小金井公園編(2):(05.4)

 ロータリーから左へ、いこいの広場を抜けてしばらく歩くとそこが歴史的価値の高い民家や商店、個人住宅や銭湯などを移築・展示してある江戸東京たてもの園です。前の池には、重なり合って甲羅干しをする亀たちが。この光景は小確幸(小さいけれど確固たる幸せ)です。さて中に入りましょう。
c0051620_205453.jpg

 建築史家の藤森照信氏がプロデュースしただけあって、逸品ぞろい。思わずニヤリとしてしまうような建物がそろっています。東ゾーンの下町中通りは、「千と千尋の神隠し」のモデルとなった子宝湯を中心とした道の両サイドに看板建築(のっぺりとした板状の前面部=ファサードにモルタルや銅板製の装飾が施されている商店建築)が建ち並び、昔懐かしい人間くさくて薄汚れていてあったかい雰囲気にどっぷりと浸れます。ああ、やっぱりスターバックスコーヒーがないとホッとします。あれが一軒あるだけで、街の表情が金太郎飴のように平板になってしまうんだよなあ。私のお気に入りは、子宝湯に向かって右手にある武居三省堂(文具店)と花市生花店。木造三階建てのファサードに広がる遊び心に満ちた装飾の数々。こういう建物の存在を許さない文明にどんな意味があるのだろうと思います。その前にある植村邸の銅板に刻み込まれた、東京大空襲時の焼夷弾の破片が突き刺さった跡も見逃すことなかれ。
c0051620_20541968.jpg

 他にも、高橋是清邸(二・二六事件の際に、彼はこの家で殺害される)、常盤台写真館、下谷消防署望楼上部(なぜ壊してしまったの!)、モダニズム運動を主導した堀口捨巳設計の小出邸、典型的な出桁造りの小寺醤油店、風間(藤竜也)とお涼さん(篠ヒロコ)が見つめあっていそうな鍵屋(居酒屋)などなど。あっという間に時がたってしまいます。山ノ神のお気に入りは建築家前川國男の自宅。1942(昭和17)年という建築資材の入手困難な時期に竣工しながらも、吹き抜けの空間と壁面いっぱいのガラス窓・障子で開放感と明るさを演出した見事な建築です。「いつかこんな家を建ててみせるとね…」と左門豊作のように目に炎をたぎらせる山ノ神。インシャラー(神が望み給うなら)。
c0051620_20543286.jpg


 本日の二枚は、子宝湯と三省堂・花市生花店です。
c0051620_20554014.jpg

c0051620_20555479.jpg

# by sabasaba13 | 2005-04-28 06:14 | 東京 | Comments(0)

小金井公園編(1):(05.4)

 先日、山ノ神といっしょにお花見に行ってまいりました。上野、谷中、墨堤、井の頭公園など、いろいろ選択肢はあったのですが、選んだのは小金井公園。玉川上水沿いに位置した、面積77ヘクタール(日比谷公園の4.7倍、上野公園の1.4倍)の広大な公園にあふれかえるらしい桜と、併設されている江戸東京たてもの園が楽しみです。JR中央線の武蔵小金井駅から循環バスに乗って、公園に到着。目の前が玉川上水です。そういえば、太宰治が入水自殺をしたのはどのあたりなのでしょう。現在のしょぼしょぼした流れからは、溺死するなんて想像もつきません。上水にかかる橋を渡ると、目の前に広大な公園が広がっています。視界に人工物がないと、気持ちがいいものですね。ただ自家用車で来園する人が多く、公園の駐車場は満杯、空くのを待つ長い行列ができていました。正面口から入り直進、ロータリーのところに桜の巨木があります。あたりを睥睨する見事な枝ぶりに、さっそく魅入られました。花はまさに満開、まるで周囲の空気を桃色に染め上げるかのように咲き誇っております。ほわあ…
c0051620_20291941.jpg

