祝島と上関原発建設

 愛読誌「DAYS JAPAN」からメールが届きました。以前にも紹介した美しく懐かしい島、祝島の眼前で、中国電力はいよいよ上関原発建設のための埋め立てに着手したという衝撃的な知らせです。そして編集長の広河隆一氏が現地を訪れて取材し、その報告会が行なわれるとのこと。これは居ても立ってもいられない、さっそく参加するつもりです。浅学のためわかりませんが、民主党は核(原子力)発電に対してどういう立場を取るのでしょうか? 注視していきたいと思います。なお内容を下に転載しました。一人でも多くの方が行かれるよう切望します。
【緊急報告】9月19日(土)18:30~「祝島住民はなぜ、原発建設に反対し、20年以上も闘い続けるのか」

9/13(日)本誌編集長広河が山口県、祝島を訪れ、
そこで今起こっている大変な事態を
実際に目で見てまいりました。
何が起こっているのか、私たちにできることとはなにか、
緊急報告会を開催致します。
祝島から離れた地にいてもできることはあります。
是非ご参加ください。

http://daysjapanblog.seesaa.net/article/128023290.html

緊急報告!!
祝島住民はなぜ、原発建設に反対し、20年以上も闘い続けるのか
スライド報告 広河隆一
========================================
中国電力はいよいよ上関原発建設のための埋め立てに着手し、
島民は今、体を張って抵抗している。
人々は何を守ろうとして闘っているのだろうか。
祝島を孤立させないために、私たちにできることとは。
主催 DAYS JAPAN・現代史研究会

【日時・場所】
2009年9月19日(土)18:30~20:30(18:00開場)
場所:明治大学 駿河台キャンパス リバティータワー 1021号室(270名)

【行き方】
■JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分
■東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩5分
■都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩5分

【お申し込み方法】
席確保のため、事前に予約くださいますよう、お願いいたします。
Email: kikaku@daysjapan.net (デイズジャパン 企画室)
FAX: 03-3322-0353 

【お問い合わせ】
同上

また全国からの声を届ける為、各連絡先を下記リンク先に記載しております。
ファクスやメールをお願いします。
何度でも、粘り強く、メッセージを下記へ届けてください。
簡単なものでOKです。どうぞよろしくお願いします。

http://daysjapanblog.seesaa.net/article/128136096.html

by sabasaba13 | 2009-09-18 06:14 | 鶏肋 | Comments(0)
<< 近江錦秋編(1):近江八幡(0... 「レクサスとオリーブの木」 >>