢明 『東京の都市計画』 岩波新書、1991年)。(p.118)

by sabasaba13 | 2017-03-29 06:32 | 東京 | Comments(0)

虐殺行脚 東京編(16):横網町公園(16.10)

 そして両国駅から数分歩くと、被服廠跡、現在は横網町公園に到着です。ここで何が起こったのか、『関東大震災 記憶の継承』(関東大震災90周年記念行事実行委員会編 日本経済評論社)所収の『第7章 震災遭難児童弔魂像の建立と関東大震災の「記憶」』(椎名則明)から引用します。
 関東大震災で最も多くの人的被害を出した地域は、東京府本所区横網町一丁目(現・東京都墨田区横網町二丁目、横網町公園一帯)の被服廠跡であった。本所区では、17か所から出火し、海上から吹きつけた強い南風を受けて、瞬く間に密集する木造家屋を焼き払った。
 炎に煽られた近隣住民は多くの手荷物を持ち、あるいは大八車に家財道具を満載にして逃げまどい、隅田川西端に面した被服廠跡に殺到した。これより以前の1919(大正8)年に陸軍被服廠は赤羽に移転していたため、二万坪を超える広大な更地となっていたこの地は格好の避難場所と考えられ、地元の相生警察署員も罹災者を誘導した。
 こうして一旦は安堵の地を得た罹災者であったが、午後四時頃に敷地の三方から発生した火災旋風が罹災者の持ち込んだ荷物に引火し、敷地内に立錐の余地もなく密集した状態で避難していた約四万人の罹災者は逃げ場を失い、3万8000人余が焼死、または蔓延した一酸化炭素によって窒息死した。江戸時代よりすでに災害時に多くの荷物を持ち出すことの危険性は指摘され、これを禁ずる法令も出されていたが、その教訓は活かされることはなかった。
 東京市は市内で最も悲惨を極めた被服廠跡を震災犠牲者の弔祭場とすることとし、1923(大正11)年10月、仮納骨堂を建設した。このため東京市は以前に策定していた造園計画を大幅に変更して、24年2月、中央に震災記念堂を置く公園の設計案を作成し、市議会の承認を得た。
 また、東京市は震災から一年を迎えた同年9月1日、大震災善後会と震災同情会の寄付金五万円を基金として、東京震災記念事業協会を組織し、広く一般から寄付金を募集するとともに、翌年7月には伊東忠太らによる震災記念堂の設計案を採用し、1930(昭和5)年8月の落成を予定した。(p.93~4)

 1951(昭和26)年9月、震災記念堂は被服廠跡や市内各所で火葬された遭難者約5万8000人の遺骨に加えて、アジア・太平洋戦争の都内戦災遭難者約10万5400人の遺骨も安置し、名称を東京都慰霊堂と改めた。ここで毎年、関東大震災が発生した9月1日と東京大空襲が実施された3月10日に犠牲者追悼の法要が営まれている。(p.104)

 本日の一枚です。
c0051620_6273084.jpg

by sabasaba13 | 2017-03-28 06:28 | 東京 | Comments(0)

言葉の花綵156

 非暴力は強力な、ユニークな武器である。これは歴史におけるユニークな武器だ。それは人を傷つけることなしに切り、これを用いる人を高貴にする。これは癒す剣だ。(マーティン・ルーサー・キング)

 私は大したことはできないけど、せめて苦しんでいる子どもたちや、婦人たちに、何かしてあげたい。…罪もないつぶらな瞳の子どもたちの涙と苦悩…。そんな現実を世界の人々が何も知らずにいる。知らされずにいる。報道さえされない。そのことに耐えられないのである。(高遠菜穂子)

 一人を殺せば残虐な殺人者であり、100万人殺せば英雄だ。(チャップリン 『殺人狂時代』)

 抗議して生き残れ。(エドワード・P・トンプソン 『核攻撃に生き残れるか』)

 一瞬のうちにいのちをうばわれた十万人の悲痛を通して、底知れぬ戦争への憎しみと、おかしたあやまちを頬冠りしようとするものへの憤りにみちた告発は、そのまま、日本戦後の初心そのものである。(美濃部亮吉)

 沢国のごとく江山は戦図に入る (洪水のように国は戦乱にまきこまれた)
 生民何の計ありてか樵蘇を楽しまん (タキギをさがさねばならぬ人民はどうやって暮らしをたのしむのか)
 君に憑む話す封侯の事 (大名になる話など、聞きたくもない)
 一将功成って万骨枯る (大将がひとり出世すれば一万の兵隊は骨になるのだ) (曹松)

 戦争と平和。これは、人類に宿命的に課せられた問題ともいえるであろう。だが、いまや、人類は何としても、これを平和の方向で解決しなければならないところまで追いつめられてきた。科学技術の進歩は、一面では文化を高めて人類に幸福をもたらしたといえるけれども、他面ではのろうべき兵器を生んで人類を破滅にみちびく脅威を無限に増大している。われわれは、ためらうことなく、戦争を否定する。(末川博)

 戦争。日本の戦争は、ヤケクソだ。ヤケクソに巻き込まれて死ぬのは、いや。いっそ、ひとりで死にたいわい。人間は、嘘をつく時には、必ず、まじめな顔をしているものである。この頃の、指導者たちの、あの、まじめさ。ぷ! (太宰治 『斜陽』)