# by sabasaba13 | 2005-04-27 07:06 | 東京 | Comments(0)

谷中安規

 衝撃でした。先日の「美の巨人たち」(テレビ東京土曜日午後十時)で初めて知った、谷中安規(たになか やすのり)の版画の印象です。大胆かつユーモラスで骨太な線とフォルムで描かれた、幻想とも夢とも悪夢ともつかぬ摩訶不思議で超現実的な空間。時には静謐に、時には騒々しく、裸体の男女や幼児や蝶や巨大な眼や望遠鏡や自転車が、画面にあふれています。どこか懐かしいけれど、心の暗部をざっくりと抉り取られて眼前にさらけだされたような気持ち。
 谷中安規。1897(明治30)年、奈良長谷寺の門前町に生まれ、25歳で版画を志し、以後放浪と貧窮のなかで独自の版画をつくりつづけます。生米とニンニクとカボチャを食べながら… 1946(昭和21)年、栄養失調によって餓死。番組で紹介された彼の言葉、「ぼくに就職をすすめることは、間接殺人です」が心に残ります。内田百閒が彼を敬愛し、「風船画伯」と名づけ、装丁と挿絵を彼に依頼してつくった絵本が『王様の背中』。これはぜひ読んでみたい! どうやら絶版のようなので、さっそく古本屋さんに注文しました。

 インターネットで調べると、昨年松濤美術館や宇都宮美術館で彼の展覧会が開催されていたのですね。悔しい、見たかった。今年の6月4日から、柏わたくし美術館で20点ほど彼の版画が展示されるようなので、行くつもりです。それにしても、これまで彼の存在をしらなかった己の未熟さを痛感するとともに、まだまだ見たことも聞いたこともないない素晴らしい画家や音楽家がいるかと思うと嬉しくなります。人生は生きるに値します。

「風船画伯 谷中安規」というHPがありましたので、紹介します。
 http://homepage2.nifty.com/taninaka/taninaka.htm
# by sabasaba13 | 2005-04-26 06:17 | 美術 | Comments(2)

「ビッグイシュー日本版」

 「ビッグイシュー日本版」購入。うかつにもこの雑誌の存在をこれまで知りませんでした。ホームレスの方々の自立を応援するために、世界各国で行われている事業の一環なのですね。この雑誌が定めた行動規範を守りながら街頭で販売し、一冊売れるごとに200円のうち110円が収入となるシステムです。うろおぼえなのですが、ニュー・ディール政策により仕事をもらったアメリカの失業者が、「私が欲しいのは、施しではなくて仕事なのだ」と言ってルーズベルト大統領に感謝したというエピソードを思い出しました。人間を支えるのは、生きがい、仕事、そして誰かに必要とされているという思いなのですね。私も、通勤途中の御茶ノ水駅そばの橋で販売しているホームレスの方から購入するようになりました。
 雑誌の内容も大変充実したものです。26号では、東儀秀樹(雅楽奏者)とジェイミー・フォックス(『レイ』の主演男優)、ジャック・ペラン(『コーラス』の制作者)へのインタビュー、適職についての考察など、面白い記事がてんこ盛り。アメリカ監視社会に関しての記事では、国防総省が進めているらしい完全情報認識(TIA)プログラムが興味深かったですね。コンピュータに残ったすべての個人情報を瞬時に分析し、日常生活の行動パターンからテロの兆候を早期に発見するというシステムだそうです。これが昂じると、クレジットカードでデジカメと鏡を買っただけで、「覗き魔」として公安当局にマークされるのでしょう、いや冗談ではなく。新しい携帯電話には、すべて全地球測位(GPS)システムのチップが埋め込まれているそうです。私は携帯電話は絶対に持つつもりはないので、これだけは逃げられますが… これはミシェル・フーコーが説いた一望監視施設(パノプティコン)の地球版です。常に誰かに見られているかもしれないという可能性を認識することで、市民が自分自身を監視するようになるシステムが地球規模でできつつあるのですね。
 新聞に関するコラムでは、日本の新聞は一紙あたりの発行部数が世界的に見て非常に多い、つまり種類が少ないという指摘がありました。これは戦時中に政府が情報をコントロールするために「一県一紙」化政策を推し進めた結果なのですね。現在の日本の経済・社会のシステムが戦時中に形成されたという「1940年体制論」に関して今調べているのですが、なるほどマスコミ統制についても戦時体制が続いているわけだ。最後の紙面に毎週掲載されている販売者(ホームレスの方)の紹介・インタビューもいいですね。いかに自分がホームレスを紋切り型で考えていたかがわかります。そうそう、5月14日(土)が世界フェアトレード・デーだということもこの雑誌で初めて知りました。(貧困のない公正な社会をつくるための、対話と透明性、お互いの敬意に基づいた貿易のパートナーシップ) これについてはもっともっと学んで、ぜひ運動に参加したいと思っています。
 世界フェアトレード・デー特設サイト http://www.wftday.org/
 なお御茶ノ水にいる販売員は「お茶の水博士」という方で、個人的に発行している新聞「おまけ」をおまけとしてくれました。彼の人となりを髣髴とさせる味わい深い紙面です。第三号を楽しみにしています。その中からの引用です。
 路上生活者の知恵 洗濯物を早く乾かす方法 洗濯物を新聞紙に巻いてのり巻き状にしてから固める。その上に1時間くらい座っていれば水分が新聞紙に吸収されて乾きが早くなる。ただし白い物は、新聞紙の活字が印刷されて写ってしまうので適さない。
 それにしても、買った時にお茶の水博士の口から出た「ありがとうございます」は本当に心のこもった誠実なものでした。今思い返しても、胸が温まります。ぜんぜんそう思っていないのに無味乾燥かつ機械的に連呼される「ありがとうございます」が氾濫する中、この言葉を聞くだけでも買う価値はあると思います。やっぱり言葉はこうでなくちゃ。

