京都錦秋編(24):帰郷(09.12)

 近くにある妙覚寺も穴場だという情報を得ていたのですが、新幹線に乗り遅れたら一騒動、ここは潔く撤退しましょう。自転車に飛び乗り、♪風も震えるヘアピンカーブ/怖いものかとゴーゴーゴー/ホワイトボディマッハ号/負けじ魂親譲り/走り出したら後には引けぬ/行くぞ勝利のゴールまで♪と歌いながら、今出川通を東へと激走、そして油小路に入り南へと爆走。後ろを振り向くと、山ノ神もtail to noseでしっかりとくらいついています。ほんとはディープ・パープルの"Highway Star"を歌うともっと調子がでるのですが、いかんせん歌詞を知りません。しょうがない、二番いきます。♪地球の果てまでアクセル踏んで/若い命がゴーゴーゴー/ナンバーファイブマッハ号/みんな見てくれ底力/胸にデッカイファイトが燃える/飛ばせ正義のハイウェイ♪ 途中でしぶい洋館(梅鉢医院)を見かけたので撮影のため停車した以外は、ほとんどノンストップ。おおさすがはタツノコプロ、霊験あらたかですね、あっという間に京都サイクリングツアープロジェクト(kctp)に到着しました。(実際にかかった時間は三十分強) 自転車を返却し、京都駅へ。そしてお土産の俵屋吉冨「雲龍」と駅弁を購入、私はうなぎまぶし弁当、山ノ神は松茸弁当、いづうの鯖寿司は二人でシェアしましょう。定刻通り入線した「ひかり」に乗り込み、さっそく夕食。松茸弁当を食べながら「失敗したわ」とうなだれる山ノ神を、「自業自得だよ」と慰め、鯖寿司をすすめると一発で機嫌が直りました。値ははりますが、ほんとにいづうの鯖寿司は美味しいですね。
c0051620_6245029.jpg


 本日の一枚です。
c0051620_6251319.jpg

by sabasaba13 | 2010-12-14 06:26 | 京都 | Comments(0)
<< 武蔵野錦秋編(1):百草園(0... 京都錦秋編(23):北野天満宮... >>