 「大きな人間」が戦争を起こそうとしても、「小さな人間」がいないと戦争はできない。これはもう古今東西の歴史に残っている事実です。いくら「大きな人間」がやっきになって戦争をしろと叫んでも、「小さな人間」が動かないと結局戦争はできない。…つまり「小さな人間」が自分たちの力を信じて戦争に反対する限り、戦争はできない。あるいは戦争をやめさせることができる。(小田実)

 そこに居合わせた両国の兵士たちが、皆おごそかに誓ったのだ。このようなことが二度と地上に起こらぬよう、各自が力をつくし、できるかぎりのことをしようと。地上におけるすべての国の人たちが、平和に生きていくべきであり、それを単なる理想に終わらせることなく実現しようではないか、と。これが、われわれの「エルベの誓い」である。(ジョセフ・ポロウスキー)
by sabasaba13 | 2017-03-27 06:28 | 言葉の花綵 | Comments(0)

『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』

 今年に入ってから、『この世界の片隅に』、『スノーデン』、『沈黙』とたてつづけに素晴らしい映画を見ることができました。今年は映画の当たり年なのかな。ケン・ローチ監督の『わたしは、ダニエル・ブレイク』と、通信制中学をテーマとした『まなぶ』も近々見に行くつもりです。するとまたもや面白そうな映画が私の貧弱な情報網にかかりました。チェリストのヨーヨー・マが主役となる『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』という映画です。監督は多くの音楽ドキュメンタリーを手がけてきたモーガン・ネヴィル。チェリストの末席を汚す者として、これはぜひ見たいですね。山ノ神を誘ったら快く同行してくれることになりました。
 個人的な話ですが、今、月に三回、チェロのプライベート・レッスンに通っています。夢は、J・S・バッハの「無伴奏チェロ組曲」を弾くこと。45分のレッスンで、スケールとLEEによる練習曲集「Melodious and progressive Studies vol.2」を先生に教授していただいています。最後は自分の好きな曲ということで、蟷螂の斧、数年前に恐る恐る「無伴奏チェロ組曲」と申し出たところ快諾。やったあ。それ以来、七転八倒、第4番まではとりあえず譜面をなぞることができました。音楽にはまったくなっていないのですけれどね。そして先日、第5番に入ることができました。欣喜雀躍、夢にまで見たプレリュードを猛練習しております。
 尊敬するチェリストはパブロ・カザルス、一番好きな曲はもちろん「無伴奏チェロ組曲」です。よって私としては珍しいのですが、この曲のCDは、モーリス・ジャンドロン、ピエール・フルニエ、パブロ・カザルス、パオロ・ベスキ、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、そしてヨーヨー・マ(新旧二盤)が演奏した7種類のものを持っております。気に入っているのは剛毅なカザルスと優美なフルニエ、ヨーヨー・マの演奏は…うーん、ちょっちね。アウトバーンを疾走するポルシェのようにかっこいいのですが、あまり個性を感じられずほとんど聴くことはありません。でもこの映画を見れば、わが演奏技術の向上に資するところがきっとあるだろうという下心と、彼の演奏を大画面で楽しみたいという気持ちをもってシネスイッチ銀座に行きました。
 銀座か…となると昼食は「煉瓦亭」ですね。まず映画館で指定席券を購入し、すぐ近くにある「煉瓦亭」にはいりました。私はメンチカツレツとご飯を、山ノ神はカキフライと海老のコキールを注文。"私の注文した料理の1.8倍の値段かよ"などと絶対に口には出さず、にこやかに身辺の雑事などを二人で話していると、料理が運ばれてきました。ひさしぶりだなあ、かぷ、さく。クリスピーなころもとしっかりとした歯応えの牛肉、そして滋味あふれる肉汁、ほんとうに美味しい。山ノ神からお裾分けされたカキフライと海老のコキールも申し分なし。至福のひと時でした。
c0051620_22182897.jpg

 余談ですがメンチカツの美味しい店を紹介しますと、根岸の「香味屋」、日本橋の「たいめいけん」、浅草の「アリゾナ」、東府中の「きくよし食堂」、釧路の「スコット」です。

 それでは「シネスイッチ銀座」へと向かいましょう。中に入って映画のチラシを物色すると、『パリを愛した写真家』、『スペシャリスト』、『すべての政府は嘘をつく』、『パリ・オペラ座』、『標的の島』といった面白そうな映画が目白押し。『スペシャリスト』、『すべての政府は嘘をつく』、『標的の島』は絶対に見にいくつもりです。場内に入ると空席が目立ちましたが、こういう映画は人気がないようですね。そして予告編、「ユナイテッドシネマとしまえん」と違い、『クーリンチェ少年殺人事件』、『ぼくと魔法の言葉たち』、『マイ ビューティフル ガーデン』、『ミツバチのささやき』、『海は燃えている』といった、食指の動く志の高い映画ばかりでした。

c0051620_22221538.jpg そしてはじまりはじまり。公式サイトから、ストーリーを転記します。
 世界的チェロ奏者であるヨーヨー・マが、2000年に【音の文化遺産】を世界に発信するために立ち上げた"シルクロード・アンサンブル"。異文化がクロスするシルクロードにゆかりがあり、さまざまな歴史的、文化的、政治的背景を背負ったメンバーたちとともに、ヨーヨー・マは自分自身のアイデンティティを確立していく。

