山形編(20):山形(11.8)

 その近くにあるのが七日町御殿堰、かつてこの中心街を流れていた農業用水を水路として再生したものです。とってつけたような、わざとらしい風情ですが、一休みするには恰好の場所となっています。おや、古い蔵を再利用したお店で、山ノ神が抹茶アイスを買っています。「米沢牛の残り香はどうしたの」と半畳を入れると、「そんな昔のことは忘れたわ」とリック・ブレインのようなお答え。もちろんご相伴にあずかりましたが。
c0051620_6141385.jpg

 そして威風堂々とした細谷牛肉店、アンシンメトリーな三連窓がユニークな仲野理容店、玄関が異様に立派なお宅を撮影し、山形聖ペテロ教会へ。急勾配の切妻屋根、下見板張り、鐘楼がなんとも愛らしい教会です。近くには、あまりにもアナーキーな窓の配置に唖然呆然慄然としてしまったお宅がありました。しばらく歩くと、山形カトリック教会に到着。手前にある司祭館は和風と洋風が絶妙にかみあった趣のある建築です。奥にある教会は斬新なデザインなのでてっきり最近建てられたのかと思いきや、今調べてみると、大正末期から昭和初期につくられたれっきとした近代建築でした。己の眼力の無さには汗顔の至りです。ここから十分ほど歩くと山形駅に到着、構内には山形の新しいお米「つや姫」をPRする大きな垂れ幕がありました。売店で夜食のパンと地酒を購入して部屋へと帰還。シャワーを浴びてテレビのニュースを見ていると、明後日に訪れる予定の庄内地方は大雨、鶴岡では床下浸水の被害が出ているとのことでした。結局、今日は雨が降らなかったし、やはり私は晴れ男なのかなと、自らに杯を捧げました。
c0051620_6141585.jpg


 本日の三枚です。
c0051620_61569.jpg

c0051620_616076.jpg

c0051620_616548.jpg

by sabasaba13 | 2012-12-20 06:17 | 東北 | Comments(0)
<< 山形編(21):椹平の棚田(1... 山形編(19):山形(11.8) >>