京都・奈良錦秋編(18):松尾大社(10.12)

 三十分ほど歩くと松尾大社に到着です。ウィキペディアによると、背後にそびえる松尾山の山頂に近い大杉谷に磐座とされる巨石があり、そこが古社地とのことです。5世紀ごろ、渡来人の秦氏によってその氏神としたのが嚆矢。秦氏は酒造の技術を日本に伝えたことから、中世以降、松尾神は酒造の神としても信仰されるようになったそうです。そういえば『夏子の酒』(尾瀬あきら 講談社漫画文庫)の主人公、佐伯夏子は"松尾様の巫女"と呼ばれていたような記憶があります。なおこのマンガは傑作ですのでご一読をお薦めします。さてお目当ては何といっても重森三玲がつくった三つの庭です。お孫さんにあたる重森千青(ちさを)氏による解説をもらったので引用します。
 松尾大社の庭園は、昭和五十年に昭和を代表する作庭家であった重森三玲の設計によって作庭された。また彼の絶作でもある。
 古来から神社と深く関わりのあった磐座表現による空間である「上古の庭」、近代においては忘れられていた曲水庭園の現代的解釈による構成の「曲水の庭」、即興的に作り上げられた庭園、「蓬莱の庭」の四庭から構成されている。
 それらは、三玲の得意とした立体造形感を全面に押し出した石組構成を中心とし、動と静を表現している。庭園内における石はすべて徳島、香川、愛媛県の緑泥片岩を使用した。伝統を重んじながらも、現代的な表現を目指した重森三玲の終生の目標であった「永遠のモダン」の、まさに最終表現の庭園が展開している。
 重森三玲庭園美術館のサイトにより、「永遠のモダン」を補足しますと、寂びないモダンさ、作品が作られた当時だけ輝くのではなく、時代をこえてモダンに見え続けること。彼がよく使ったもう一つの言葉が「石に乞わん」で、石組みを行うときに石の命のままに石を立ててやること、石の聞こえざる声を聞くこと。これまで庭園美術館大徳寺山内瑞峯院庭園、東福寺方丈庭園、東福寺山内光明院庭園とまわってきて、すっかりその庭の魅力に打ちのめされ、虜になってしまいました。

 本日の一枚です。
c0051620_6572343.jpg

by sabasaba13 | 2012-04-28 06:58 | 京都 | Comments(0)
<< 京都・奈良錦秋編(19):松尾... 京都・奈良錦秋編(17):鈴虫... >>