 クラシック界の巨匠ヨーヨー・マが追求しているものは何か? パリの幼少期からの貴重な映像、ニューヨークで親交を深めたジョン・ウィリアムズ、タン・ドゥン、ボビー・マクファーリンなどの証言と、名曲の演奏シーン。ステージでは見ることのできない音楽創造過程や、世界中の音楽仲間たちとの熱いセッションの数々。ケマンチェ、中国琵琶(ピパ)、尺八、バグパイプなど伝統的な東西の音楽と現代音楽とが融合し、国境を超えた究極の音楽そして人間のハーモニーが紡がれ、観る者の心に響く。
 冒頭のシーンからいきなり引き込まれてしまいました。イスタンブールの波止場でしょうか、ヨーヨー・マを中心に、さまざまな民族楽器をもった音楽家たちがライブ演奏をおこなっています。小躍りするようなリズムとテンポ、魅惑的なメロディ、見事なアンサンブル、そして何よりもその歓喜に満ち溢れた表情と仕草。仲間と共に音楽を奏でる喜びが、びしびしと伝わってきます。
 なぜ彼はこのプロジェクトを立ち上げたのか、貴重な幼少期の映像などを交えながら淡々と語ります。中国人の両親とともにパリからニューヨークに移り、4歳でチェロを始め、9歳でジュリアード音楽院へ進学。天稟めざましく、気がつけば若きヴィトルオーソとして世の喝采を浴びていました。しかし成長した彼は悩みます。何のためにチェロを弾いているのか、自分にとって音楽とは何なのか、と。それに対するひとつの答えがこのシルクロード・アンサンブルだったのですね。プログラムに載っていたヨーヨー・マの言葉を引用します。
 何年にも渡り、シルクロード・アンサンブルは進化し続け、文化的結合、歴史、伝統を探求し続ける音楽家やアーティストたちの組織へと発展した。また、異なる幅広いバックグラウンドを持つ者は、お互いの共通点を見出していった。今、我々がやるべきことがあるとすれば、まさに、これじゃないかと思う。現在、世界中の多くの権力者たちが、恐怖を煽ろうとしているからね。メンバー全員がそれぞれの楽器の偉大なる名手である。だけど、その人の性質のほんの一部に過ぎない。彼らの表現方法は、思いやるという1つの行為なんだ。シルクロード・アンサンブルは創造性に溢れ、それぞれの分野に長けている人たちの集まりだ。しかしそれ以上に、彼らは人とのコラボレーションを誰よりも愛し、それに長けている。誰もが何かしらに精通しているが、長けている分野がそれぞれ違うので、自分の知識を他者と共有したいと思っている。個人レベルでそれぞれが進化していく過程を見ることができたのは素晴らしいことだったが、芸術的なレベルでの進化も見ることができた。さらに、それがどのようにコミュニティーや文化や伝統に影響していくのかも知ることができた。違いを乗り越えながら関わり合い、信頼を築いていくことを学んだよ。
 さまざまな伝統文化をもつ音楽家と共演し、その違いを認めたうえでお互いの共通点を見出す。そして音楽という芸術を通して、多様な文化をひとつにし、より美しいものを紡ぎだす。異文化や異民族に対する偏見や恐怖や蔑視を払拭して、世界を少しでも良い方向へ変えていく。ヨーヨー・マが考えたのは、そういうことだと思います。

 彼のもとにさまざまな音楽家が集まりますが、映画では次の四人にスポットライトが当てられます。
 ケイハン・カルホール。イラン出身で、ケマンチェという、膝に立てて弓弾きする弦楽器の演奏者です。1979年の革命に際してイランを離れ、リュックと楽器を抱えてヨーロッパ各地を放浪、そしてようやくアメリカで演奏活動ができるようになりました。しかし祖国の若者に伝統音楽を教えたいと強く願い帰国しますが、政府より国外退去を命じられました。
 ウー・マンは、中国出身の琵琶(ピパ)奏者。彼女は神童とうたわれましたが、文化大革命を経験後、アメリカのオーケストラに憧れて渡米。アメリカで成功を収めますが、中国に戻った際に伝統音楽が凄まじい速さで消えていくのを目の当たりにし、今では民族音楽の復活に努力しています。
 キナン・アズメはシリア出身のクラリネット奏者・作曲家ですが、内戦の勃発で国外追放を余儀なくされました。凄惨なシリア情勢のなか、彼は「音楽にいったい何の意味があるのか」と自問し苦悩します。しかし「人々には音楽が必要だ」と思い直し、ヨルダンの難民キャンプに行き、子どもたちのためのワークショップを開きます。
 クリスティーナ・パトはスペイン北西部のガリシア地方出身のバグパイプ(ガイタ)奏者です。この地方はケルト系民族が暮らし、独自の音楽文化をもっています。しかし彼女はそうした伝統に反逆し、ロック・バンドと共演するなど奔放な演奏活動を行ないました。人呼んで"ガイタのジミヘン"。しかし今ではアイデンティティを生かし続けることの重要性に気づき、伝統音楽の擁護者となっています。