 追記 現在売り上げが落ち込み、苦境に立たされているという情報を得ました。

 アサヒ・ドットコム関連記事
  http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200504040047.html
# by sabasaba13 | 2005-04-25 06:18 | | Comments(0)

深谷編(4):(04.8)

 そして、日本煉瓦製造株式会社へ。この会社は、明治政府が計画した洋風建築による官庁街建設を推進するため、煉瓦を大量供給する民営工場として、渋沢栄一が中心となって設立したものです。重要文化財となっている旧事務所を拝見した後、いよいよホフマン輪窯へ。
c0051620_20223859.jpg

 日本では四つしか現存していないそうな。以前紹介した碓氷線めがね橋も、日本銀行本店も、ここでつくられた煉瓦を使用していると思います。まあ簡単に言うと、18の焼成室がドーナツのように輪状に並べられていて、一室を焼成する際の余熱で次室の素地を乾燥させ、温め、加熱するという合理的な仕組みで、長期の連続操業が維持されたと説明板にあります。残念ながら覆いで覆われていて全体像はつかめません。煉瓦でつくられた巨大なドームの一部が見えるだけです。恐る恐る暗い内部に入っていくと、そこは別世界。かまぼこのような形の焼成室が、湾曲しながら続いています。奥は立ち入り禁止で、わずかな部分しか見学できないのですが、煉瓦という素材の存在感に圧倒されました。1000度強の高熱で何百何千回も焼かれて、それに耐え抜いた煉瓦。丈夫さと機能を徹底して追及すると、モノは"荘厳"の域にまで達するのでしょう。これが近代化遺産を見る醍醐味です。昨今のモノは、採算のために、「壊れやすさ」を意図的に計算に入れているから不愉快なのですね。「誰が何と言おうと朽ち果てるまでここに存在してやる!」という叫びに耳を傾け続けよう、と決意を新たにしました。
c0051620_202322100.jpg

 帰りに、この工場への引込み線のために架けられた福川鉄橋を拝見。1895(明治28)年の建設当初の姿をそのままに伝える、日本最古のボーナル型プレート・ガーダー橋だそうです。駅に戻り、立ち寄ったスーパーで7カ国語で表示された「両替お断り」の張り紙をゲット。ガスト・アルバイターが、この深谷にいかに多いか、痛感しました。
c0051620_20233439.jpg

# by sabasaba13 | 2005-04-24 09:41 | 関東 | Comments(0)

深谷編(3):(04.8)

 さて、次なる目的地は渋沢栄一の生家とホフマン輪窯。ご存知のように、猛暑の時によくニュースで紹介されるのが深谷です。この日の40度近い暑さのため、「歩く」という選択肢は放棄、一も二もなくタクシーを利用しました。渋沢栄一、近代日本資本主義のリーダー。第一国立銀行、王子製紙、大阪紡績、東京海上、日本鉄道などをはじめ創立に関与した会社は枚挙にいとまがなく、また東京商法会議所、東京銀行集会所、東京手形交換所などを設立するなど財界の組織化にも精力的に努めた人物です。まずは彼の喜寿を祝うために第一銀行がつくった、イギリス風農家をイメージした洋館、誠之堂を見物。
c0051620_20115018.jpg

 隣りには、第一銀行二代目頭取佐々木勇之助の古希を記念して建てられたスパニッシュ風の洋館、清風亭があります。そして血洗島(!)にある彼の生家を訪問しました。しかしなぜこんな凄惨な地名になったのだろう? それはさておきさすがに商業・金融にも携わった豪農、大変大きな屋敷です。近所には、彼の功績を顕彰するために建てられた渋沢栄一記念館があります。中にある資料室で彼の生涯を知ることができます。
c0051620_20121442.jpg


