『オーウェル研究』

 『オーウェル研究 ディーセンシィを求めて』(佐藤義夫 彩流社)読了。拙ブログで何回かふれていますが、私、ジョージ・オーウェルの大ファンです。「カタロニア賛歌」「動物農場」「1984年」、そして数々の珠玉のようなエッセイ、むさぼるように読みました。彼の生涯について、スーパー・ニッポニカ(小学館)から引用しましょう。
オーウェル George Orwel (1903―50) イギリスの小説家、批評家。本名エリック・ブレア。税関吏の息子としてインドに生まれ、8歳で帰国。授業料減額で寄宿学校に入り、奨学金でイートン校を卒業したが、大学に進まずにただちにビルマの警察官となり、植民地の実態を経験。その贖罪意識もあって自らパリ、ロンドンで窮乏生活に身を投じたのち、教師、書店員などをしながら自伝的ルポルタージュ『パリ、ロンドン零落記』(1933)や、植民地制度がもたらす良心的白人の破滅を描いた『ビルマの日々』(1934)などを発表。このころから社会主義者となり、「左翼ブッククラブ」のために失業炭鉱地域のルポルタージュ『ウィガン波止場への道』(1936)を書いた。1936年からスペイン内戦に共和側として参加したが負傷。『カタロニア讃歌』(1938)はここで行われた激しい内部闘争の実態の報告、糾弾の書である。第二次世界大戦中はBBCで極東宣伝放送を担当した。戦争中にすでに同盟国ソ連のスターリン体制を鋭く戯画化した動物寓話『動物農場』を執筆、戦争直後の45年に出版、一躍ベストセラー作家となった。この年妻を失い、彼自身も宿痾の肺結核が悪化してロンドンの病院に入院し、ここで、言語、思考までを含めた人間のすべての生活が全体主義に支配された世界を描いた未来小説『一九八四年』(1949)を完成した。この最後の二作は現代社会の全体主義的傾向を批判、風刺した文学として重要なものであるが、その根にあるものはきわめてイギリス的で良識的な思想伝統である。彼はまた時代の問題と先鋭に格闘した優れたエッセイストであり、とくにスペイン内戦以後は、反全体主義的ではあるが単なる保守主義に堕さない柔軟かつ強靱な立場から、数多くの優れた評論を精力的に発表した。
 本書は、オーウェルの生涯、作品、そして彼の思想を手際よく解説する恰好の入門書です。私もいろいろと教示していただきました。たとえば、オーウェルの植民地体験が、彼の考えにどのような影響を与えたのか。佐藤氏は、その経験から、被圧制者の側に立ち、彼らの代弁者となって、その声なき声を表現することによって罪を償おうとしたと指摘されています。(p.16) 「動物農場」の紹介では、指導者である豚は、動物の関心を内側(農場=国内)から外側(農場の外=国外)に向けることによって、不平等の問題を覆い隠し、自分の特権を正当化しようとしていると述べられています。(p.113) なんだ、尖閣諸島や竹島をめぐって大騒ぎをし、放射能の被害には無関心な方々と同じじゃないか。また、彼を理解するための最重要のキーワード、"ディーセンシィ(decency)"について、私は漠然と「真っ当さ」「人間らしさ」と考えていたのですが、氏は「相手の感情と人格とを考慮に入れた行ない」とされています。(p.186) これは鋭い指摘ですね。
 さて、石原氏や橋下氏を筆頭に、「相手の感情と人格とを無視する」言動が横行する昨今の日本。そしてオーウェルが何よりも大切にする正義や自由が窒息しかかっているこの国。今こそ、彼の作品を読む時だと思います。本書を水先案内人として、オーウェルの本を手にとる人が増えればいいなあ、と切に願います。最後に本書から、彼の叡智に満ちた言葉をいくつか紹介しましょう。
 普通の人々を社会主義に引きつけ、そのために自分の命を賭けさせるもの、つまり社会主義の「奥義」は平等の理念である。大多数の人々にとって、社会主義とは階級のない社会を意味するのでなければ、何ものも意味しないからである。(p.93)