 故郷から拒絶された者、故郷を棄てた者、故郷を破壊された者、そして故郷に反逆した者。故郷との関わり方はさまざまですが、紆余曲折を経て伝統音楽のなかに自分のアイデンティティを見出した方たちです。最近読んだ『言葉と戦車を見すえて』(ちくま学芸文庫)の中で、故加藤周一氏がこう述べられていました。
 自国の伝統的文化に対する無関心は、そのまま歴史的感覚の鈍さに通ぜざるをえない。ところが、その名に価するあらゆる文化は、深く歴史的なものである。(p.149)
 そしてヨーヨー・マのもとに集い、互いの文化の違いを認め合ったうえで、より素晴らしい音楽を紡ぎだそうとする彼ら/彼女らの姿に感銘を覚えました。

 多様な文化を、多様な人びとを、音楽という普遍的な力で一つにしようとするシルクロード・アンサンブル。その素晴らしい演奏を心ゆくまで楽しんでください。
 とくに印象に強く残ったシーンが二つあります。まずはシリア内戦と難民キャンプの映像です。空爆のなかを逃げまどう人びと、傷つき殺される女性・老人・子どもたち。想像を絶するほど劣悪な環境の難民キャンプ。そして言葉をつまらせ涙を浮かべながら、思いを語るキナン・アズメ。この圧倒的な暴力と殺戮を前にして、彼ならずとも音楽の無力さを思い知らされます。しかし、誰かが"音楽は何も変えることは出来ない。しかし、音楽は何度でも人の心を救うだろう"と言っていました。音楽に励まされながら、世界で何が起きているのか、その原因は何なのか、知り、考えていきたいと思います。
 もう一つは、ウー・マンが西安で出会ったチャン・ファミリー・バンドです。影絵人形劇団なのですが、その伴奏音楽が凄い、凄すぎる。「ロックは中国から始まった」と豪語する彼らですが、掛け値はありません。シャウトする歌声、力強いリズム、ダイナミックな大音量、まさしくロックです。残念なことに後継者がいないとのこと。ウー・マンの尽力によってニューヨークで演奏を披露したそうなので、それをきっかけに後を継ぐ人が現れるといいですね。来日してくれた、絶対に聴きにいきます。

 追記。今読んでいる『現代日本小史 上巻』(みすず・ぶっくす)の中で、矢内原忠雄がこう書いておられました。さすが、わかっていらっしゃる。
 世界の文化は諸民族文化の特徴ある差異あることによって、豊富にせられるのである。(p.9)

by sabasaba13 | 2017-03-26 06:35 | 映画 | Comments(0)

虐殺行脚 東京編(15):両国(16.10)

 さて、そろそろ小腹がへったので、地元資本の喫茶店でモーニング・サービスを食したいところですが…見当たりません。せんかたなし、駅前にあった「EXCELSIOR CAFFE」に入ってモーニング・サービスをいただきました。珈琲を飲みながら、さきほど「亀戸梅屋敷」の塀に置いてあったチラシを拝見。
c0051620_724167.jpg
 東日本大震災から5年。復興への長い道のりを覚悟しながらも、必死に立ち上がり、前を向いて力強く歩き出す人々の物語。
 原発を受け入れ。原発と共に生き。そして原発に故郷を追われた人々。その故郷を悼む、悲しき挽歌。
 差別、人権と人命の軽視という点で、朝鮮人虐殺と原発事故はつながっていると思います。そしてマイノリティをいたぶって己を強く見せ、ストレスを発散させるところも。最近報道される、原発事故から避難してきた子どもたちへの「いじめ」を見ても、この虐殺事件の真相究明と責任追及、謝罪と補償を怠ってきたつけがまわってきているのではないでしょうか。犠牲者がいないと稼働しない日本というシステム。いつまで続ける気なのでしょう。

 JR亀戸駅から総武線に乗って両国駅へ、横網町公園へ向かいます。途中に、「置いてけ堀・御竹蔵跡」という解説板があったので、後学のために転記します。
 この辺りには、幕府の資材置き場だった御竹蔵があり、その周りには掘割がありました。
 ある日、町人がこのあたりの堀で釣りをしたところ、たくさん魚が獲れたので、気を良くして帰ろうとすると、堀の中から「置いてけ!」という怪しい声がしました。逃げるように家に帰って、恐る恐る魚籠をのぞくと、釣れた魚が一匹も入っていませんでした。
 これが、本庄七不思議の一つ、「置いてけ堀」の話です。話の内容や場所には諸説があり、置いてけ堀は「錦糸堀」との説もあります。作られたのは寛政年間(1789~1801)といわれ、七つ以上の話が伝えられています。
 インターネットで調べたところ、あとの六つは、送り提灯、送り拍子木、消えずの行灯、足洗い屋敷、片葉の葦、狸囃子だそうです。津軽の太鼓と落葉なき椎を入れる説もあるとのことでした。
c0051620_7242996.jpg

by sabasaba13 | 2017-03-25 07:25 | 東京 | Comments(0)

