札幌・定山渓編(2):札幌(10.10)

 そして飛行機は17:30に新千歳空港に無事着陸、JRの快速エアポートで札幌へと向かいます。掲示によると、山ノ神が所有するSuicaは使えて、私が所有するPASMOは使えないとのこと。なおJR北海道が導入しているIC乗車カードは、Kitacaという名称で、マスコットはムササビです。へえ、わたしゃてっきり"Samuca"だと思っていました。ちなみにJR九州は"ATUCA"ではなくて"SUGOCA"です。
c0051620_6154148.jpg

 そして列車に乗り込みましたが、優先シートが常に空いているのには驚きました。札幌駅に着くと、列車を待っていた方々はきちんと整列し、乗客がみな降りてから整然と乗り込みます。札幌の方って、たいへんマナーがよいのですね。駅構内には「世界三大がっかり」の一つ、コペンハーゲンにある人魚姫の銅像がありました。なぜ??? 解説によると、JR北海道とデンマーク国鉄の提携の記念として、贈られたそうです。ということは、デンマーク国鉄にも何か贈った可能性がありますね。クラーク博士像の複製か、はたまた安田侃氏の彫刻か。コペンハーゲンに行く機会があったらぜひ確認してみましょう。それにしてもデンマークではいまだ"国鉄"なのですね。合理化・民営化・規制緩和を極限まで推進して低賃金と解雇容易性を実現しようとするアングロ・サクソン・モデルとは違うスカンジナビア・モデルが健在なのでしょう。"絶望の海"に浮かぶ"希望の島"、その灯火を掲げ続けてください。おっ幸いなことに午後八時まで開いている観光案内所がありました。さっそく観光パンフレットを入手し、係の方に紅葉情報を訊ねましたが、猛暑の影響であまりおもわしくないようです。その近くにあったのが「宮越屋珈琲」、京都の「イノダコーヒ」のような地元民御用達の珈琲店なのでしょうか。
c0051620_616218.jpg

 そして札幌駅から五分ほど歩くと、今夜の塒札幌アスペンホテルに到着です。こちらは素晴らしいホテルでした、料金はリーズナブル、内装は清潔で高級感にあふれ、そして何よりも部屋にマッサージ・チェアがありました! 後ほどたっぷりと楽しませていただきましょう。
c0051620_6162699.jpg

by sabasaba13 | 2012-01-26 06:17 | 北海道 | Comments(0)
<< 札幌・定山渓編(3):札幌(1... 札幌・定山渓編(1):札幌へ(... >>