 本日の三枚は、誠之堂、清風亭、渋沢栄一生家です。
c0051620_2013590.jpg

c0051620_20131631.jpg

c0051620_20132766.jpg

# by sabasaba13 | 2005-04-23 07:43 | 関東 | Comments(0)

深谷編(2):(04.8)

 後述しますが深谷は煉瓦製造がさかんなところで、いきなり煉瓦作りの「うだつ」(屋根の両端を一段高くして火災の類焼を防ぐために造られた防火壁)を散見できました。ある酒屋では、二種類の江戸小紋(麻の葉+青海波)を組み合わせた見事な銅板の戸袋を発見。これには感動しましたね、匠の技と洒落たセンスが光ります。
c0051620_19592824.jpg

 二階に風が通るように、金網に浮き彫りの文字を貼り付けた看板も、記憶中枢を揺さぶります。昔はいっぱいあったなあ… 異様に多い金物屋や、花札を売っている古風なおもちゃ屋にも目を引かれました。煉瓦づくりの煙突も残されており、風情を醸し出しています。またかつて深谷は丈夫で落ち着いた色合いの瓦を生産しており、ところどころ欠けているとはいえ重厚な瓦屋根の家並みも見所。何回も書き換えてある看板は、この街がかいくぐってきた歴史の荒波を思い起こさせます。姫の湯は、まるで遺棄された731部隊の建物のよう。木造の仲町会館もなかなかしぶいですね。
c0051620_2001869.jpg

 そして奇妙奇天烈な看板・掲示物の数々。「日本で二番目にうまい自家製焼豚」というのは、まだ許せますが、「鴨には、ネギがよくにあう…太宰治」というのは何なんだあああああああ、責任者の方と直接面会して出典を聞いてみたいですね。『新釈諸国噺』にあったりして。ちなみに深谷はネギの名産地です。とどめは、商店街に並び立つアーチに書かれている「ようこそ仲町え」。ここまで堂々と言われてしまうと、もしかしたらこちらが正しいのかなと不安になります。仲町勉強会のみなさん、こちらの勉強もしてくださいね。
c0051620_2003070.jpg

# by sabasaba13 | 2005-04-22 06:10 | 関東 | Comments(2)

深谷編(1):(04.8)

 「関東甲信越小さな旅」シリーズの深谷編です。なおこの番組のテーマ音楽が、朝、頭に浮かぶと、埼京線ではなく高崎線に乗りたくなります。Caution !  ワンポイント情報 この曲は「ルパン三世愛のテーマ」と酷似していますが、双方とも大野雄二作曲です。
 閑話休題。今回のお目当ては渋沢栄一と煉瓦です。赤羽から高崎線で約一時間、深谷駅に到着。さっそく東京駅を模した煉瓦造りの駅舎と、渋沢栄一の銅像が正座をして出迎えてくれました。痛み入ります。
c0051620_1943921.jpg

 観光案内所で地図をもらい、貸し自転車の有無を尋ねたところ、ないとのこと。いけませんね、観光と看板を掲げるからにゃ貸し自転車を用意しなきゃ。おまけに循環バスも一日に数本しかないとのこと。ブツブツ しようがないので徒歩で市内を散策。まずは深谷商業高校に行き、大正期につくられた記念館を見物。保存状態が悪く、全体のバランスも良くないですね。私の趣味ではない。街並みも何の変哲もないありふれたもので、つまらん。ひさびさに外してしまったかと、暗い気持ちになりかけていたのですが、それを一発で吹き飛ばしてくれたのが、旧中山道沿いにある仲町商店街。土浦・小諸に続いてまたもやdeepな街に出会えました。人間くささに溢れた雰囲気/オーラが漂い、古い家並みが残り、風変わりな店・家があり、奇妙奇天烈な看板・張り紙があり、子供と年寄りが元気で、コンビニエンス・ストアがなく、火の見櫓と銭湯があり、夕焼けがきれいな街が好きなのですが、かなりこの条件を満たしています。