虐殺行脚 東京編(14):亀戸(16.10)

 それでは亀戸駅へと戻りましょう。ビルの狭間から見えるスカイツリーを撮影。近くのお店に「亀戸大根とあさり鍋」という看板がありました。転記します。
 亀戸大根(別名お多福大根) 江戸時代から大正まで當地で栽培された大根でこぶりできめ細かく葉も柔らかいのが特徴の江戸野菜です 當時は漬物として庶民に親しまれていましたが江戸前のあさり鍋に相性が良く當店のあさり鍋には使われています
 ここ「升本」というお店で食べられるようです。まだ開店しておりませんので再訪を期しましょう。虚飾に満ちた貧相な通りをしばらく歩くと、「コルドバ」というパチンコ屋がありました。
c0051620_6213756.jpg

 コルドバ…かつてウマイヤ朝の首都として栄えたスペインの町のことでしょうか。以前に訪れたことがあります。なぜそれを店名にしたかは分かりませんが。それにつけても気になるのは、パチンコ依存症の現状です。『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか』(若宮健 祥伝社新書226)を読んでいただければわかるのですが、違法であるにもかかわらず換金行為が公然と横行し、ハイテク技術を駆使した賭博性の高い機械があふれ、店内にATMがあるのは当たり前、五万円の軍資金がなければ落着いて打てない状況になっているそうです。さらにコンピューターによる顔認証システムも導入されるケースもあり、入店した客の顔を検知してデータベース化して、出玉を調整するのだそうです。若宮氏の推定によると、パチンコ依存症の人は100万人を越え、巻き添えになっている家族を含めるとその被害者は300万人を越え、さらに年金生活者と主婦といった社会的弱者をターゲットにしていると氏は指摘されています。しかし一向に規制される様子が見えないのは、警察と政治家が利権がらみでずぶずぶの状態だからですね。
 それに対して、パチンコを全廃させた韓国。なぜ韓国ができて日本ができないのか。これは国民性の違いというよりも、歴史的経験の違いだと思います。「ハンギョレ新聞」の創刊時の編集局長だった成裕普(ソンユポ)氏の言葉を何度でもくりかえします。
 当たり前ですよ。われわれ韓国人は、あのひどい軍政時代に市民が血を流して闘い、自らの力で民主主義を獲得しました。だからわれわれは自信を持っています。日本の歴史で、市民が自分の力で政権を覆したことが一度でもありますか。
 桂太郎内閣と岸信介内閣を倒したのは、それに該当すると思いますが。ただ偉そうに付言すると、第二次大戦後の、アメリカと日本に支えられた軍事政権への命がけの抵抗だけが、民主化を求めるパワーとそれに対する自信を生んだのではないと思います。三十六年間の苛酷な植民地支配、独立運動・義兵運動への凄惨な弾圧、いま追いかけている関東大震災時の虐殺、強制連行、創氏改名をふくむ皇民化政策、従軍慰安婦など、われら日本によって行なわれた行為から、朝鮮の方々は人権と民主化の大切さを身に心に刻み込んだのではないでしょうか。そして戦後の軍部政権期においてもその炬火は燃え続け民主化を勝ち取り、そしてそれが脈々と若い世代に受け継がれている。朴槿恵(パク・クネ)大統領を辞任へとおいこんだ、パワフルな抗議行動を見ているとそう痛感します。なお『韓国現代史』(文京洙 岩波新書984)の書評を読んでいただけると幸甚です。
 なお北朝鮮の方々がこの炬火をどのようなかたちで受け継いだのかも、ぜひ知りたいところです。
by sabasaba13 | 2017-03-24 06:22 | 東京 | Comments(0)

虐殺行脚 東京編(13):亀戸事件(16.10)

 労働運動家たちが追い込まれた、緊迫した状況を、『女工哀史』を書いた細井和喜蔵の妻・高井としをが、『わたしの「女工哀史」』(岩波文庫)という自伝の中で、こう語っています。
 七日目ぐらいになると余震も少し間をあけるようになり、アパートへ帰ろうかと思っている時でした。細井の友人で、同人誌に詩を書いている山本忠平さんが、坊主頭で紺の印ばんてんに縄帯姿で現われました。「君たち、こんなところでなにしていたのか。早く逃げないと殺されるぞ。南葛労働組合の執行部は全員殺された。僕も今から田舎へ行く。とにかく早く逃げろ。アパートへ荷物をとりに行ったらつかまるぞ」といって、お別れしたのです。(p.81)
 なお亀戸事件および大杉栄虐殺事件と、朝鮮人虐殺をひとくくりにしてとらえる意識が私にはありましたが、下記の二書によってその蒙を啓かれました。まずは『関東大震災と朝鮮人虐殺 80年後の徹底検証』(山岸秀 早稲田出版)です。
 しかし自警団は、社会主義者からの自警をさほど意識していなかったようである。自警団による社会主義者襲撃は事件としてはあるが、数としては非常に少ない(公式記録の特別審査局資料では二件。この資料にはのっていないが、埼玉県熊谷町で自警団が社会主義者を襲ったとの聞き取りもある)。むしろ社会主義者は自警団に加わってさえいる。官憲によって虐殺されるアナーキストの大杉栄自身、九月九日以降、自警団に加わっていた。

