夕顔棚納涼図屏風

 新しいロゴ画像の正体は、久隅守景の「夕顔棚納涼図屏風」(東京国立博物館蔵)に描かれた男性の顔です。せっかくですので、少し紹介をします。久隅守景。生没年および伝歴未詳の江戸初期の画家です。17世紀初めから末ごろまで活躍したと推定され、90歳ぐらいの高齢で没したようです。狩野探幽門下の四天王の筆頭と目されますが、のちに狩野一門を離脱、一説には破門されたとも伝えられます。英一蝶と同じく、ステロタイプ化しつつあった狩野派にあきたらなくなったのでしょうか。
 この17世紀中期は、三代将軍家光の治世で大開発の時代です。土木技術の進歩と、平和の到来で多くの動員が可能になったことにより、肥沃な大河川の下流域である沖積平野の新田開発が進み、農地面積が爆発的に増加しました。これで貧農も土地を持てるようになり、自立が可能となります。しかし調子に乗った領主の収奪への農民の激しい反発である島原の乱(1637)と、寛永の大飢饉(1641~42)による年貢収納額の激減に、幕府は大きな衝撃を受けました。以後、幕府・大名の農政は、過酷な年貢・夫役の収奪をやめ、税を負担する農民をつぶさない[=小農維持]という方向へと大きく転換します。田畑永代売買の禁令(1643)や慶安の触書(1649)がその代表例ですね。後者の有無については議論が分かれますが。
 と長々と書きましたが、日本の歴史上庶民がはじめて家族をもてるようになったのが、おそらくこの時代なんですね。そういう意味でこの絵は、その記念碑であり、日本で初めての「家族の肖像」なのだと勝手に思っています。一日の激しい労働を終えて涼を楽しみながらくつろぐ母と父、そばに寄り添う幼子、「幸福」をとことん蒸留すると最後に残るのはこういう形になるような気がします。欠けるものも、余分なものもない、完全な「幸福」の姿。仕事があり、衣食住足りて、団欒の時をもてる家族。ある時代の人類の幸福度は、こうした家族が全世界で何%存在するかという数値で測れると思います。そういう意味では、確実にわれわれは退化していますね。この数値を100%に近づけることは、現代の技術をもってすれば決して困難かつ不可能なことではないはずです。それなのに何故…
 もちろん、絵そのものも大好きです。土の匂いただよう穏やかな色調、棚・茣蓙・家を形なす直線と、濃紺を塗り分けてリズミカルに折り重なる夕顔の葉、そして何よりも三人のゆったりと満ち足りた姿態と魅力的な表情。ただ一つ気になるのは、この三人は何を見ているのでしょう? 少なくとも私たちの方を向いていないことは確実ですね。

c0051620_6134250.jpg

# by sabasaba13 | 2005-05-12 06:15 | 美術 | Comments(0)

目次(1)

目次(1)

