南東北錦秋編(28):中尊寺(09.10)

 そして十分弱で中尊寺に到着。泣く子も黙る天台宗東北大本山、850(嘉祥3)に慈覚大師円仁が開創、後に藤原清衡によって再興された古刹です。何と言っても当時の美術工芸の粋を集めた、金色堂で有名ですね。こちらは以前に何回か訪れているので、今回は紅葉に注目しました。おおさすがは観光名所、広大な駐車場には車やバスが満ち満ち、観光客でごった返しています。月見坂をせっせせっせとのぼると、木立が空を覆い隠し深山幽谷の趣です。
c0051620_6244226.jpg

 歩くこと十数分でまずは寺宝を展示する讃衡蔵(さんこうぞう)に到着、こちらで金色堂と共通の拝観券を購入して中を見物。さきほどポストの上に乗っていた金銅華鬘を見ることができました。おっ、宮沢賢治の「中尊寺」という詩碑があるぞ。
七重の舎利の小塔に
蓋なすや緑の燐光

大盗は銀のかたびら
おろがむとまづ膝だてば
赭のまなこただつぶらにて
もろの肱映えかがやけり

手觸れ得ね舎利の寳塔
大盗は禮して没ゆる
 そして金色堂を見物、もちろん黄金にも圧倒されますが、蒔絵や螺鈿細工の精妙さにも目を瞠ります。さてさて肝心の紅葉ですが…いまひとつ。オレンジや黄色のものがほとんどで、顔が火照るような真っ赤なモミジにはなかなか出会えませんでした。金色堂の裏にある経蔵のあたりがまあまあ奇麗でした。中尊寺特設消防隊を物珍しげに眺め、さて下界へと戻ることにしましょう。
c0051620_6251891.jpg

 おっ途中で弁慶の顔はめ看板を発見。駐車場のトイレに行くと、平安朝貴族を描いた男女表示でした。
c0051620_6254769.jpg


 本日の五枚です。
c0051620_6261928.jpg

c0051620_6264848.jpg

c0051620_6271587.jpg

c0051620_6282586.jpg

c0051620_6285770.jpg

by sabasaba13 | 2010-11-02 06:29 | 東北 | Comments(2)
Commented by kkagayaki2 at 2010-11-02 18:46
こんばんは!
平泉は大好きなところです。次は青森の方に行くんでしょうか?岩手は何十年も行っていないので本当に懐かしいですね。紅葉も見事。
Commented by sabasaba13 at 2010-11-03 20:20
 こんばんは、kkagayaki2さん。ご明察の通り、今年の紅葉狩りは薬研温泉・十和田湖・奥入瀬・八甲田でした。上梓するまでしょうしょう時間がかかりそうですが、よろしけれがお待ちください。
<< 南東北錦秋編(29):毛越寺(... 南東北錦秋編(27):高館義経... >>