 姜徳相は社会主義者が自警団に加わっていたこと(大杉だけではなかった)について、「社会主義者が朝鮮人を殺したという証拠はない。しかし、社会主義者を含む自警団が殺す側にあり、殺される側に朝鮮人がいたという事実は否めない事実である」(関東大震災70周年記念行事実行委員会編 『この歴史永遠に忘れず』 日本評論社 1994年)と述べている。
 神田文人は「関東大震災後の社会主義者の発言に亀戸事件・甘粕事件の批判・告発はあるが、朝鮮人虐殺の告発、中国人虐殺の批判はない」(同書)と述べている。(p.43)
 そして『関東大震災』(姜徳相 中公新書414)です。
 前二者(※亀戸事件・大杉事件)が官憲による官憲の完全な権力犯罪であり、自民族内の階級問題であるに反し、朝鮮人事件は日本官民一体の犯罪であり、民衆が動員され直接虐殺に加担した民族的犯罪であり、国際問題である。この相違を峻別しないということはない。(p.208)
 「関東大震災後の社会主義者の発言に亀戸事件・甘粕事件の批判・告発はあるが、朝鮮人虐殺の告発、中国人虐殺の批判はない」という言葉の重さを銘肝します。
by sabasaba13 | 2017-03-23 06:27 | 東京 | Comments(0)

虐殺行脚 東京編(12):亀戸事件(16.10)