北海道   北海道編(1)~(9):(04.9)
      北海道編(1)~(6):(05.10)
      旭山動物園・ニセコ編(1)~(17):(06.12)
      札幌・定山渓編(1)~(16):(10.10)
      北海道編(1)~(56):(13.9)
東北    青森・岩手編(1)~(8):(02.9)
      青森・秋田編(1)~(26):(05.9)
      東北夏祭り編(1)~(27):(06.8)
      東北錦秋編(1)~(11):(08.10)
      会津・喜多方編(1)~(38):(09.8)
      南東北錦秋編(1)~(29):(09.10)
      青森錦秋編(1)~(16):(10.10)
      山形編(1)~(45):(11.8)   
関東     銚子編(1)~(5):(05.5)
      法師温泉・館林編(1)~(2):(05.2)
      牛久・土浦編(1)~(3):(04.6)
      上信編(1)~(2):(04.7)
      深谷編(1)~(4):(04.8)
      真鶴半島編(1)~(5):(05.7)
      川越編(1)~(8):(05.7)
      野田編(1)~(5):(05.11)
      桐生・湯西川温泉編(1)~(5):(04.2)
      小幡・白井・桐生編(1)~(10):(06.2)
      内原・常陸太田・笠間・真壁編(1)~(14):(06.4)
      房総半島編(1)~(14):(06.7)
      石井・東海村・結城・古河編(1)~(15):(06.10)
      鎌倉錦秋編(1)~(11):(06.12)
      三浦半島編(1)~(14):(07.3)
      鎌倉新緑編(07.5)
      大芦川・真岡鉄道・烏山編(1)~(13):(07.7)
      長瀞・寄居・小川・岩槻編(1)~(14):(08.7)
      照葉峡編(1)~(2):(08.10)
      下館・益子編(1)~(13):(09.8)
      箱根編(1)~(6):(09.10)
      箱根錦秋編(1)~(3):(09.11)
      養老渓谷編(1)~(5):(09.11)
      筑波山編(1)~(10):(10.5)
      常陸錦秋編(1)~(13):(10.11)
      箱根大平台編(1)~(2):(12.4)
      足尾鉱毒事件編(1)~(25):(11.11)
      三渓園編(1)~(6):(11.12)
      尾瀬編(1)~(9):(12.6)
      房総編(1)~(13):(12.7)
      秩父編(1)~(8):(14.10)
      虐殺行脚 埼玉・群馬編(1)~(36):(14.12)
      虐殺行脚 神奈川編(1)~(9):(16.9)
      虐殺行脚 千葉編(1)~(13):(16.9)
      虐殺行脚 千葉編2(1)~(10):(16.12)
東京     小金井公園編(1)~(3):(05.3)
      靖国神社編(1)~(3):(05.5)
      東京錦秋編(1)~(4):(04.11)
      谷中七福神編(1)~(3):(06.1)
      東京錦秋編(1)~(6):(05.12)
      池袋モンパルナス編(1)~(4):(06.3)
      駒沢配水塔(06.6)
      市ヶ谷刑場跡・正春寺(07.5)
      本郷編(1)~(4):(02.11)
      防衛庁編(1)~(5):(03.4)
      上野公園編(1)~(2):(07.12)
      東京錦秋・戦争遺跡編(1)~(6):(07.12)
      六義園・戦争遺跡編(1)~(2):(07.12)
      浅草七福神編(1)~(10):(08.1)
      阿佐ヶ谷・高円寺・西荻窪編(1)~(8):(08.5)
      神楽坂編(1)~(4):(08.5)
      東京の奉安殿編(1)~(8):(08.9)
      御岳渓谷・青梅編(1)~(10):(08.11)
      鳩の街・玉の井編(1)~(3):(08.12)
      深川七福神・洲崎編(1)~(8):(09.1)
      根川緑道編(1)~(2):(09.4)
      池之端・根津・谷中編(1)~(8):(09.5)
      第五福竜丸展示館編(1)~(2):(09.8)
      高輪編(1)~(8):(09.10)
      明治神宮編(1)~(3):(09.11)
      武蔵野錦秋編(1)~(6):(09.12)
      日本橋七福神編(1)~(3):(10.1)
      目白編(1)~(6):(10.1)
      高尾山編(1)~(2):(10.11)
      荻窪編(1)~(8):(10.11)
      浜離宮編(1)~(4):(10.11)
      小笠原伯爵邸(1)~(5):(16.1)
      江戸東京たてもの園編(1)~(18):(14.9)
      虐殺行脚 東京編(1)~(24):(16.10)
      東京散歩(水門・教会)編(1)~(5):(15.1)
中部     上信編(3)~(7):(04.7)
      伊豆編(1)~(6):(05.3)
      名古屋編(1)~(20):(05.8)
      北陸・山陰編(1)~(23):(06.9)
      別所温泉・稲荷山・姨捨編(1)~(17):(07.7)
      飛騨編(1)~(20):(07.8)
      伊豆松崎編(1)~(3):(04.1)
      静岡編(1)~(4):(04.12)
      駿河・遠江編(1)~(12):(07.11)
      駿河編(1)~(15):(07.12)
      松本・上高地編(1)~(27):(09.5)
      中山道編(1)~(15):(10.1)
      豊橋編(1)~(16):(10.4)
      天浜鉄道・中津川編(1)~(21):(10.7)
      河津桜編(1)~(3):(11.2)
      甲斐路編(1)~(15):(11.5)
      大井川鉄道編(1)~(17):(11.5)
      軽井沢編(1)~(16):(11.7)
      飯田線編(1)~(8):(12.4)
      甲斐路編(1)~(12):(12.5)
      富士五湖編(1)~(15):(12.5)
      立山・黒部編(1)~(13):(12.9)
      香嵐渓編(1)~(10):(12.11)
      越後編(1)~(61):(13.3)
      伊勢・美濃編(37)~(75):(14.9)
      富士宮編(1)~(9):(17.2)
      焼津編(1)~(10):(17.3)
近畿    兵庫編(3)~(4):(05.3)
      大阪編(5)~(6):(05.3)
      神戸・南紀編(1)~(13):(02.3)
      紀伊編(1)~(27):(08.9)
      近江錦秋編(1)~(21):(08.11)
      丹波・播磨・摂津編(1)~(35):(10.2)
      奈良編(1)~(12):(10.3)
      熊野古道編(1)~(45):(10.3)
      重森三玲の庭編(13)~(55):(14.3)
      伊勢・美濃編(1)~(36):(14.9)
      若草山山焼き編(1)~(24):(15.1)
# by sabasaba13 | 2005-05-11 23:20 | 目次 | Comments(0)

