京都・奈良錦秋編(17):鈴虫寺(10.12)

 ところどころで見かける綺麗な紅葉を楽しみながらかぐや姫竹御殿の前を通り過ぎると、行列のできるお寺さんがありました。えーとここは…鈴虫寺だ!
c0051620_61727100.jpg

 実は十数年前こちらを訪れ、俗塵にまみれた救い難いほど低劣な法話だか説法だかに呆れ果て、いたたまれなくなり退席した楽しい思い出があります。若い方がほとんどでしたが、何故行列をつくってまで参詣するのでしょうか。山ノ神は、恋愛成就に霊験あらたかなのではないかと推測しましたが、ビンゴ。今、インターネットで調べてみると、次のような記事がありました。"まーにゃと申します。1月末に関東から一人で飛び出し、藁にも縋る思いで京都の鈴虫寺にお願いをしに行ってきました。去年の12月に別れてしまった彼との復縁を願うためです。過去の鈴虫寺関連のトピは熟読しました(それが鈴虫寺に行くきっかけになったのです)。願うが叶う人の多さに驚きました。当然、願うだけではなく、自分の努力が必要なことも承知しております。過去トピのほかにもエピソードがありましたら教えていただきたいです。どれぐらいの期間がかかったかも参考として聞きたいです" 馬に蹴られて死にたくないので、他人の恋路をとやかく言うつもりはありませんが…やっぱりやめとこ。ま、人の弱みにつけこんでえげつなく稼ぐお寺さんなのでしょう、駐車場の料金も500円と高いし。塀の上から顔をのぞかせる紅葉は綺麗でしたが足早に通り過ぎました。
c0051620_6181583.jpg

 あるアパートの脇を歩いていると山ノ神が嬉しそうに私の袖を引っ張ります。なんだなんだ、指差されたガスのメーターに近づくと、なんと、2222のぞろ目です。これは秋から縁起が良いわいと写真におさめようとしたら2223に変わってしまいました。途中で、塀の小さな穴からガスのメーターを覗けるようになっているお宅を発見。「よそさんは家に入ってほしくない」という鉄の意思を感じる、京都ならではの景観ですね。
c0051620_6181955.jpg


 本日の二枚です。
c0051620_619795.jpg

c0051620_619718.jpg

by sabasaba13 | 2012-04-27 06:20 | 京都 | Comments(0)
<< 京都・奈良錦秋編(18):松尾... 京都・奈良錦秋編(16):西芳... >>