 また『日本の百年6 震災にゆらぐ』(今井清一 ちくま学芸文庫)には、下記のような一文がありました。
 亀戸事件となると、真相の発表も責任者の追及も、ともに大杉事件に輪をかけたいいかげんなものだった。事件は九月五日の払暁に起こされていたのに、警視庁は、十月十日までじつに一ト月以上も、ひたかくしにかくしていたのである。
 「東京亀戸署が□余名を□殺した事実ついに暴露して発表さる (注、□印は削除を示す)
 大震災の起こった際、東京亀戸署に多数労働者殺戮の惨害が強行されたが、絶対に秘密を守ると同時に、警視庁は内務省警保局と打ち合わせ、一切掲載の禁止を命じて許さなかったところ、証拠として消すべからざる事実にたいし、秘密はとうてい保たれうべくもあらず、ついに十日警視庁はその事実を発表せざるを得ざるにいたった。
 事件の内容は、東京市外大島町三ノ二二三純労働者組合長平沢計七が震災三日夜十時ごろ、夜警から帰宅したところを張り込みの亀戸署に検束され、市外亀戸三五一九南葛飾労働組合本部理事川合義虎(二二)同山岸実司(二一)同北島吉蔵(二〇)同鈴木直一(二二)同近藤広造(二〇)同加藤高寿(二七)等が三日夜会合したところを亀戸署の多数刑事に踏み込まれ、書類・端書などことごとく押収検束され、さらに吾嬬町大字小村井南葛飾労働組合吾嬬支部を家宅捜索後、夜警中の同支部長吉村光治(二四)を九名が襲いかかって検束しさったが、その後家族知己が検束後の消息を案じ、亀戸署に照会するとことごとく放還の旨を回答した。
 しかるに事実は三日(ママ)午前三時から四時のあいだに同署演武場前広場において前記八名と他□名を整列させ、軍隊と協力して銃剣をもって刺殺し、惨死死体は連日夜陰に乗じて自動車で木下川、荒川放水路方面に運び、河中に投棄もしくは某所に埋葬したものである。氏名不明の□名は震災三日の混乱に乗じ、相生署管内における強盗掠奪団の一味三名その他七、八名の□□□等である。(東京電話)」 (大阪毎日新聞、一九二三年十月十一日)
 これでは、警察と軍隊(習志野の騎兵第十三連隊)による組織的な虐殺事件と思われても、弁解の余地はあるまい。それなのに、古森亀戸署長は、発表にさいして、事件の原因を、つぎのように語ることを忘れなかった。
 「平沢計七ら八名は、二日の晩に亀戸三ノ五一九南葛労働組合本部川合義虎方の屋根上で、火災を見ていて『おれたちの世がきた』と革命歌をうたい、不逞漢が毒薬を井戸に投入したなど流言をはなっていたことを川合の付近のものが密告してきたので、おどろいて引っぱってきた。そのうち佐藤欣治、中筋宇八の二人は、不逞漢とともに暴動したので本署に連行したのである。
 ところが四日夜、前述の自警団四名のさわぎに応じてさわぎたて、そのうえ同夜十二時から五日午前三時のあいだに、留置中の不逞漢一団が狂暴となり、すさまじい奇声をあげると、一同付和雷同し、全署にみちた留置人は足ぶみして革命歌を高唱し、『殺すなら殺せ、われらの世がきた』と狂暴いたらざるなきありさまとなり、これが成り行きはじつに恐るべき状態となったので、自分は死を覚悟し、署員一同にも同様覚悟を申しわたしました。到底手がつけられないので、やはり軍隊に制止方を依頼すると少尉が五、六名の兵士をひきいてきた。するといっそうさわぎが大きくなり暴れ狂うものを監房からひきだすと、またも薪雑棒をふりかざして抵抗したから、兵士はついに彼らを演武場まえ広場につれ行き、銃剣でさし殺したのである。
 死体はその場で一時菰をかぶせておいたが、臭気を発散するので、七日、四ツ木橋の荒川放水路における焼死体圧死者火葬の場所へ運び、火葬に付したのである。遺族が本人の消息を尋ねに来たが放還したと答えておいたのは、殺したといったら、騒ぎが大きくなるからと思ったのでいまさら考えれば、じつに申しわけないが、自分はあの場合やむをえない処置として悪いとは思っていない。警視庁へも報告したが何とも自分の進退に関して言ってこない。自分もまた辞表を提出しようとも考えていない。(東京電話)」 (大阪毎日新聞、十月十二日)
 しかし総同盟会長の鈴木文治は、当時いあわせた幾多の証人の言をひいて、亀戸署長の言を反駁している。第一に、平沢らは拘引前になんの不穏挙動もなく、かえって罹災者救済のために活動していた。第二に、平沢らがほうりこまれたその夜の警察ははなはだ静粛で、革命歌も聞こえなければ、さわがしくもなく、ただ終夜銃声のみが聞こえた。第三に平沢らは手錠をかけられていたらしく、殺されるときには抵抗をせず、また抵抗ができなかったという。(鈴木文治「亀戸事件の真相」、『改造』 一九二三年十一月)
 種蒔き社では「亀戸の殉難者を哀悼するために」翌一九二四年一月に事件関係者の記録を集めて『種蒔き雑記』を出し、とくに「この雑記の転載をゆるす」と断り書きを付した。これによっても、殺された平沢、川合らはいずれも夜警に出ており、自警団の朝鮮人迫害をおしとどめたことはあっても、なんら不穏な行動をとっていなかったことがわかる。
 平沢と川合について、土田杏村はこう書いている。
「ぼくが従前からその思想を知っていたのは、平沢計七、川合義虎の二人である。前者は『労働週報』の編輯者であり、後者は南葛労働組合の幹部であった。南葛労働組合の名をぼくが知ったのは、本年春、本所の汽車会社事件のときからであったが、この事件は労働者のうちの集中主義派と自由連合派の争いのもっとも露骨になったものとして有名であった。川合義虎らの南葛労働組合はそのなかの集中主義派にぞくしていた。川合の書いた論文は『労働新聞』などにのっているが、その趣旨は自由連合主義を攻撃したものであり、彼ら自身の立場については語るところがない。しかしボルシェヴィズムにかたむいた組合の集中主義を信奉していたことだけは疑うべくもない。
 平沢計七は『労働週報』の編輯者であったから、ぼくはもっともひんぱんに彼の思想をうかがうことができた。彼は労働組合の発達に力を注いでおり、社会主義やアナーキズムにたいしては、なるべく中立的態度を取ろうとしていたようである。これは編輯者たる彼の地位がそうさせたのでもあろうが、とにかく彼はつねにそのことを公言していた。一時『労働週報』は自由連合派にかたむくもののごとくみえ、その種の論文がたくさんにのった。しかるに平沢が編輯署名人になってからは、その態度がすっかりのぞかれ、両派の意見を公平に掲載し、平沢自身はそれに中立的の態度を持した。ぼくはひそかに彼の編輯ぶりに感心していたものである。