ポルトガル編(10):(04.8)

c0051620_21485457.jpg
 どうしても書いておきたい蛇足。アムステルダム発飛行機の出発時間までかなり間があったので、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を見にハーグまで行きました。駅から歩いて約十分のところにあるマウリッツハイス美術館で再会をはたし、「デルフト眺望」やレンブラント、牛のポッター、ハルス、ヤン・ステーン、ライスダールを堪能。この美術館は貴族の邸宅をそのまま利用したもので、内装を見るだけでも楽しめます。さて小用をとトイレに入りました。すると便器に死んだ蠅がへばりついています。たぶん94.3%の男性諸氏がそうするように、そやつをねらって当てるのですがなかなか流れない。よくよく見るとこれが絵なんです。成程、これなら狙いを外して床を汚すまい。この人間性(男性性?)への洞察の深さと、合理性と、ユーモア感覚には脱帽です。いつか自分のものにしたい。ヨーロッパ恐るべし。
c0051620_2149592.jpg

 なお今回は行く時間がなかったのですが、ハーグ市立美術館もお勧め、ピエト・モンドリアンのコレクションが充実しています。具象→抽象→モンドリアン・パターンへと変化していく一本の樹を描いた連作が、スリリングですね。まるで彼の眼球になったような気がします。わりと彼の絵が好きなので、このスキンを選びました。

 この日は時々雨をもたらす黒雲と、青空が垣間見える印象的な天気でした。まるでフェルメールの「デルフト眺望」の空のよう。
c0051620_21505180.jpg

# by sabasaba13 | 2005-05-11 06:10 | 海外 | Comments(0)

ポルトガル編(9):(04.8)

 一つ気になったのが、コインブラにあるポルトガル・ドス・ペケニートス。ポルトガルにある歴史的建造物を小さくしたレプリカと、旧ポルトガル植民地に関する資料を展示してあるテーマパークです。前者はまあよくあるものですが、問題は後者。アンゴラやモザンビークなど、かつて支配した植民地の文化・地誌・文化財を、かつてのポルトガルの栄華を見てくださいと言わんばかりの無邪気に展示しまくっています。欧米+日本が、過去のそして現在の植民地支配とどう向き合うのかは、今日非常に重要な問題だと思うのですが、このあっけらかんとした陰りのない姿勢はいったいなぜなのでしょう。さすがの日本でも、「満州国」テーマパークをつくろうという動きは(たぶん)ないですよね。
c0051620_21322023.jpg


 本日の二枚は、アルカソバの丘(コインブラ)とエヴォラの夜景です。
c0051620_21333923.jpg

c0051620_21334947.jpg

# by sabasaba13 | 2005-05-10 06:13 | 海外 | Comments(0)

ポルトガル編(8):(04.8)

 ある程度の貧困さを先進諸国が受容しないと、地球の滅亡はほぼ避けられない状況にある現在、ポルトガルの人々の暮らしには多々学ぶべきところがありそうです。よって正直に言ってびんぼくさい光景があちこちで見られます。例えば「除菌なんざ○○くらえ!」と言わんばかりの、便座のない便器。「When in Rome, do as the Romans do.」がモットーの私は、冷たいなあと思いながらも平然と用をたしていたのですが、山ノ神は閉口したようです。洗濯物もお見事。美観のため表通りに面した窓に干すな、という観光地もあるのに、平気の平左。まさに満艦飾。これでもかっこれでもかっ、と洗濯物を並べ干すその様は圧巻です。この光景を描いた壁掛け用の焼き物が、土産として売られているのですから、もうポルトガル名物です。
c0051620_19492871.jpg

 煙草の吸殻も、フィルターぎりぎりまで(中にはフィルターが焦げるまで)吸ったものが多いですね。しかもあたりかまわず投げ捨ててあり、それが石畳の溝にはまって、まるで現代美術のよう。普段でしたら、何とインモラルな行為だとブツブツ言うのですが、ポルトガルだと「ま、いいか」と許してしまふ… そういえばポルトガルの石畳は素敵でした。カルサーダスというそうですが、直方体状の小さな大理石を職人が手作業で路上に埋め込んでいきます。さまざまな色の大理石を組み合わせて、模様や文字をつくる匠の技はお見事。こわれやすく、靴を傷めやすいなど、問題も多いと思うのですが、アスファルトに変えるつもりはないようです。美意識、そして職人から仕事を奪わないという配慮からかな。一種のワーク・シェアリングのような気がします。
 もちろん、実際にそこで暮らせばいろいろな問題を抱えているであろうことは想像できます。それを差し引いても、alternative(もう一つの選択肢)としての存在感はひしひしと感じました。こういう国のあり方でもいいんだ… 経済成長なんざどうでもいいや、とのんびり昼寝をしている1960年代の日本という感じです。
c0051620_19495134.jpg


