「台湾」

 「台湾 四百年の歴史と展望」(伊藤潔 中公新書1144)読了。言うまでもないことなのですが、東アジア情勢の安定は世界にとっても日本にとっても必要です。これも言うまでもないのですが、そのために欠かせないのが、朝鮮半島と台湾海峡の安定でしょう。激情にかられた感情論ではなく、過去の歴史を踏まえた冷静かつ前向きな視点をもちたいものです。そのキー・プレイヤーの一人である台湾について知りたくなりました。断片的な知識をしかるべくつなぎ合わせるためのテキストとして、お勧めします。要領よく台湾の歴史をまとめた好著です。痛感したのは、台湾の歴史とは、外来政権による抑圧と住民の抵抗の記録なのですね。オランダ、清朝、日本、そして国民党。400年にわたり収奪の対象にされてきた歴史をきちんとおさえておくべきですね。台湾における日本の植民地支配を、近代化に貢献したとして賛美する意見もありますが、事はそれほど単純なものではないと思います。「卵をたくさん産ませるために、親鶏をふとらせた」ということでしょう。筆者が述べているように、植民地支配は慈善事業ではありません。それでは多くの台湾人が親日感情をもつのは何故か。引用します。
 日本の台湾統治の最大の「遺産」は、インフラ整備におけるソフト面としての教育であり、これなくしては台湾人の近代的市民としての目覚めは、大幅に遅れたであろう。また、植民地統治下の台湾では、日本人官吏や警察官と比べて、概して教師は使命感が強く人格的にも優れ、敬愛と信頼を集めていた。
 なるほど。それでは同じように植民地支配をした朝鮮における教育との違いはどこにあるのでしょう。単に統治者の人格・能力の問題ではないでしょう。現在の朝鮮における反日感情を強さを理解する上で重要なポイントかもしれません。これは宿題。いずれにしても植民地支配を正当化することはできませんけれど。国民党による本省人の虐殺と粛清、二・二八事件(1947)についても、その凄惨さに戦慄しました。
 これから中国と台湾はどうなるのか、独立か、併呑か、連合か。もちろん浅学な私には予測はできません。切望するのは、陳腐ですが「話し合い」による解決です。日本政府もわれわれも、この事態に一端の責任がある以上その環境を整えることに尽力すべきでしょう。困難なことは目に見えていますが…
 説得はただ理性と人間性にかなった方法であるだけではありません。それは、今日では自己防衛の唯一の方法でもあります。ですから、われわれはみな、国や身分を問わず、きびしい二者択一の前に立たされています。説得せよ、さもなくば破壊あるのみ。   
Persuade, or perish.                        ~E.H.ノーマン~

by sabasaba13 | 2005-04-19 06:18 | | Comments(0)
<< 武満徹 伊豆編(6):堂ヶ島(05.3) >>