「チェ 28歳の革命」

c0051620_662557.jpg 先日、山ノ神の誘いに乗って映画「チェ 28歳の革命」を見てきました。しかし、なぜ、今、エルネスト・"チェ"・ゲバラをテーマとして取り上げたのだろう??? もしかしたら… いや予断は早い、じっくりと拝見してから考えることにしましょう。彼のことについては、私もよく知っているわけではないので、まずはスーパーニッポニカ(小学館)から引用します。
 エルネスト・"チェ"・ゲバラ (1928―67) 現代ラテンアメリカが生んだ傑出した革命家。アルゼンチンのロサリオ市の中流家庭の生まれで、幼児のときから喘息の持病に苦しめられた。ブエノス・アイレス大学で医学を学ぶかたわら、ラテンアメリカの各地を旅行してこの地域の現実について見聞を広め、大学で学位を得たのちは中米のグアテマラに行き、そこで進歩的なアルベンス政権がアメリカのCIAに援助された反革命軍の手で転覆されるのを目撃した。その後メキシコに行き、キューバから亡命していた革命家たちと親交を結んで彼らの革命運動に参加した。1956年末カストロらのグループに加わってキューバに侵攻し、反乱軍の一司令官として活躍した。のちにゲリラ戦による革命の方法を理論化した『ゲリラ戦争』(1960)を著し、ラテンアメリカの武装革命のバイブルとして大きな影響を及ぼした。
 1959年初めバチスタ政権を打倒したのち、新政権のもとで国立銀行総裁(59年10月)となり、61年2月には初代工業相に就任した。その後65年3月以来公式の場から姿を消すまで、工業相としてキューバの社会主義経済の建設を指導するとともに、『キューバ―反帝闘争の歴史的例外か前衛か』(1961)をはじめとする多数の論文や著作の発表により、また世界各地で開かれた国際会議への精力的な出席を通じて、キューバ革命をラテンアメリカ革命の前衛として位置づけるとともに、アジア、アフリカでの反帝国主義民族解放闘争との連帯に努めた。キューバから姿を消したのちボリビアに潜入して民族解放軍を結成し、66年からゲリラ戦を開始したが、翌年10月政府軍の手で捕らえられ射殺された。ゲバラの思想と行動は一貫してキューバ革命の推進力の役割を果たしたばかりか、革命家として誠実な姿勢と思想と行動がもつ急進主義は、世界の他の地域にも大きな影響を及ぼした。
 監督はスティーヴン・ソダーバーグ、ゲバラをベニチオ・デル・トロが、カストロをデミアン・ビチルが演じています。ゲバラの後半生を描いた二部作で、前編にあたる本作では彼がカストロに出会ってともに革命に立ち上がり、苦闘の末にバチスタ政権を打倒するまでを描きます。ところどころで、後に彼がキューバ政府の首脳としてアメリカに赴き、国連総会で演説をしインタビューに答えるといったシーンが挿入され、彼の思想や姿勢が語られるという手法です。二時間をゆうに超える長尺もの、正直言って途中でだれるかなと思いましたが、とんでも八分、ぐいぐいとドラマに引き込まれあっという間に時が過ぎ去っていきました。中心となる場面は密林や市街でくりひろげられる革命のためのゲリラ戦、特にこれといったスペクタクルな見せ場はない、わりと地味な映画なのですが、見終わった後のこの得も言われぬずしりとした充実感は何故なのでしょう。思うに、監督と俳優が見事に描ききったチェ・ゲバラという男の魅力と存在感ゆえだと思います。民衆と仲間を愛し、不公正を憎み、正義に満ちた社会を実現するために、全知全能をかたむけて戦い抜いた男、チェ。戦闘シーンの合間に、珠玉のようにちりばめられた幾多のエピソード(監督曰く、すべて事実や証言に基づくとのこと)の積み重ねによって、彼の人間像が浮かび上がらせる手法が成功しています。仲間の負傷兵を決して見捨てず、拠点となるキャンプに学校をつくって部下たちに読み書きを教え(彼曰く「読み書きを知らないとだまされる」)、村人たちの治療を行い、民衆や仲間を裏切った者に過酷な処罰を与え、喘息に悩まされながらも不撓不屈の闘志と怜悧緻密な戦略で戦いを勝利にみちびくチェ。そして「真の革命家は偉大なる愛によって導かれる。人間への愛。正義への愛。真実への愛」という彼のほとばしる信念を、寡黙で、思慮深く、気難しく、そしてぬくもりのある人柄のはしばしから滲み出させるベニチオ・デル・トロのなんと素晴らしい演技! また興行的には不利なのを承知で、あえて台詞をスペイン語でおしとおしたことも、映画に臨場感とリアリティを与えています。

 はじめの問いに戻りましょう。なぜ、今、スティーヴン・ソダーバーグ監督はエルネスト・"チェ"・ゲバラをテーマとして取り上げたのか? もちろん、つらつら述べてきたようにチェ・ゲバラという男の類稀なる魅力にひかれたということが最大の理由でしょう。それに加えて、彼の胸中に"革命"への希求という漲るような思いがあったのではないのでしょうか。そしてもしこの映画が大ヒットするとしたら、世界中の多くの人々がその思いを共有しているのでは。不公正と不公平と不正義に満ちたこの世界を変えたい、いや変えることができる。実際にそれを実行した男の姿をフィルムに焼きつけ、脳裡と網膜に焼きつけたい… 彼がとった武力闘争という手段には賛否両論があるでしょうが(私は反対の立場をとりますが)、チェ・ゲバラの志は多くの人たちに受け継がれえるものだと思います。未来への希望を抱かせてくれる見事な映画でした。なお後編「チェ 39歳別れの手紙」も公開中、近々見に行く予定です。

 余談です。正確ではないのですが、心に残った彼の言葉があります。
 おもちゃを一つ手に入れた子どもが二つ目、三つ目を欲しがる。それは人間の本性だ。しかし、みんながそう考えたらいったいどうなる。
 個々人にとっては合理的な行動を、多数の人々が行うことによってとてつもない災いと失敗がみちびかれる、いわゆる「合成の誤謬」ですね。現在猛威をふるっている世界大不況を引き起こした一つの大きな原因がこれであると、浜矩子氏が「グローバル恐慌」(岩波新書1168)の中で指摘されていました。チェの眼差しははるか遠く、資本主義システムの末路を射抜いていたのかもしれません。

 余談その二。チェをはじめゲリラたちが、ひっきりなしに葉巻をぷかぷかすぱすぱぷかぷかすぱすぱと気持ち良さそうに吸っているのが愛煙家としては印象的でした。啓蒙のためか何らかの圧力のためか、最近喫煙シーンが映画やTVから姿を消しているような気がします。ま、だからああだこうだというわけではありません、ただそれだけ。

 本日の一枚はアテネの街頭風景です。
c0051620_665041.jpg

by sabasaba13 | 2009-02-03 06:07 | 映画 | Comments(2)
Commented by genchan at 2009-02-03 07:17 x
おはようございます。
“散歩の変人”の隠れファンで、啓蒙(KO!?)させられること多々です。
朝刊読む前に、“散歩の変人”ですね。
Commented by sabasaba13 at 2009-02-06 20:26
 こんばんは、genchanさん。過分なお褒めの言葉をいただき恐縮です。こうしたエールをもらうと、稚拙な戯れ言ですがまた書き溜めようという気力と勇気がわいてきます。
<< 「「生きづらさ」について」 「グローバル恐慌」 >>