 本日の二枚は、ナザレのサン・ミゲル砦とリスボンの夜景です。
c0051620_19501552.jpg

c0051620_21312352.jpg

# by sabasaba13 | 2005-05-09 06:13 | 海外 | Comments(0)

ポルトガル編(7):(04.8)

c0051620_19373891.jpg 古いものといえば、そのアルファマでよく見かけた洗濯機が衝撃的でした。「洗濯機」というよりも、コンクリートで作った「洗濯箱」。古いものを大事に使っているのか、貧しいので電気洗濯機が買えないのか。たぶん後者でしょうね。しかし不思議に翳りとか惨めさを感じません。何か、あっけらかんとした明るさを感じてしまいました。「みんなびんぼーなんだから、別にいいじゃん」という雰囲気ですね。そこには、貧困による劣等感も「(ほんとにいやな言葉ですが)負け犬」意識も、金持ちへの憎悪も羨望もないような気がします。思うに、公正ささえ確保されていれば、ある程度の貧困は受容できるのではないでしょうか。いわゆるモラル・エコノミーですね。中国人のよく使う言葉に「差不多」(チャア プ トゥオ)という言葉があるそうです。「差」は多くない、大体同じ、という意味ですね。ドストエフスキーの「死の家の記録」には、「わが国の民衆のもっとも高い、そしてもっとも鮮明な特徴―それは公正の感情とその渇望である。その人間に価値があろうとなかろうと、どこででも、なにがなんでも、かきわけてまえへ出ようとする雄鶏の悪い癖―そういうものは民衆にはない」という含蓄深い言葉があります。人間性や共同体や自然環境を破壊する「少数者による富の独占=競争原理」を、注意深く排除してきたのが人間の歴史だと思います。その枷を外してしまったのが産業革命と市民革命だったのですね。たしかに功罪ともにあるのですが、前者の面を強調しすぎてきたのではないかと思います。わたしたちが他者を敵とみなして競争すると、得をするのは誰か? 本気で考えたほうがいいのでは。

 本日の一枚は、ポルトからバスで1時間ほど行ったところにあるアマランテという街です。
c0051620_19375189.jpg

# by sabasaba13 | 2005-05-08 08:48 | 海外 | Comments(0)

ポルトガル編(6):(04.8)

 観光の名所、駅、教会の入り口では、物乞いの姿もよく見かけました。新聞売りや靴磨きのように、街の雰囲気に自然となじんでいます。とりすがって施しを強要するわけでもなく、泣きながら同情を買うわけでもなく、淡々と佇みながら施しを待っています。ポルトガルの人たちも、ある人は新聞を買うように自然にコインを渡し、多くの人はその前を何気なく通り過ぎていきます。そういえば日本では物乞いの姿を見かけなくなりましたね。想像ですが、ファスト・フード店やコンビニの残飯で暮らしていけるようになったからでしょう。ポルトガルではそういう状況がないのか。あるいは残飯があっても、あえて物乞いという生き方を選択しているのか、社会が物乞いという存在を必要としているのか。そのあたりはよくわかりません。ただ乞食や物乞いは、大きな文化史的な意味を持っていると思いますので、この問題は頭の引き出しに仕舞っておきましょう。山折哲雄の「乞食の精神誌」(弘文社)を読み返してみようかな。
c0051620_19342267.jpg


 本日の一枚は、ポルトのノッサ・セニョーラ・ド・ピラール修道院から見下ろしたドウロ川とドン・ルイス1世橋です。エッフェル塔を設計したギュスターヴ・エッフェル作の橋梁です。
c0051620_19343863.jpg

# by sabasaba13 | 2005-05-07 10:21 | 海外 | Comments(2)

ポルトガル編(5):(04.8)

