オーストリア編(49):ハルシュタット(13.8)

 マルクト広場に着くと、ある建物に"A HOUSE FOR THE POOR"という解説があるのに気づきました。己の英語読解力の無さ(以下略)。救貧院のようものなのでしょうか。
c0051620_635169.jpg

 広場ではツァー客を集めてガイドさんがなにやら英語で説明をされていました。会話は得意の山ノ神、さっそく接近して話を聴きながら同時通訳をしてくれました。今年の六月に大雨が降ってハルシュタットは大洪水に襲われたそうで、ツァウナー亭の前に飾ってある写真や、流された石畳を見ると、その被害の大きさを実感できます。しかし観光シーズンに向けて町ぐるみの復旧作業によってここまで立ち直れたとのこと。おかげで私たちもこうして暢気に観光できるようになったのですね、どうもありがとうございました。
c0051620_6353942.jpg

 夕食は今夜もツァウナー亭のレストラン、鱒のグリルとスープ、そして気になっていたザルツブルガー・ノッケール(Salzburger Nockerl)を注文しました。ホイップした卵をアルプスの山々のような形に焼き上げたスイーツですが、その大きさに驚愕。ちょうど小生の頭部の1.1倍、山ノ神の頭部の1.08倍くらいあります。しずしずとわれらがテーブルに運ばれてくる時、レストラン内の空気が一瞬凍りつき、みなさんの視線が釘付けになったのがわかりました。それまで会話をしていたオーストリア人夫婦が取ってくれた写真がこれです。完食できるのか不安となりましたが、ほとんどが空気なので問題なく食べ切れました。肝心のお味は…根岸の里の(以下略)。部屋に戻って、食後のスイーツpart2、さきほどバート・イシュルのカフェ・ツァウナーで買ったチョコレートをいただきましたが、これが美味。もし明日も寄れたらもう少し買っておこうと意気投合。なお今晩は、あの白猫は現れませんでした。
c0051620_636914.jpg


 本日の一枚です。
c0051620_636281.jpg

by sabasaba13 | 2014-11-11 06:37 | 海外 | Comments(0)
<< オーストリア編(50):ザンク... オーストリア編(48):ハルシ... >>