 もし私自身が末来図をもっていたとしたら、動物社会が飢えと鞭から解放され、すべてが平等であって、各々が自分の能力に応じて働き、メイジャーが演説した際に、迷い子になったアヒルのひなを私が前足でかばったように、強者が弱者を守るようなものであっただろう。(p.119)

 樹木、魚、蠅、そして私の最初の例にもどると、ヒキガエルといったものに対して子供のときの愛情を持ち続けることによって、平和で人間らしい末来は、少しは実現可能なものになると思う。そして鋼鉄とコンクリート以外には何も称賛できるものはないという教義を説けば、人は憎むことと指導者を崇拝することにそのありあまる精力のはけ口をきっと向けることだろう。(p.137)

権力とは手段ではなく、目的である。革命を守るために独裁政治を確立するのではない。革命を起こすのは、独裁政治を確立するためである。迫害することの目的は迫害である。拷問にかけることの目的は拷問である。権力の目的は権力である。(p.174~5)

 ディケンズはただ、お説教を垂れているだけである。ディケンズから最終的に引き出せることは、「人間が真っ当な振る舞いをしようとすれば、この世の中は真っ当なものになるだろう」("If men would behave decently, the world would be decent.")ということだけである。ディケンズが今も人気があるのは、人々の記憶に残るような仕方で庶民の「ネイティブ・ディーセンシィ」(生まれつき持っている人間の真っ当さ)を表すことができたからである。ディケンズの顔とはいつも何かと闘っている人の顔であり、恐れずに正々堂々と闘っている人の顔であり、静かに怒っている人の顔である。(p.192)

 全体主義の真に恐るべき点は、それが「残虐行為」を犯すことではなく、客観的事実という概念を攻撃することである。それは末来のみならず過去をも支配しようとする。(p.221)

 自分の苦悩に対する解決は、いかなる解決もないという事実を受け入れることにある。(p.255)

 人間であることの本質は、人間が完璧さを求めないことである。つまり、人間は忠誠心のために時には進んで罪を犯すことであり、親交が不可能になるまでに禁欲生活を押しつけないことであり、人間は他人を愛することで、必然的にその代価として、人生に敗北して打ちのめされる覚悟をすることである。たぶん、アルコールや煙草などは聖人の避けなければならないものであろうが、聖人であるというのも人間が避けなければならないことである。(p.258)
 追記。彼の遺体は、遺言どおりバークシア州のサットン・コートニィにあるオール・セインツ教会の墓地に埋葬されているとのこと。(p.261) いつの日にか、墓参にいきたいものです。
by sabasaba13 | 2013-08-29 19:26 | | Comments(2)
Commented by ETCマンツーマン英会話 at 2014-01-08 14:13 x
映画『Head In The Clouds』のメイキングで、主役がスチュアート・タウンゼントが役造りの為に、脚本同様に読み込んだ本とういことで、ジョージ・オーウェルの『カタロニア讃歌』を上げていました。

「そしてオーウェルが何よりも大切にする正義や自由が窒息しかかっているこの国。今こそ、彼の作品を読む時だと思います。」

是非、読んでみたいと思います。ブログでのご紹介ありがとうございます。
Commented by sabasaba13 at 2014-01-22 21:50
ETCマンツーマン英会話さん、こんばんは。これも面白そうな映画ですね、機会を見つけてぜひ鑑賞したいと思います。
 同書には次のような言葉もあります。
 
 “今日の技術は、すべての人間らしい生活を送ることを可能にしているはずである。民衆は泥の中に押しもどされるのか、されないのか? ぼく個人としては、その根拠はあまり確かではないが、民衆がいずれ戦いに勝利を収めるものと信じている。勝利の日が少しでも早く来ることを、一万年以内というようなことではなくて、まあ、百年以内くらいに来ることを望んでいる”
 ほんとうに希望と力を与えてくれる方です。また読みなおそうと思います。
<< 言葉の花綵90 『キーワードで読む現代日本社会』 >>