 古い物を大事に使うということでは、リスボンのケーブルカーとエレベーターも忘れられません。ケーブルカーは20世紀初頭につくられたそうですが、今でも現役でウンセウンセと元気に坂道を上り下りしています。サンタ・ジュスタのエレベーターは、1901年、ギュスターヴ・エッフェルの影響を受けたポルトガル人技師ラウル・メスニー・デ・ポンサールによって建築されたものです。初めて見た時は、これがエレベーターとは信じられませんでした。アール・ヌーボー風の装飾にあふれたモニュメントのよう。こちらも現役でウンショウンショと元気に上り下りしています。地上32メートルからのリスボン市街の眺めは絶景です。大事に大事にメンテナンスをしているのでしょうね、感服いたします。
c0051620_19273544.jpg

 車体のへこんだ自動車もそのまま平気で使われています。これはヨーロッパでよく見かけますが。びっくりしたのは、フロントガラスにひびがはいっているバスです。こうなると、「古い物を大事に」というよりも、「めんどくさい、動けばいいじゃん」という心持ちなのかもしれません。ま、それはそれで共感できます。「もったいない」という日本語のニュアンスは、英語などでは表現できないとききましたが、ポルトガルには満ち溢れているような気がします。
c0051620_1927457.jpg


 本日の一枚は、ポルトのドウロ川夜景です。
c0051620_1928239.jpg

# by sabasaba13 | 2005-05-06 06:08 | 海外 | Comments(0)

ポルトガル編(4):(04.8)

c0051620_1914383.jpg 物価は安いですね。山ノ神と珈琲を飲んでケーキを食べてあわせて3ユーロ(1ユーロ=約130円)というのには驚愕しました。1ユーロちょっとでとてつもなく美味しいアレンテージョ・ワインが飲めます。余談ですが、ポルトガルワインは美味なのにほとんど国内で消費されてしまうので、世界的には無名だそうです。よって日常品を買うには、センティモ(1/100ユーロ)という単位の小銭が必需品です。20ユーロ紙幣を出したら、おつりがないとしばしば言われました。帰る時にアムステルダムで乗り換え時間がかなりあったので、ハーグに行き観光案内所で地図を買ったところ、何と2ユーロでした。おまけに50ユーロ紙幣を出したところ、こともなげにおつりをすぐくれました。同じEUでこうも違うのかと思います。物価が安いということは、物が売れない、古い物を大事に使うということと関連すると思いますが、そうした光景にたくさん出会えました。例えば路面電車。聞くところによると、第一次世界大戦前に製造された車体も、現役で使われているそうです。石畳とレトロな街並みを、お尻を左右に振りながら古い市電が疾走していく姿は見物です。なかでもリスボンの28番線は一押し。坂の多い市街を横断する路線なのですが、上り道はゼイゼイ喘ぐかの如くゆっくりと登り、下り道は口笛を吹くかの如く快調に駆け下りていき、時々建物と建物の間に光り輝くテージョ川の水面がちらちらと遠望できます。中でも圧巻なのが、アルファマという旧市街の中を駆け抜ける時です。メロンの皺のようにぐしゃぐしゃ入り組んだ鄙びた路地を、壁面すれすれに、車体を左右に揺らしながら疾走するオンボロ路面電車… ほんとに眼の前を、石の壁が過ぎ去っていくんです、これは面白い。観光客のみなさんはキャハキャハと大喜びで、窓から身を乗り出して写真を撮りまくっていました。もちろん私も。
c0051620_16115655.jpg


 本日の一枚は、ユーラシア大陸の最西端、ロカ岬です。
c0051620_1915851.jpg

# by sabasaba13 | 2005-05-05 08:51 | 海外 | Comments(0)

ポルトガル編(3):(04.8)

 なおこのモンサラスは素晴らしい村です。是非書いておきたい。エヴォラからバスを乗り継いで一時間半ほどのところにあるのですが、大平原のど真ん中にある小山の上にちょこんと乗っかっている村なのです。人口はおそらく数十人、ほんとうにこじんまりとした質素な村です。教会と城跡と三本の通りに沿った小さな街並み、それで全て。30分あれば、全貌をつかめてしまえます。白い壁と黄土色の瓦のコントラストも美しい。そして360度どこを見ても地平線を見通せる素晴らしいパノラマ! オリーブ畑やコルク樫、牧草地、村や川や湖が点在する光景が遥か彼方まで延々と広がっています。陳腐な表現は百も承知ですが、まるで時間が止まって凍りついたような村です。壁に腰掛けて、虚空をじっと見つめ続けていた老人の姿が忘れられません。何もない、本当に何もない村ですが、いつの日にかここに泊まって朝焼けと夕焼けと星空と地平線をぼーっとただただ眺めていたいなあ。
c0051620_165332.jpg


 本日の一枚です。
c0051620_19112989.jpg

# by sabasaba13 | 2005-05-04 06:19 | 海外 | Comments(0)