オーストリア編(59):ゴーザウ湖(13.8)

 そして再びロープウェイに乗って下山、周囲約5kmのゴーザウ湖を散策しましょう。遊歩道が整備されているので、道に迷うこともなく安心して歩けました。なおガイドブックによると、湖面が鏡のようにダッハシュタインの山々を映すそうですが、残念ながら風のため波立っています。でも青い空と白い雲と緑の木立、美しい湖、そして正面には氷河を頂く峨々たる山々、ピクチャレスクな風景が出迎えてくれました。
c0051620_6302542.jpg

 犬のウンチ用ゴミ箱や、牛が通れぬように隙間がしつらえてある橋を撮影していると、"Laserer alpin Steig"という看板がありました。写真から判断するに、ちょっとしたロック・クライミングを楽しむための施設のようです。なるほど、垂直に切り立った岩に、ワイヤーや梯子が取りつけてあり、実際によじのぼっている方も何人かおられました。
c0051620_6304980.jpg

 観光用客車をひっぱったトラクターも走っているのですね。奥の方へ来ると、地形の関係からか湖面に波もなく、周囲の木立を鏡のように映しています。
c0051620_6311684.jpg

 一時間弱でほぼ半周、丸太でつくった水飲み場で清冽な水を補給しひと休み。その先には大きな漏斗状の器具が岩走る垂水に向けて設置されており、"Wasserlauschen"と記されていました。なるほど、財津一郎風に言えば「水の音を聴いてちょうだい」ということですか。ようがす、さっそく耳をあててかそけき水音を楽しみました。
c0051620_6314289.jpg

 そしてたくさんの方々が水遊びや日光浴を楽しむ場所に到着し、これで一周。だいたい一時間半ほどかかりました。バス停には行列ができていましたが、やってきたバスに乗り込むと全員座れたので一安心。
c0051620_6322210.jpg

 そしてHallstatt-Gosau-muhleで乗り換えてハルシュタットへと帰還。ホテルへ帰る途中でアイスクリームを買い、湖を眺めながらいただきました。さあこれでハルシュタットとはお別れ、明日はザルツブルクへの移動日です。きれいな湖と山々よさようなら、瀟洒な街並みよさようなら、よさようなら。
c0051620_632481.jpg

 部屋に戻ってベランダからクリッペンシュタインをよーく眺めると、さきほど訪れたファイブ・フィンガーズやロープウェイを見ることができました。
c0051620_6331490.jpg

 ホテルのレストランで肉と野菜の串焼きを食し、食後に町を散策。時刻は午後八時、そろそろ山に夕映えが輝きはじめました。クリッペンシュタインも薔薇色に染まっています。狭い路地をぶらぶら歩いていると、二匹の猫と出会えました。それにしてもこの町は猫が多いですね、江の島と双璧かもしれない。小首をかしげる三角形の後姿があまりに愛らしいので、写真におさめました。
c0051620_6333994.jpg

 マルクト広場で地ビールを購入し、部屋にもどってベランダでぐびりと飲んでいると、おお、屋根づたいにあの白猫が悠然とやってくるではありませんか。そして手すりへと飛び移り、にゃあと一声。ういやつじゃ、お別れを言いにきてくれたのか。これで心おきなくハルシュタットを去ることができます。Auf Wiedersehen,Hallstatt.
c0051620_634740.jpg


 本日の五枚です。
c0051620_6343249.jpg

c0051620_6345490.jpg

c0051620_6351651.jpg

c0051620_6353721.jpg

c0051620_635587.jpg

by sabasaba13 | 2014-11-25 06:37 | 海外 | Comments(0)
<< オーストリア編(60):画家の... オーストリア編(58):ツヴィ... >>