伊予・讃岐編(10):淡路島(04.2)

 あらかじめ潮の流れを調べて、朝8時の渦潮観光船を予約していたのですが、ものすごい春一番。乗客は私一人。「どうします?」と訊かれたので、恐る恐る「危なくないですか?」と言ったら、「うちの会社は一隻しか船をもっていないので、沈んだら困ります」と切り返されました。納得、じゃあ安全だ。Here we go ! 小潮なので大きな渦潮はありませんが、それでも風にあおられザンザバザンザバと潮が暴れ舞うすごい迫力。なぜ渦巻きを見ると血沸き肉踊りアドレナリンがふつふつ分泌してくるのでしょう。眼福眼福。
c0051620_15294163.jpg

 そして路線バスで鳴門大橋を渡り洲本へ。バス乗り継ぎの間、約一時間ほど街並みを散策。また路線バスで北岸の五色町へ。ここは高田屋嘉兵衛の故郷です。彼は、江戸後期の海運業者、蝦夷地(北海道)の物産を運ぶ北前船の船頭です。幕府がロシアの開国要求を拒否したことで、外交関係が険悪となり、ロシア船による襲撃事件が多発します。これに対して幕府はロシア軍人ゴロウニンを捕縛(彼はこの一連の事件に無関係)、その報復としてロシアは嘉兵衛を拉致します。彼は豪胆かつ沈着冷静な態度でロシア側の信頼をかちとり、交渉の仲介として尽力、自らの解放とゴロウニンの釈放送還に成功します。詳細は、司馬遼太郎の『菜の花の沖』をどうぞ。まずは高田屋嘉兵衛翁記念館を見学。そして徒歩で高田屋嘉兵衛公園に行き、彼に関する展示のある菜の花ホールを見学。そうそう、途中にあった嘉兵衛の菩提寺で「飛び出しじいさん」を発見しました。「飛び出し小僧」はよく見かけますが、これは極めて珍しい物件です。ラムサール条約で保護してほしいですね。昼食は淡路牛の瓦焼き、ひさびさの肉でした。公園内にある嘉兵衛の墓参りをし、菜の花畑を眺め、タクシーで北淡町へ。
c0051620_15295978.jpg

 そう、阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた町です。野島断層保存館を見学し、あらためて地震の凄まじさを思い知りました。断層の真上にあった家もその状態で保存されており、内部を見ることができます。台所の惨状もリアルに復元されていますが、うん? 雰囲気がうちの台所に似てるような。気のせい気のせい年のせい。
c0051620_15301321.jpg

 そしてタクシーで岩屋にあるフェリー乗り場へ。途中でちょっとおろしてもらい、江崎灯台を拝観。1871(明治4)年、イギリスの灯台技師ヘンリー・ブラントンの設計でつくられた白亜の美しい灯台です。日本の灯台の歴史を語る上で欠かせない人物で、彼の作品はこれからも追いかけます。灯台からの眺望もすばらしい。そして岩屋からたこフェリーで明石へ。新大阪駅の「ぼてじゅう」でねぎ焼きを食べて新幹線で帰郷しました。
c0051620_15302320.jpg


 今回の徘徊では、四国の人々の手厚いサポートにいろいろと助けられました。謝々。お遍路(旅人)を大事にする文化が脈々と息づいているような気がします。

 本日の一枚は、鳴門の渦潮です。
c0051620_15303528.jpg

by sabasaba13 | 2005-03-18 06:27 | 四国 | Comments(0)
<< 四国彷徨 伊予・讃岐編(9):イサム・ノ... >>