 新居格が『週報』の立場を『解放』に書いて、『週報』は従来自由連合主義にかたむいていたが、最近にはふたたびボルシェヴィキの態度を復活させるそうだと書いたときには、平沢はすぐにそれを誤報だと取り消して、
『労働週報はアナーキーでもなければ、ボルシェビキーでもない。合同派でもなければ、自由連合派でもない。いま労働者共通の階級意識を訴えて、資本主義を倒す剣であり、その事実を報道する筆である。同時にまた、全労働者の友情に訴えて、意志の疎通、感情の融和を計る「暖き手」である。』 (『労働週報』 一九二二年十二月十二日)
 と書いた。
 ぼくはさらに平沢が、たんなる暴力主義者ではなく労働争議の場合には、つねに穏健の手段を取ることにつとめてきた人だということを、ここへとくに記載しておきたい。大島製鋼所の争議に平沢が加わっていたため、官憲は彼をその煽動者ともくし、あらゆる圧迫の手段をとったとき、彼が憤慨して書いた一文のなかにつぎの言葉はよく彼の態度を語っている。またその煽動は事実でなかった証拠には、平沢自身が書いているとおりに、彼は監獄へもどこへもぶち込まれずにすんだのである。
『おれはかつて労働争議に関係したことが、過去七、八年間にわたって、百件以上にのぼっている。しかしながら幸か不幸か、いまだ暴行事件をひき起こしたことはない。それは一面急進論者にたいして相すまんことであると思っているが一面、悲惨な谷底へ蹴落さるる労働者を見るにしのびなかったからである。』 (『労働週報』 一九二二年十一月二十一日)
 こうした態度の平沢が、いかに混乱をきたしたときとはいえ、古森警察署長のいうごとき事実をなしたとは、どうしても考えられない。」 (土田杏村 『流言』)
 川合義虎は、坑夫出身で渡辺政之輔とともに南葛労働会を組織した闘士で、共産青年同盟の委員長でもあった。吉村光治も南葛労働会の闘士だが、孝行息子で評判だった。震災のときには、病母を背負って避難し、しもの世話までしている。実兄の南喜一は弟を殺されたことに憤慨し、やがて共産党に入党して活躍した。(のちに水野成夫とともにもっとも早く転向し、一九六二年当時国策パルプの重役であった。)
 立花春吉も亀戸署に検束されたひとりだが、あやうく助かった。彼は亀戸署の凄惨な模様をこう供述している。
「身の危険を感じたので、私は九月三日亀戸署に保護を願い出た。自分のいた室は奥二階の広い室で、行った当日は二十人ぐらいを全部鮮人の人であったが、四日ぞくぞく増して、たちまち百十名以上の大人数になり足をのばすことさえできなくなった。
 四日の朝便所にいったら、入口のところに兵士が立番をしていてそこに七、八人の死骸や○○○○○○にムシロをかけてあった。また横手の演武場には血をあびた鮮人が三百人ぐらい縛られていたし、そのほかの軒下に五、六十人の支那人が悲しそうな顔をしてすわっていた。
 四日夜は凄惨と不安にみちていた。銃声がぽんぽん聞こえて翌朝までつづいた。しんとして物音ひとつ聞こえない。ただ一人の鮮人がかなしい声をあげて泣いていた。
『自分が殺されるのは、国に妻子をおいてきた罪だろうか、私の貯金はどうなるだろう』
 この怨言はさびしく、悲しく、聞くにしのびがたいものであった。
 翌朝立番の巡査が言った。
『昨夕は鮮人十六名、日本人七、八名殺された。鮮人ばかり殺すのでない。わるいことをすれば日本人も殺す。おとなしくしていてわるいこともなければ殺されないぞ』
 そのとき、ふと私は〈南葛労働組合の川合〉という言葉を聞きつけた。三人ばかりの巡査が立ち話をしているのだ。〈やられたな〉と私は急に自分の身がおそろしくなった。
 五日便所へいく道で、日本人らしい三十五、六歳の男が二人はだかにされて手を縛られているのを見た。一人は頭に傷があり、一人は半死半生の状態であった。
 その夜また数十人殺された。銃と剣で。
『いやな音だね。ズブウと言うよ』
 窓からのぞいてみた老巡査が妙なアクセントで、ほかの二人の巡査に話していた。」 (「地獄の亀戸署、『種蒔き雑記』)
 藤沼栄四郎にいたっては、はるかあとの九月十八日になって検束され、亀戸署で半死半生の目にあわされた。芝浦に荷揚げの仕事があることがわかったので、失業者救済のため、
「会員にして職を求むるものは三田四国町労働総同盟本部に来たれ、なるべく朝六時半まで、南葛労働会本部」
というビラを刑事の承諾をえてはったのに、軍隊から言いがかりをつけて留置されたのである。
 多数の警官のなかには、しぶしぶ手を下したものもいる。八島京一は平沢計七のグループの一人だったが、彼は、九月四日の朝、顔なじみの巡査から、ある告白を聞かされた。
「自分は三、四人の巡査が荷車に石油と薪をつんでひいていくのと出会った。そのうち友人の丸山君を通じて顔なじみの清一巡査がいたので二人は言葉をかわした。
『石油と薪をつんでどこへ行くのです』
『殺した人間を焼きに行くのだよ』
『殺した人間…』
『ゆうべ人殺しで徹夜までさせられちゃった。三百二十人も殺した。外国人が亀戸管内に視察にくるので、きょういそいで焼いてしまうのだよ』
『みな鮮人ですか』
『いや、なかには七、八人社会主義者もはいっているよ』
『主義者も…』
『つくづく巡査の商売がいやになった』
『そんなにおおぜいの人間をどこで殺したんです』
『小松川へ行くほうだ』 (「平沢君の靴」、『種蒔き雑記』)
 虐殺が組織的におこなわれたことは明らかであろう。
 虐殺をわずかに逃れた人びとで、現在なお社会運動に活躍している人も少なくない。
「南葛労組の指導者として(川合らと)起居をともにしていた黒田寿男は、…震災の日の前夜、腸チフスで入院したため、千葉騎兵連隊の刺殺からまぬがれた。浅沼稲次郎や稲村順三や北原竜雄や森崎源吉やなどは近衛騎兵連隊の営倉から移されて淀橋警察戸塚分署に拘留されていたので、これも命拾いをした。私は平沢計七の斬られた首を胴体の横に据えて写されたガラス板の写真の原板を持っておったが、いつとなく失ったことは残念でたまらない。」 (鈴木茂三郎 『ある社会主義者の半生』 一九五八年)
 川合らは、たんに兵士の銃剣で刺し殺されたのではなかった。おそらく鈴木が失くしたのと同じだと思われる写真が、志賀義雄の『日本革命運動の群像』(一九五六年)にかかげられている。(p.142~51)

 本日の一枚です。
c0051620_6322100.jpg

by sabasaba13 | 2017-03-22 06:32 | 東京 | Comments(0)