言葉の花綵97

 ♪つんつくつくつくつん つんつくつくつくつ ひゃらー♪

 迎春

 ふつつかで粗忽なブログですが、今年もよろしくお願いします。



 趣味と仕事は知的レベルが等しくなる。(スーザン・ジョージ)

 人間の生活には楽しいものや美しいものがなければ長続きしません。(甘粕正彦)

 事業に失敗したときはまず建物を売り、次に土地を売り、最後に三線を売りなさい。三線を弾く心のゆとりがあれば必ず再起できる。(呉屋秀信の父)

 敵は敵、味方は味方と板行で押した様に考えないで、敵のうちで味方を探したり、味方のうちで敵を見露わしたり、片方づかない様に心を自由に活動させなくってはいけない。(『坑夫』 夏目漱石)

 たとい国家が亡びる時が来ても、教育の亡びる時はないのだ。(『人間の壁』 石川達三)

 石もまた叫ぶ。(『人間の壁』 石川達三)

 欺瞞こそ生存競争で最も確実な期待できる手段である。(『サハリン島』 チェーホフ)

 これから先は子が親に孝行する時代ではない。親が子に孝行する時代だ。そうしないと世の中はよくならぬ。(宮本善十郎)

 いったい進歩というのは何であろうか。発展というのは何であろうか。失われるものがすべて不要であり、時代おくれのものであったのだろうか。進歩に対する迷信が退歩しつつあるものをも進歩と誤解し、時にはそれが人間だけでなく生きとし生けるものを絶滅にさえ向わしめつつあるのではないかと思うことがある。(宮本常一)

 明眸皓歯に関することを除いては、俯仰天地に恥じない。(渋沢栄一)

 アカルサハ、ホロビノ姿デアロウカ。人モ家モ、暗イウチハマダ滅亡セヌ。(『右大臣実朝』 太宰治)

 パンが乏しいときには、人はパンのみにて生くるようになる。(ダグラス・マグレガー)

 上を見て煙突の数を数えるだけではだめだ、下を向いて労働者階級の生活状態を見よ。(関一)

 この世で男が熱中できるものは二つしかない。遊びと危機である。(ニーチェ)

 人間は絶望すると死ぬ。すべての力を失う。絶望しないコツは動くことだ。(上原栄子)
by sabasaba13 | 2014-01-01 10:23 | 言葉の花綵 | Comments(0)
<< 『秋葉原事件』 メサイア >>