 本日の一枚は深谷商業高校記念館です。
c0051620_19434919.jpg

# by sabasaba13 | 2005-04-21 06:15 | 関東 | Comments(0)

武満徹

 以前書きました、「武満徹SONGS 見えないこども」(保多由子)、「武満徹POP SONGS 翼」(石川セリ)、「巡り 武満徹フルート作品集」(工藤重典)を購入。谷川俊太郎作詞による「死んだ男の残したものは」だけは知っていたのですが、それ以外はすべて初耳の曲です。いずれも調性をもった親しみやすくひとひねりのきいた曲ばかり。武満徹の溢れるような歌心にふれることができます。もっとも心を動かされたのは、やはり「小さな空」。ゆったりとした三拍子で、微かな哀愁をおびた、いつかどこかで聴いたような想いになる素晴らしい曲です。涙ぐんだ子どもたちの気持ちが痛いほどわかりますね。子ども時代のもっとも忘れ難い瞬間が甦ってくるようです。ブッシュとシャロンに聴かせてあげたいシリーズ第二弾ですね。保多由子と石川セリのどちらを選ぶか? 曲目はほとんど同じですが、前者は真摯で熱のこもったクラシック歌曲のような歌い方、後者(ちなみに井上陽水夫人)はポップ調のリラックスした鼻歌のような歌い方。甲乙つけがたいのですが、武満が愛した楽器であるピアノとギター伴奏の前者に軍配をあげるかな。迷うところですね。
 「巡り」もgood。彼が愛したフルートを中心とした作品集で、タイトル曲は友人のイサム・ノグチを追悼して作曲されました。現代音楽だからって構えず、風の音を聴くような気持ちで聴けばよいと思います。それにしても音楽がもつ不思議な力を、あらためて思い知りました。Thank you for the music ! それゆえに、音楽のもつ力をを利用して、みんなの心をある方向に意図的に誘導することは嫌いです。国歌も社歌も校歌も歌いたくない、良い曲だったら歌うけれど。
 音楽には二種類しかない。良い音楽と悪い音楽だ。  ~デュ-ク・エリントン~

# by sabasaba13 | 2005-04-20 06:12 | 音楽 | Comments(0)

「台湾」

 「台湾 四百年の歴史と展望」(伊藤潔 中公新書1144)読了。言うまでもないことなのですが、東アジア情勢の安定は世界にとっても日本にとっても必要です。これも言うまでもないのですが、そのために欠かせないのが、朝鮮半島と台湾海峡の安定でしょう。激情にかられた感情論ではなく、過去の歴史を踏まえた冷静かつ前向きな視点をもちたいものです。そのキー・プレイヤーの一人である台湾について知りたくなりました。断片的な知識をしかるべくつなぎ合わせるためのテキストとして、お勧めします。要領よく台湾の歴史をまとめた好著です。痛感したのは、台湾の歴史とは、外来政権による抑圧と住民の抵抗の記録なのですね。オランダ、清朝、日本、そして国民党。400年にわたり収奪の対象にされてきた歴史をきちんとおさえておくべきですね。台湾における日本の植民地支配を、近代化に貢献したとして賛美する意見もありますが、事はそれほど単純なものではないと思います。「卵をたくさん産ませるために、親鶏をふとらせた」ということでしょう。筆者が述べているように、植民地支配は慈善事業ではありません。それでは多くの台湾人が親日感情をもつのは何故か。引用します。
 日本の台湾統治の最大の「遺産」は、インフラ整備におけるソフト面としての教育であり、これなくしては台湾人の近代的市民としての目覚めは、大幅に遅れたであろう。また、植民地統治下の台湾では、日本人官吏や警察官と比べて、概して教師は使命感が強く人格的にも優れ、敬愛と信頼を集めていた。
 なるほど。それでは同じように植民地支配をした朝鮮における教育との違いはどこにあるのでしょう。単に統治者の人格・能力の問題ではないでしょう。現在の朝鮮における反日感情を強さを理解する上で重要なポイントかもしれません。これは宿題。いずれにしても植民地支配を正当化することはできませんけれど。国民党による本省人の虐殺と粛清、二・二八事件(1947)についても、その凄惨さに戦慄しました。
 これから中国と台湾はどうなるのか、独立か、併呑か、連合か。もちろん浅学な私には予測はできません。切望するのは、陳腐ですが「話し合い」による解決です。日本政府もわれわれも、この事態に一端の責任がある以上その環境を整えることに尽力すべきでしょう。困難なことは目に見えていますが…
 説得はただ理性と人間性にかなった方法であるだけではありません。それは、今日では自己防衛の唯一の方法でもあります。ですから、われわれはみな、国や身分を問わず、きびしい二者択一の前に立たされています。説得せよ、さもなくば破壊あるのみ。   
Persuade, or perish.                        ~E.H.ノーマン~

# by sabasaba13 | 2005-04-19 06:18 | | Comments(0)